広島県高等学校体育連盟

 スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME


広島県高等学校体育連盟

〜 ありがとう 〜

お世話になった方々の紹介

第61回広島県高等学校

総合体育大会競技日程

第61回全国高等学校

総合体育大会公式HP

特集 選手を支える名マネージャー

特集 感動との出会い

  第61回全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

スマイル・キャラバン活動記録

− 高校生レポーター養成講座 −

第61回全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

第61回 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

         自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング    

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

 

    5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

buz015.gif リンク

あなたは

Counter

番目の来訪者です。

 免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

陸上競技 レポート

 

取材日時: 7月30日(水)

取材場所: 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

取材種目: 陸上競技

レポーター: 祇園北2年 瀬良 ちひろ

 

「次はベストを尽くす!」

 

 男子400メートルハードルで見事準決勝に進んだ広島県立安古市高校3年宗田 英之さんに試合後お話を伺った。

 日頃の学校の練習では、主に技(ハードリング・追い込み)の練習をしていたそうだ。試合前は不安だったという。試合を振り返ると、「まだまだ・・・。」と冷静に話してくれた。最後に、次の試合に向けての意気込みを聞くと、「ベストをつくしたい。」と話してくれた。これから厳しい試合になると思うが、この気持ちを忘れずに自分の力を精一杯出してほしいと思う。  

 

 「初めての全国という舞台で」

 

 女子400メートルハードルに出場した、広島県立祇園北高校3年小田 茜さんに試合後お話を伺った。

彼女は高校生から陸上を始めたそうだ。そのきっかけを作ったのが彼女の姉だった。「姉から一番雰囲気がいいクラブは何かを聞くと、陸上部だと言っていたので陸上部に入部した。」と話してくれた。今日の試合について聞くと、全国という舞台はやはり緊張したということだ。「今までの試合はあまり緊張せずに走れていたが、今日は緊張したまま走った。走る前は、すごく怖かった。」と話してくれた。しかし、最後には「今日は緊張したが、日頃の練習の成果が出せたので、悔いはない。」とも話してくれた。彼女はこの試合で引退だ。このいい経験を生かして、受験勉強も頑張ってほしい。

 

 「自信を持って走ってこい!!」

 

 女子400メートルハードルで見事準決勝に進んだ広島市立沼田高校3年藤本 彩夏さんに試合後、お話を伺った。

 大会前の練習は走りこみばかりしていたという。今日の試合では、「中国大会よりは緊張しなかったが、しんどかった。先生からは、『自信をもって走ってこい!!』といわれたので自信を持って走ることはできたと思う。」と話してくれた。最後に次の試合の意気込みを聞くと、「全力で走ってきます!!!」と答えてくれた。

 この調子で次の試合でも、いい結果を残してほしいと思う。

 

「次は思いっきり走りたい!!」

 

 男子400メートルハードルで見事準決勝に進んだ広島市立沼田高校3年小林 祐貴さんに試合後、お話を伺った。

 日頃の練習では、距離を走る練習をしていた。先生からは「フォームを意識しろ。」とアドバイスをもらい、それを意識して試合に臨んだそうだ。試合を振り返ると「後半のハードリングが悪かった。」と言っていた。最後に次の試合に向けての意気込みを聞くと「思いっきり走りたい!!!」と話してくれた。

 広島出身のオリンピック選手為末大さんのように勝負強い走りで、いい結果を残してほしいと思う。