広島県高等学校体育連盟

スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME

広島県高等学校体育連盟

特集 選手を支える名マネージャー

感動との出会い

 

平成20年度全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

 

 

スマイル・キャラバン活動記録

―  高校生レポーター養成講座  ―

平成20年度全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

平成20年度 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

           自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング  

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

     5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

ボクシング競技 レポート

 

取材日時: 8月1日(金)

取材場所: 獨協大学

取材種目: ボクシング競技

レポーター: 山陽高校 3年 石田 真也

         

 ボクシング準々決勝が、獨協大学で行われた。 

 試合会場に向かっていた時、「広島の人?」と会場前で出店していた荻野さんはやさしく話しかけてくれた。荻野さんは3年前に広島に住んでいて、広島についての世間話をして、親しくなった。

 

 試合前に広島県高体連ボクシング専門部委員長でもある崇徳高校松尾耕司監督のお話を聞かせてもらった。「ボクシングは毎朝、健康診断と体重の検査をしている。そこでなにか異常が見つかった場合、試合は辞退してもらわなければいけない。」とボクシングでの体調管理の大切さを学んだ。

 

 

 「2連覇をかけて・・・」

 

崇徳 青木 貞頼 君 vs 大分工業 田籠 聖也 君

 

 試合前青木君は、前の試合を見ながらアップをしていた。1Rでは前回覇者に劣らない戦いを繰り広げた。2、3Rはさすが相手もここまで来てると思った。応援もボルテージが上がっていた。結果は、ポイント勝ちをした。「これから決勝に向けてより頑張っていきたい。やりにくい選手で手ごわかった。とにかく勝つように次に望んでいきたい」と気迫に言った。

 

 

「優勝いける?!」

 

広陵 重森 厚志 君 vs 札幌工業 山本 和儀 君

 

 試合前、かなりリラックスした状態を保っていた。1R目、激しい接戦を繰り広げており、リードしたら追いつかれるというような一進一退の状態が続く。2R前半、相手におされるが、後半巻き返し始めた。3R目、重森さんは「最後の最後まで攻めを止めなかった。」と、試合を振り返った。結果は、重森さんの気迫が勝りポイント勝ちした。勝利がわかったとき、応援団に笑みがこぼれた。

「すごく嬉しい。勝ててよかった。相手のパンチが強かった。明日もできる限り勝てるように頑張っていきたい。」と真剣な表情で語った。

 

 昨日と比べて、一段と迫力が増した気がする。さらに、パンチ力が威力を増したように感じられた。相手も力をつけてくるなかでどう戦っていくのか、明日からの二人の選手に期待したい。