広島県高等学校体育連盟

スマイル・キャラバン実行委員会

  

HOME


広島県高等学校体育連盟

〜 ありがとう 〜

お世話になった方々の紹介

第61回広島県高等学校

総合体育大会競技日程

第61回全国高等学校

総合体育大会公式HP

特集 選手を支える名マネージャー

特集 感動との出会い

  第61回全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

スマイル・キャラバン活動記録

− 高校生レポーター養成講座 −

第61回全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

第61回 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

         自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング  

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

 

    5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

buz015.gif リンク

あなたは

Counter

番目の来訪者です。

 免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

テニス競技 レポート

 

取材日時: 8月2日(土)

取材場所: 天沼テニス公園

取材種目: テニス

レポーター: 加計高校 2年 山縣  来希

     

 

 女子テニス団体戦が天沼テニス公園で試合が行われました。取材したのは美鈴が丘高校です。

団体戦一回戦目は美鈴が丘対慶風でした。団体戦はダブルス、シングルス1、シングルス

2の順番で試合を進めていきました。

今日の結果は美鈴が丘1・2回戦ともにストレート勝ちしました。

 

 ダブルスは、三年の前薮選手と二年の中谷選手が出ました。前半緊張で体が思うように動いていなかったようでした。2ゲーム目でやっと肩の力が抜けたようで、その後はしっかりと落ちついてプレーすることが出来ていて、そのまま波に乗って7対1で勝利しました。

 

 シングルス1は、三年生の田中選手でした。前半、田中選手が3対1でいい調子でゲームを進めていたまた中盤になると3対3と追いつかれて、それからお互い一歩もも引かない白熱した戦いとなり8対6で田中選手の粘り勝ちに終わりました。

 

 最後にシングルス2はキャプテンの宮本選手でした。前半、中盤と宮本選手が押されていました。後半にまっても7対7となかなかリードできなかったが、最後の最後で、ミスのないしっかりしたプレーが出来て9対7で勝つことが出来ました。

 

 最後に浅枝監督に取材をしました。今日の試合はみんな強気で冷静に安定したプレーしてくれていた。まだまだ不安な部分があるからその欠点をなるべく考えながら次の試合に挑んでいきたいと語ってくれました。

 

「3年間の集大成として」

 

 試合後に三年生の前薮選手に取材しました。

「始めは体が固まっていたがどだんだん体がほぐれてきた暑かったけれどしっかりプレーに集中できて勝つことができました。」試合を振り返り「三年生の私は今大会が最後だから一回でも多く試合に勝ちたい。」と笑顔で次への意気込みを話してくれました。

 

 また、田中選手にも取材しました。試合については、「とても暑かった中盤相手が押してきてとてもつらかったけれど監督の言葉や家族やみんなの応援のおかげで勝つことができた。」と話してくれました。田中選手も三年生なので「最後なので次の試合に繋がるようがんばっていきたい。」と話してくれました。

「暖かい両親の支え」

     

 前薮選手の家族に話しを伺いました。前薮選手は小学校の頃からテニスを始め最初は遊びでやっていたけれど、高校生になってチームのみんなで目指す目標が出来て今まで以上に真剣に楽しくテニスが出来るようになっていたということでした。「今日の試合は今までの試合の中で一番のプレーが出来ていたと思う。このいい環境、いい監督や仲間に出会えたおかげだ」と、話してくれました

  試合後の取材では、団体戦としての勝敗は決していたので集中出来ていなかった、今度はしっかり集中してプレーすると言ってくれました。暑い中、集中力を持続させるためには、かなりの練習を積み重ねなければ出来ないと思う、次の試合もその集中力を持ち続けて戦ってほしい。