広島県高等学校体育連盟

 スマイル・キャラバン実行委員会2008

 

HOME

広島県高等学校体育連盟

   特集 選手を支える名マネージャー

            感動との出会い

 

平成20年度全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

 

 

スマイル・キャラバン活動記録

―  高校生レポーター養成講座  ―

平成20年度全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

平成20年度 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

           自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング  

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

     5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

 

  第61回広島県高等学校総合体育大会、全国高等学校総合体育大会(08埼玉総体)では、

慣れない高校生の取材にも関わらず、快く応じていただいた選手、監督、保護者のみなさまをはじめ、

協力していただいた多くの方々に感謝いたします。

様々なスポーツの感動を発信できたのではないかと思っております。

 

 ありがとうございました。

 

 しかしながら、取材日程や人員の都合で、取材できなかった競技があったことが残念でなりません。

お詫び申し上げるとともに、今後の課題にしたいと考えております。

 

 

   お世話になった方々をご紹介いたします  

さまざまな方面でご活躍される方々が,今回の企画に賛同してくださり,高校生レポーターキャラバンの成功に至りました。

全国でも例のない「広島からの新たなスポーツの情報発信」へつながる第一歩を,みなさまのおかげで踏み出すことができました。

 

ありがとうございました。

 

高校生レポーター養成講座の内容も紹介しております。

スマイルキャラバン活動記録 −高校生レポーター養成講座− をご覧ください。

 

 

 

(財)広島県スポーツ振興財団

 

     事務所所在地 〒730-0011 広島県広島市中区基町4-1

                         広島県立総合体育館内

                        事務局長  竹中 義彦

                                        TEL:082-222-0221

 

 

 

池本さんプロフィールは

こちら

 

(株)ディアフォロン 

代表取締役会長

池本 よ志子 さん

 

 (株)ディアフォロン            

  〒730-0022 

 広島県広島市中区銀山町8-4 WILL101

       電話:082−545−0821

       FAX082−242−8128

 

  (財)スポーツ振興財団は,広く広島県民のスポーツについての理解と関心を深め,積極的にスポーツに取り組む意欲を高揚させるとともに,地域のスポーツの振興と競技力の向上を目指していくために,各種事業の助成を行っておられます。

 そうしたなか,広島県高体連の生徒会版ともいえる「広島県高校生レポーターキャラバン実行委員会」の企画に対して助成をお願いしたところ,快く協賛していただき,感謝に堪えません。

 広島県の高校生によりスポーツの感動を同じ高校生の感性で伝え,伝えることによって自らの感性を磨こうとする“感動派高校生16名”によって,広島県のスポーツ・コミュニティーの創造への第一歩が踏み出されたのです。

 今回は,第61回広島県総合体育大会と平成20年度全国高等学校総合体育大会(埼玉総体)の2大会のうち限られた競技種目しか取材できませんでした。来年度,引き続き,当財団からの協賛をお願いしています。来年度はさらに綿密な計画と研修を行い,当財団の精神に沿うよう,多くの感動を皆さんにお伝えし,日本中にスポーツ精神をひろめたいと思っています。ますますのご協力・ご支援よろしくお願いします。

 

 

【「高校生レポーター育成プロジェクト」プロデューサー】

 

 (株)ディアフォロンの代表取締役会長であり企業活力支援士として地域・企業・学校など色々な場所で実践的コミュニケーションによる人財開発を目指し活動されています。

 

元TSSのキャスターとして活躍され、その頃の経験を生かしコミュニケーション能力を高めるノウハウを研究開発。“コミュニケーション能力を高めるプロセスで,人間の潜在能力を引き出す事ができる”と確信。地域活動の支援や企業のコンサル、また修道大学や広島大学での講義・広大附属東雲中学の総合学習のスーパーバイザーなど色々な場所で“よりよい人生にするための潜在能力の開発”に取り組んでおられます。2008年度は広島県教育委員会パイオニアスピリット実践事業講師や呉市教育委員会「親子コミュニケーション能力開発プロジェクト」ファシリテータ,2006年から続いている宮島てらこや議長など多方面でご活躍中です。

 

このたび、縁あってキャラバンの研修のプロデュースをお願いし、埼玉インターハイの取材活動に向けての研修企画・講習会の企画並びに講習、準備計画に向けてのサポートなど生徒の指導講習すべての面においてご協力をいただいた。キャラバン隊の屋台骨を作り、支えてくださった功労者です。

 

 

中国新聞社元論説委員

安藤 欣賢 さん

 

 

 

 

 

冒険写真家

相原 恒樹 さん

 

「櫓山館」 〒738-0036           

            広島県廿日市市四季が 7-9-13

      電話:0829370339

      FAX0829370329

            -mailrozancan@ruby.ocn.ne.jp

 

 安藤さんは、1965年中国新聞社に入社され、被爆作家の評伝や「原爆マンガ小史」の連載、中国山地の過疎を取材した「新中国山地」や「広島城四百年」の刊行など、様々なジャンルに関わって執筆されています。その後も論説委員として、社説やコラムを執筆されました。2001年に退職され、現在は中国新聞特別論説委員としてご活躍されています。

 

講義前は、取材を1、2度しかしていない新米記者の私たちが、経験豊富で、プロの方にも話をされる安藤さんから、何かを感じ・学ぶことができるのだろうかという不安がありました。しかしその不安は、時間の経過とともに消えていったのです。「感動を伝える」スペシャリストは、印象的なキーワードを使って、取材の心得や記事の書き方などを、わかりやすく教えてくださり,私たちが書いた記事の添削もしていただきました。安藤さんの講義は、取材活動にすぐ実践できる内容でした。

 それからは、新聞記事の中にある記者の思いが今まで以上に見えてきました。そして、取材活動でも、多くの人に、感動をより伝えるような記事を書きたいと考え、工夫するようになりました。

 

安藤さん、ありがとうございました。

 

 『ひかない!めげない!あきらめない!』これは、相原恒樹さん経営の写真館「櫓山館」のキャッチコピーです。埼玉総体レポート出発日前日の726日に高校生記者「スマイル・キャラバン隊」の写真研修に来ていただきました。相原さんに接し、そのキャッチコピーが納得できました。学校のアルバムの写真撮影に熱中し過ぎて、熱中症で入院し、退院したばかりだというのに、穏やかな海のようなやさしさと嵐のような強さを合わせ持つ相原さんの心こそ、このキャッチコピーの原点でした。そして、写真館が「Smile Rozancan!」と呼ばれていることも、常に笑顔で語られた相原さんの「夢を共に語り、一緒にスマイルでかなえていきましょう」という輝けるオーラとともに、私たちの心に響きました。

 「地球を撮りたくて・・・」自然の恩恵を受け止め、動物様の世界に足を踏み入れ、人間らしくを追求し、とうとう地球のてっぺんの北極点に立った世界的冒険写真家の姿に、デジタルカメラを手にしたみんなの心は童心に返ったようでした。戸外での望遠を使った撮影の仕方。屋内では、バレーボールのパスを行う高体連理事長をモデルとして、スポーツモードや夜間モードで撮影。仲間とともに、自らの感性を磨き、2時間の研修を楽しませていただきました。

 埼玉総体では、私たちスマイル・キャラバン隊はどんなに寝不足であろうと、疲れていようと、「Smile Rozancan!」に負けないよう、スマイルで写真を撮り、スマイルで取材しました。選手から元気を、感動をもらいました。相原さんに教わったものは、写真を写す技術だけでなく、その感動を共有し、伝えることの大切さだったのです。人間を撮るとは、こんなにも涙が流れ、鳥肌が立つものなのでしょうか?相原ワールドに、間違いなく一歩近づきました。ありがとうございました。

 

NPOフレンズ

 

代表理事 松則子さん

専務理事 藤原 真也さん

 

広島県高等学校体育連盟

 

会長 菅 信博  

副会長 津田 義則  副会長 羽場 克志

副会長 下田 洋夫  副会長 冨中 宗義

理事長 宮本 賢一  

事務局長   尾崎 隆枝    事務局次長   織田 文 

事務局員 川手 一則  事務局員 大信 寿洋

事務局員 山中 隆史  事務局員 勝間 健史

 事務局職員  塚本ミドリ  事務局職員  福島美奈

 

広島県教育委員会スポーツ振興課

 

課長  竹内 真澄  指導主事 黒田 康弘 

 

 フレンズさんは,高度情報化社会に向けて、効果的情報サービスを提供し、さらに街づくりと地域の活性化に貢献することを主たる事業目的に掲げながら、情報通信技術を駆使して、NPO法で定める17項目の活動を強力に推進するNPO法人を目指して活動されています。

 本企画においては情報発信に関するホームページ作成の際、数々のアドバイス等をいただき,充実したホームページを作ることができました。また,スマイルキャラバン高校総体記念DVDの作成などにご協力いただきました。