広島県高等学校体育連盟

 スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME


広島県高等学校体育連盟

〜 ありがとう 〜

お世話になった方々の紹介

第61回広島県高等学校

総合体育大会競技日程

第61回全国高等学校

総合体育大会公式HP

特集 選手を支える名マネージャー

特集 感動との出会い

  第61回全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

スマイル・キャラバン活動記録

− 高校生レポーター養成講座 −

第61回全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

第61回 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

         自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング    

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

 

    5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

buz015.gif リンク

あなたは

Counter

番目の来訪者です。

 免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

サッカー競技 レポート

 

取材日時: 7月30日(水)

取材場所: 埼玉スタジアム2002

取材種目: サッカー

レポーター: 広島皆実 1年 神田 真美

「悔しさをバネに」

 

 

 埼玉スタジアム第4グラウンドで行われた広島皆実対大分鶴崎のサッカー2回戦。

 大分鶴崎のキックオフで始まったこの試合は、最後まで両者譲らない戦いとなった。先にリードしたのは広島皆実だ。前半15分、広島皆実の7番・浜田 晃選手が先制点をあげた。それに続き、8番・佐々木 進選手が前半25分に1点をあげた。その直後、コーナーキックのこぼれ玉を相手に決められ2−1で広島皆実は1点リードのまま前半を折り返した。

 後半に入ってから、さらに1点を入れられた。同点にされた後は、大分鶴崎にゴールを脅かされる危険なシーンもあったが、しっかりと立て直し、相手ゴールに攻め込む形となった。ところが、試合終了直前、広島皆実はゴール前でファウルを取られ、相手にPKを与えてしまった。これを決められ、試合は終了。3−2で大分鶴崎が勝利した。広島皆実の選手たちの目からは悔しさの涙がこぼれた。

 2回戦突破はならなかったが、今回のインターハイでそれぞれが学んだことを、これからの大会に向けての練習に生かし、広島皆実高校サッカー部に更なる飛躍があることを心から願う。

「みんなのバックアップがあってこそ」感謝の気持ちを大きな力に!

 

 広島皆実の11番、玉田 耕平選手の父、典彦さんは、昨日の広島皆実の一回戦突破について「とても嬉しい」と話してくれた。「全国の強豪チームが揃うインターハイで一試合勝つということは大変なこと。しかも昨日は予想以上に難しい試合だった。その中で点を取って勝てたのは本当に素晴らしいことだ。チーム一丸となって目的を見出だしながらサッカーに取り組む選手たちの実力の現れだろう。」と昨日の試合を振り返った。

 「国体や全日本ユース、選手権などいろいろな大会があるけれど、その一つ一つを全力で戦ってもらいたい、そして何より自分を支えてくれるみんなに感謝しながら、その気持ちをプレーに生かしてもらいたい。」父の想いはコートに向かう息子にむけられたのであった。

 

 

1回戦で先制点!皆実の10番、母の思い

 

 「今日の試合では大爆発してほしい!」二回戦に向かう息子に、こうエールを送ったのは、広島皆実の10番谷本 泰基選手の母、明美さんだ。

 明美さんは一回戦での谷本選手の先制点について「嬉しかった」と顔をほころばせた。

 普段は家族と離れて生活している谷本選手。電話やメールでしかなかなか話ができない息子に、明美さんはできる限り元気で前向きな言葉を送るそうだ。

 「心配事もあるけれど、息子にはただ広島皆実サッカー部で、3年間怪我をせずに頑張ってもらいたい。」そう話す明美さんの顔は、心身ともに厳しい世界で活躍する息子を思う、強い母の顔だった。

 

「みんなのおかげ」その気持ちを忘れずに…

 広島皆実のDFの要であり、メンバーをまとめる頼れるキャプテンでもある、松岡 祐介選手。それを支える母、玲子さんは、「みんなが支えてくれるおかげで頑張れるんだということを絶対に忘れてはいけない。」と、常日頃から言い続けているそうだ。

 玲子さんは、毎日、朝早くから夜遅くまで頑張る息子の健康を、最も気遣うという。「『食べること』はプレーにも影響する重要なこと。栄養バランスには特に気を遣う。」と話してくれた。

 自分たちで話し合いながら課題を克服していく、というスタンスの広島皆実。それをまとめるキャプテンのプレッシャーは相当なものだ。けれども、そういう苦労を松岡選手は、家庭では口に出さないという。「私にはサッカーの専門的なことはわからない。だけど、子供が頑張る姿を見守るのが、私たち保護者の役目だと思っている。」玲子さんはこう語った。

 「今日の試合ではキャプテンとしてしっかり声を出し、最後まであきらめずに戦ってほしい。」母の思いはコートの息子にきっと届いていたはずだ。

「応団幕に込められた思い、妹から兄への感動エール」

 

 

 「広島皆実 優勝めざせ ファイト」手づくりの応団幕を掲げ、兄の勇姿を見守っていたのは、広島皆実のキャプテン、松岡 祐介選手の妹、紗衣さんだ。兄の試合の応援のために、広島から駆け付けたのだという。

 朝、従姉妹たちと一緒に障子紙を使って作った応団幕は、実に素晴らしい仕上がりで、兄の勝利を願う気持ちがとても伝わってきた。「普段は優しいお兄ちゃん。」大好きな兄に送る、妹からの最高のエールだった。

「2回戦で追加点!!喜ぶ母と姉♪」

 

 

 8番・佐々木 進選手が前半25分に1点をあげ、「とてもうれしいです。」と喜んだ。