広島県高等学校体育連盟

 スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME

広島県高等学校体育連盟

〜 ありがとう 〜

お世話になった方々の紹介

第61回広島県高等学校

総合体育大会競技日程

第61回全国高等学校

総合体育大会公式HP

特集 選手を支える名マネージャー

特集 感動との出会い

  第61回全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

スマイル・キャラバン活動記録

− 高校生レポーター養成講座 −

第61回全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

第61回 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

           自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング  

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

 

    5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

buz015.gifリンク

免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

陸上競技 レポート

 

取材日時: 7月29日(火)

取材場所: 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

取材種目: 陸上競技

7月16日(水)インターハイ事前インタビュー

          

 陸上部のキャプテン厚見成君と沖田葉月さんにインターハイへの意気込みを伺った。 

「リレーでは、皆でベストを尽くして去年の悔しさをバネに優勝目指してバトンをつなげていこうと思っている。お互いを高めあっていくつもりだ。」 

 練習ではキャプテンとして皆をまとめてチームワークを大切にしていくことに気をつけているそうだ。 

「普段からレースを意識して、頑張って。」「きつい練習のときは限界までしっかりいこう。」 

  と声をかけていて、試合でも同じ様な声がけをしてきたそうだ。

 インターハイでは“優勝目指して頑張りたい”と熱く意気込みを語ってくれた。

 

 「試合は始まったばかり」

 

広島皆実の浦野君の陸上男子400m決勝は4712という記録で2位。

その試合の直後に、陸上部監督の尾崎一徳先生と、山崎隆司先生にお話を伺った。

 「本人が勝ちたいと言っており、優勝が目標だったので、悔しい。レースは練習通りにできたが、相手がそれよりも強かったということだ。」

  その相手は中学の時から1位、2位を争っているライバルだそうだ。

 「試合は始まったばかりだから、狙える種目で今日の分をスッキリさせたい。」

 私たちが取材したときすぐに、尾崎監督が、‘この試合は練習通りにできたのではないか’と答えてくださったのは、先生が普段からよく選手のことを見ていて、それと同時にしっかり選手を支え、理解している証拠だと思った。

  広島皆実 1年 小浪 綾子

 

 さわやかな笑顔」

 

 男子砲丸投げで見事決勝進出を果たした、安芸高校3年西田 直樹さんに試合後お話を伺った。

  「緊張はしなかったが、結果が出なくて悔しい。決勝前に三木仁監督に『一発投げてこい!!!』と喝を入れてもらった。予選と同様にいいベストが出たが、全国のレベルは高かった。」

最後に満面の笑みで私に2つのキャップ帽を見せてくれた。クラブの仲間、 クラスの友達がそれぞれメッセージを書いてくれたそうだ。

「せっかく応援してくれたのに本当に悔しい。次の試合では良い結果を残したい。」

と語ってくれた。

 

西田さんは、この大会の後にも国体やジュニアの大会が控えている。今日の大会の悔しさをばねにライバルを押しのけていい結果を残してほしい。 

祇園北 2年 瀬良 ちひろ

 

 

「ナイススマイル西田選手への期待!!」 

 

中学校入学時にはすでに177cmはあったという西田さん。中学時、野球から陸上への転向も、お父さんお母さんの勧めと、現コカコーラウエスト広島スタジアムで行われていたサタデー陸上での安芸高校陸上部三木監督との出会いがあっての事である。予選で1571cmの自己ベスト記録も更新し、これからの成長が大きく期待される選手である。                

高体連関係者談 

「最高のプレッシャー」

 

 安芸高校の三木仁司監督にお話を伺った。「西田選手は、予選でも自己ベストを更新しており、決勝でも自己ベストに近い記録を出している。しかし、全国はそれ以上にすごかったということ。」と話しておられた。試合の前にもいい意味でのプレッシャーを与え、気持ちを高めさせるようにしているそうだ。西田さんがライバル視しているという高知の宮内さんは技術の面では西田さんと差はないという。これからの練習で宮内さんを越してほしいと思う。先生の指導のもと、次の試合でもいい結果が出せるようにがんばってほしいと思う。

                           祇園北 2年 瀬良 ちひろ