広島県高等学校体育連盟

スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME

広島県高等学校体育連盟

特集 選手を支える名マネージャー

感動との出会い

 

平成20年度全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

 

 

スマイル・キャラバン活動記録

―  高校生レポーター養成講座  ―

平成20年度全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

平成20年度 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

           自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング  

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

     5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

新体操競技 レポート

 

取材日時: 8月2日(土)

取材場所: 埼玉県立武道館

取材種目: 新体操

レポーター: 祗園北高校 2年 吉本 智香

 

「8月2日に埼玉県立武道館で新体操団体の部が行われた。」

 

 

 広島県女子代表、鈴峯高校は素晴らしい演技であった。

 

 演技終了後、鈴峯の方にインタビューした。

 個人の部にも出場した小原 里紗さんは「鈴峯のカラーを全面的に出せる演技をしたいと思いました。」と笑顔で話してくれた。

 清水 沙希さんは「みんなの気持ちがそろっていました。」とやりきった表情を見せた。福原 美紀さんは、「演技する5人だけでなく部員14人で踊りきりたいと思いました。」と力強く答えてくれた。2年生の野渕 芳子さんは「最後まで頑張りました。やりきった。」と演技を振り返った。そして、唯一の1年生である野田 涼さんは「本番は怖くて、先輩たちに気持ちが遅れないように頑張りました。」と演技後もまだ緊張した表情であった。

マネージャーの猿田 志織さんにも話しを伺った。

 

 中学までは新体操をやっていたという。高校でも新体操に関わりたい。という思いからマネージャーになったそうだ。「いつもミスするところで成功した時、感動しました。」と安堵の表情を見せた。

 

「監督の祈り」

 

 大下茜監は、「ただ、祈るしかなく、選手に想いが届くように見守っていました。」と目に涙を浮かべながら話してくださった。

今日の演技に満足し、ほっとして出た涙だろう。

また、「大会直前まで合宿を行い、食事の世話をお母さん方が手伝ってくださった。家族の支えがあってこその演技だった。」と話された。

 

 

 女子の団体は、ロープを使っての演技であった。

 鈴峯は、目立ったミスもなく本当に素晴らしい演技だった。

 ロープを自由自在に操り、魅せる演技。各学校でカラーが違い、曲や衣装でも印象が変わってくる。個人戦とは違う5人の息のあった演技に感動させられた。

 

 

広島県男子代表、広陵高校の新体操部の方に話を伺った。

 

 

    

 

 三宅 洋治監督は「よく頑張った。今回の経験を生かして次の大会も頑張ってもらいたい。」と話してくださった。

 

 久家 徹也さんは、「日ごろの練習の成果を出した。」と演技を振り返った。また、「楽しかった。」とインターハイという大舞台でありながらも演技を楽しんだようであった。

 個人の部にも出場した檜山 翔太さんは、「インハイ出場が決まったときは、恥をかかないよう頑張ろうと思った。」と話してくれた。昨日の練習では足を引きずっている様子だったのだが、それを感じさせない迫力のある演技であった。広陵高校新体操部のたった1人の2年生である岡優貴さんは、高校から体操を始めた。「自分のやるべきことをしようと思った。来年は引っ張っていく立場なので自分を変えようと思う。」と来年のインターハイ出場への意欲をみせた。1年生の山田大作さんは「ミスをなくしてみんなの邪魔にならないように頑張った。」と話してくれた。練習で技が決まると先輩と拳を合わせる姿が印象に残っている。

 

西中健士朗さんは熱中症のため救護室で休んでいらっしゃったので、写真だけ撮らせてもらった。

団体戦は個人戦以上に迫力がすごくあり、まさに「息を合わせる」ということが感じられるものであった。

呼吸をするのも全員が同じときに息をする。その呼吸までもが会場に聞こえるのである。演技はもちろんだが、そういった細かいところまで合わせるためにどれだけの時間・練習を積みかさねてきたのだろうかと考えると何度も鳥肌がたった。