広島県高等学校体育連盟

 スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME

広島県高等学校体育連盟

特集 選手を支える名マネージャー

感動との出会い

 

平成20年度全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

 

 

スマイル・キャラバン活動記録

―  高校生レポーター養成講座  ―

平成20年度全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

平成20年度 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

           自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング  

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

     5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

ソフトテニス競技 レポート

 

取材日時: 7月30日(水)

取材場所: 川口市青木町公園 総合運動場庭球場

取材種目: ソフトテニス

レポーター: 広島皆実 1年 小浪 綾子

   「惜しくも準優勝!!」

    

 

 ソフトテニス女子、広島の広島翔洋高校 3年 石原 雅子さんと山本 彩加さんに取材した。

 

(準々決勝) VS大阪の淀之水高校(宮下、伯井ペア)

 出だしの1ゲーム目は、大阪の粘りに苦戦。しかし、2ゲーム目からは、波に乗り、着々とポイントを稼いでいった。4ゲーム目、コートを右へ左へと駆け回り、ボールを拾いポイントを獲得する。何が何でもボールを返し、勝利を手にしたいという気持ちが伝わってきた。4−0という結果で圧勝!!

 

(準決勝) VS香川の尽誠学園高校(塩島、多賀ペア)

 準々決勝の試合より最初から翔洋のペース。どこまでもボールを追いかけ、サーブやボレーが決まると笑顔でガッツポーズを取り、手を合わせる2人の喜びは、同じ広島県の高校生である私自身の喜びであった。

 

(決勝) VS福岡の中村学園女子高校(岡村、嘉数ペア)

 中村学園の選手は、翔洋高校のカットサーブやボレーなどを随分、研究していたようだ得意のカットサーブが何本も打ち返されていた。手に汗握るラリーの続く内容の濃いゲームであった。ゲームカウント2−4で優勝は逃してしまった翔洋高校ではあったが、1日に何試合もすることができる体力や技術、精神力を持てるように今まで努力してきたのだなと思うと、もっと応援したいと思えた。

 

(試合終了後の表彰式が終わっての石原、山本ペアへのインタビュー)

 

 「試合で、全力をだしたが悔いは残る。だから、団体戦にその悔いをぶつける。県大会のときに優勝出来なかったのは、全国の優勝候補だと言われていてプレッシャーがあり、2人の形がつくれなかったから。そこから、実力が無いので初心に戻って切り替えようとしてきた。決勝までは、笑顔で思い切ってやろうと思っていたが、決勝進出が決まってから、去年優勝したので2連覇したいと思い過ぎて、プレイに焦りが出てしまった。」と二人は話してくれた。

 

 同じく、表彰式終了直後に、準々決勝まで進出し、第5位に入賞した広島翔洋高校の3年の深澤 照恵さんと1年の大槻 麗さんに試合後の感想を聞いた。

「試合の結果には満足していないが、気持ちを明日の団体戦に向けて切り替えていきたい。」と語ってくれた。

 

 今日、私は朝から多くの試合をとても夢中になって見ていた。それは、全国レベルのプレイが見られたからというだけではないと思う。自分のプレイに慢心せず、常に自分に課題を課し、一所懸命に試合に臨んでいる姿に見入ったのだと思う。31日に行われる団体戦では今日の悔しさをバネにして優勝してほしい。