第72回日本インカレ・第3日Photo集
2003年7月6日
横浜国際競技場

ハーフマラソンスタート直後 トラックを5周して横浜国際競技場を周回するロードへ
周回1周目 中井(東海)・高見沢(山学)・中東(中学)・佐藤(筑波)・安井(広経)ら 周回2周目 中井・関根・原田(中大)・大橋(東洋)・滝澤(亜)ら
周回3周目 中井・関根・岡田(法)・大橋(東洋)・中東・北川(関学)・滝澤(亜)ら 周回4周目 高見沢・中井・山田(日体)・阿野(立命)・塩川(駒)・杉山(早)ら
周回5周目 高見沢・中井・山田・原田・中村(法)・大橋・塩川・中東・湯浅(東海)・山口(國學)・北川・杉山(早)ら 周回6周目 15km通過
中井が前に出てスパート態勢、山田・塩川・杉山・湯浅・原田らが追う
周回7周目 中井、2位以下に大差をつけ独走態勢に 周回7周目 8秒差で中井を追う塩川・原田・山田・後に大橋
周回7周目 14秒差で中井を追う高見沢 周回7周目 中井から22秒差の中東・浅羽・杉山
周回7周目 中井から26秒差の北岡(東洋)・片岡(北教大)・関根・中村・蔭山(中学) 周回7周目 中井から30秒差の湯浅・阿野・山岡(國學)・下重(日)
周回7周目 中井から36秒差の渡辺(東洋)・安井・山口(國學)・滝澤・宮本(東農) 1位でゴールする中井 1:04:04
2位高見沢 10:04:16 3位山田 1:04:26
4位塩川 1:04:32 5位原田 1:04:37
6位大橋 1:04:42 7位杉山 1:04:49
8位浅羽 1:04:54 9位山岡 10位北岡
11位片岡 12位中村・13位蔭山・14位下重
15位湯浅  16位関根
17位宮本 18位阿野
19位山口・20位中東 不調で大差の最下位だが、完走した上村(拓大)
ハーフマラソンの表彰、1位中井(東海)・2位高見沢(山学)・3位山田(日体) 男子10000m競歩の前半
男子10000m競歩 大会新を出した杉本(京大)と谷井(日大) 女子400mH予選1組 久保倉(福島大)と石井(大教大)
女子400mH予選2組 湯野(筑波)・杉本(立命)・及川(中大)  女子400mH予選3組 安楽(東学大)・石野(順)
男子400mH予選1組 河北(筑波)・大橋(法)・秋本(国武) 男子400mH予選2組  対馬(東海)・堀田(法)
男子400mH予選3組 吉形(福岡)・山道(筑波) 男子400mH予選1組 井原(中大)・高村(金沢星陵)
女子200m準決勝 林(中大)・植竹(筑波)・高橋(福島)・成瀬(日女) 女子200m準決勝 木田(福島)・三牧(中京)・新谷(立命)・西沢(中大)
男子200m準決勝 高平(順)・野田(早)・平野(熊本)ら 男子200m準決勝 南(順)・新井(筑波)・吉野(東海)・中川(早)
女子800m決勝 1周目から飛出す西村(東学大)、追う桑代(筑波)・坂水(福島) 女子800m 日本選手権での日本新2:02:10には及ばなかったが、2:04:62の大会新で優勝した西村
男子800m決勝 1周目で2グループに割れて4人の争いかと思わせたが・・・ 1位松原(立命)・2位は後の集団から猛然と追い上げた佐藤(福島大)
女子5000m競歩 独走の三村(立命) 女子5000m競歩 1年生ながら日本学生新(21:34:30と15秒余り短縮)で優勝した三村
女子400mH決勝 湯野(筑波)が久保倉(福島大)を振切って優勝 男子400mH決勝 河北(筑波)が吉形(福岡大)を振切って優勝、男女揃って筑波が制した
女子200m決勝 林(中大)が100mに続き2冠、2位木田・3位高橋(福島) 女子200m 優勝インタビューを受ける林
男子200m決勝 新井(筑波)が吉野(東海)の猛追をかわして優勝 男子200m 優勝インタビューを受ける新井
女子5000m前半 藤永(筑波)・池田(立命)・田中(名城)らの先頭集団 女子5000m後半、田中(1位)と池田(2位)の先頭争い、飯島(仏教大)・平田(日体)・藤永は遅れる
男子5000m スタートして半周 村刺(京産)が先頭 男子5000m 1周半 村刺が飛出す
男子5000m 3周半 村刺・カリム・藤井・橋ノ口・内田・保科・黒田・熊本 男子5000m 4周半 村刺・カリム・藤井・保科・越川・橋ノ口・内田・村上・高井・空山・黒田・後に吉村
男子5000m 5周半 村刺・カリム・藤井・橋ノ口・保科・村上・内田・渡辺・五十嵐・永富・池永・高井・吉村ら 男子5000m 6周半 カリム・橋ノ口・村上・内田・村刺・空山・藤井・永富・保科・吉村・越川・池永・五十嵐・白浜・高井
男子5000m 7周半(残り5周) カリム・橋ノ口・空山・永富・村上・吉村・内田・越川・藤井・保科・池永・白浜・五十嵐・高井・田子 男子5000m 8周半(残り4周) 橋ノ口・空山・カリム・田子・永富・内田・越川・村上・白浜・藤井・吉村・五十嵐・保科・高井・高田
男子5000m 9周半(残り3周) 田子・橋ノ口・空山・村上・越川・カリム・内田・白浜・藤井・保科・吉村・高井 男子5000m ラスト1周 村上・橋ノ口・カリム・白浜の4人の激しい先頭争い
(この前後にSaijoのデジタルビデオに突如エラー表示が出て、各選手のゴールシーンを撮影出来ず)
1位橋ノ口(山学)13:56・08(10000mと2冠)、2位白浜(徳山大)13:56.21、3位村上(順)13:57・38、4位カリム(第一工大)13:58・73、5位空山(早)14:00.61、6位越川(東海)14:02.17、7位吉村(神大)14:03.51、8位内田(駒)14:06.41、9位高井(駒)14:09.22、10位保科(日体)14:11.37
女子400m×4リレー 1走から2走へ 女子400m×4リレー 大差で優勝した福島大
男子400m×4リレー 1走の選手達 男子400m×4リレー 2走から3走へ 東海大が僅かにリード
男子400m×4リレー 3走で法大が東海を抜きトップへ 男子400m×4リレー 東海大4走山口が再逆転して優勝
3:05.16の大会新
男子5000mの表彰、1位橋ノ口(山学)・2位白浜(徳山)・3位村上(順) 女子マイルリレーで優勝した福島大チーム
男子マイルリレー表彰 1位東海・2位法大・3位日体大 男子マイルリレー、優勝した東海大チーム
閉会式の旗手・選手入場 閉会式
男子総合優勝、天皇杯を受ける筑波大
ちなみに、1位筑波107.5点2位、東海106点と僅差だった
3位順大72点・4位日体56点・5位国士46点・7位早大38点・8位日大36.5点
(日大の不振はちょっと意外で寂しい)
女子総合優勝の筑波大