広島県高等学校体育連盟

 スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME

広島県高等学校体育連盟

〜 ありがとう 〜

お世話になった方々の紹介

第61回広島県高等学校

総合体育大会競技日程

第61回全国高等学校

総合体育大会公式HP

特集 選手を支える名マネージャー

特集 感動との出会い

  第61回全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

スマイル・キャラバン活動記録

− 高校生レポーター養成講座 −

第61回全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

第61回 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

           自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング  

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

 

    5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

buz015.gifリンク

免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

ハンドボール競技 レポート

 

取材日時: 7月29日(火)

取材場所: 埼玉県立朝露高校体育館・八潮市立鶴ケ曽根体育館

取材種目: ハンドボール男女

 「弱点克服、走りまくって勝つ」

(総合開会式の前にインタビュー)

 

  「男女揃ってのインターハイ出場は、2年ぶりだから嬉しい。」そう笑顔で語ってくれたのは、広島県ハンドボール女子代表・向原高校主将、沖田彩さんだ。「向原高校女子ハンドボール部は、他の学校に比べて身長が小さい。そのハンデをカバー出来るように、走る事に重点をおいて練習に取り組んだ。例えば、練習中の休憩の前には必ず“インターバル”という、コートを全力で走るメニューを1日に何回も行っていた。」

 目標は、全力を出しきり1回戦突破。チームの弱点をカバーし強くなった向原高校女子ハンドボールチーム。みんなで団結して、勝ち進んで欲しいと思った。

基町 2年 清水

 基礎練習を続け、インターハイ出場」

(総合開会式の前にインタビュー)

 

 広島県ハンドボール男子代表・向原高校主将、山根 秀慶くんは「インターハイに出られて、素直に嬉しい。広島県代表としての自覚を持って、チームみんなで頑張りたい。」と、話してくれた。

 「男子ハンドボール部は、この春1年生が入るまで3人で活動していた。少ない人数では、出来る練習が限られる。一年生が入るまでは、基礎練習をしっかりやり、走りこみにも重点を置いていた。一年生は経験者ばかりで、その後の練習では、試合後にチームで話し合い課題を見つけてそれを克服していった。」

 少ない人数でも基礎練習などを根気よく続けてインターハイ出場を決めた向原高校男子ハンドボール部。苦労を乗り越えたからこそ出せる力を出し切って、優勝目指して頑張って欲しい。

 基町 2年 清水

 家族の支えがあってこそ…」

 

ハンドボール男子主将の山根秀慶くんのお母さん、山根ゆかりさんにインタビューした。山根さんは、「家では、男の子なのもあってか、クラブの事を話してくれなかったが、キャプテンだったこともあり子どもなりにいろいろ考えていたと思う。体調面では、バランスの良い食事を心がけた。」と、話してくれた。

私は、家族の応援が選手を強くすると思う。遠い広島の向原から、埼玉の地に応援に来る事は簡単ではない。選手の方は、とても幸せだと思った。

 基町 2年 清水

 「向原の町に活気を!」若き力に託す思い

 

 向原高校同窓会の岡本紘輔会長は、向原高校ハンドボール部がインターハイにアベックで出場するという知らせを聞いたとき素直に「やったね!」と思ったそうだ。

「まずは一回戦を突破し、それを自信にしてもらいたい。」と語った岡本会長。

「体格や部員数に恵まれているわけではないけれど、これだけ頑張れるんだ、ということを示してもらいたい。そうやって頑張る彼らの姿が、きっと向原の町を活気づけてくれるだろう。」と目を輝かせた。

広島皆実 1年 神田 真美

「人をも支える力」

 

 「これからの課題は、体力・逆境に立ち向かう力をつける事。」

そう語ってくださったのは、向原高校男子ハンドボール部、藤岡 喜久恵監督だ。逆境に立ち向かう力というのは、自分たちのチームがきつい時に気持ちを見失わず、メンバーをも支える事ができる力のことだ。人をも支える力を身につけた時、向原高校男子ハンドボール部は体力的にも、もちろん 精神的にも強くなるだろう。次の試合での、さらなる成長を期待したい。

基町 2年 清水

【7月29日() ハンドボール 試合結果】 

  ―男子― 

前半19−14でリードするものの、後半で大差をつけられてしまい、結果は29−37で負け。この悔しさを次にいかして欲しい。

  

  ―女子― 

 強豪相手に苦戦をしいられ、前半を5−15で折り返す。その後も奮闘するものの10−28で敗れた。劣勢に立たされながらも、選手同士が大きな声を出し合い相手に喰らいつく姿が見られ、私たちにも一生懸命さが伝わってきた。次の大会では、是非勝ち進んで欲しい。