広島県高等学校体育連盟

 スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME

広島県高等学校体育連盟

特集 選手を支える名マネージャー

感動との出会い

 

平成20年度全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

 

 

スマイル・キャラバン活動記録

―  高校生レポーター養成講座  ―

平成20年度全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

平成20年度 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

           自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング  

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

     5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

ボクシング競技 レポート

 

取材日時: 7月31日(木)

取材場所: 

取材種目: ボクシング

レポーター: 山陽 3年 石田 真也 ・ 基町 2年 清水 藍

 「ボクシングインターハイ事前インタビュー」

 

今回は山陽高校から埼玉で行われるインターハイへ出場する選手2人にインタビューした。

 

田中 智也 君

「ボクシング部に入りたいと思ったきっかけは、中学校は野球をしていて、入試説明会で山陽高校を訪れたときに、中学校時代の先輩の名前があり、入りたいと思った。初めてのインターハイなので、まずは3位以内を目指して頑張りたい。」と、話してくれた。

 

広瀬 拓哉 君

「ボクシングは、中学校の時からプロのボクシングジムに入って、山陽にボクシング部があるのを知って山陽高校に入学した。」インターハイへの意気込みは「優勝を目指して頑張ります。」と、力強く言った。

 

それぞれのボクシング部に入るきっかけは違うが、今は、同じ優勝を目指して頑張っていると思った。是非頑張っていただきたい。目指せ!優勝!

 

 

 目指すは優勝。

 

 そう語ってくれたのは、第3回戦目を見事勝利した、崇得高校ボクシング部の青木 貞頼くんだ。青木くんは、フライ級の中の他の選手に比べて体が小さい。そのハンディをカバーするためにスピードを高める練習を中心に行い、このインターハイに望んだ。試合中は、その練習の成果が十分に見られ、他のどの選手よりも軽快なステップで戦っていた青木くんだが、「パンチが当たらず動きが良くなかった。」と、振り返っていた。次の準々決勝では、自分の納得のいく試合をして欲しい。そして、優勝という目標を達成する事を強く願っている。

「初めてのインターハイ」

 

広島山陽 田中 智也 君 vs 大牟田北(福岡) 下河 博史 君

 

 1Rはおしていたが、相手が2,3Rでスイッチしてきてリズムが崩され、おしかえされポイント負けした。田中君は悔しそうだった。「最初は緊張をしていたが、試合直前は試合に集中することができた。高校生活最後で全力を出しきったが、こんな結果で申し訳ない」と語った。

「全国3位への挑戦」

広島山陽 広瀬 拓哉 君 vs 白?大学足利(栃木) 今倉 一秀 君

 

 1Rはおしたりおされたりして接戦である。対戦相手は、全国3位。2Rも積極的に攻撃の手を緩めなかったが、運悪くカウンターをうけ敗れる。全国3位の今倉君に堂々の試合振りを示した。

 「終盤にドラマが待っていた」

 

 

広島崇徳 小船 修平 君 vs 熊本農業(熊本) 川口 将太 君

  

 1R なかなか攻めきれていない。2R おしたりおされたりの繰り返しである。3R 最初はおされていたが、後半巻き返した。誰もが勝利を確信するほどの攻勢ではあったが、ポイント負けとなった。今回が2回目の出場。中学2年生からボクシングを始め、「今回が最後のインターハイだったのでもう少し上にいきたかったが、残念だった。これからもボクシングを続けていく。」と、気持ちを切り替えて話した。

「まだまだいける!!」

広陵 重森 厚志 君 vs 宮城農業(宮城)

 

 1R 攻防をしながら、徐々にリードしている。2R 最初おされていたが、後半リードし、3RでRCA勝ちした。ボクシングを始めて、まだ、3年間も経っていない重森君、勝ててすごく嬉しそうだった。「相手がサウスポーでやりにくかった。ボクシングを始めたきっかけは中学校時代に野球部だったが、個人スポーツをやりたくなり、ボクシングを始めた。このまま優勝を目指します。」と、力強く語った。

 今回、初めてボクシングの試合を見て、その攻防のすさまじさに、リアル感と迫力が伝わって、鳥肌が立ちました。今日、勝ち残った選手は、負けた選手の分まで、広島の代表として勝ち進んでほしい。