広島県高等学校体育連盟

スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME


広島県高等学校体育連盟

〜 ありがとう 〜

お世話になった方々の紹介

第61回広島県高等学校

総合体育大会競技日程

第61回全国高等学校

総合体育大会公式HP

特集 選手を支える名マネージャー

特集 感動との出会い

  第61回全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

スマイル・キャラバン活動記録

− 高校生レポーター養成講座 −

第61回全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

第61回 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

         自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング    

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

 

    5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

buz015.gif リンク

あなたは

Counter

番目の来訪者です。

 免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

バレーボール競技 レポート

 

取材日時: 8月3日(日)

取材場所: 尚美学園大学

取材種目: バレーボール

レポーター: 祗園北高校 2年 吉本 智香、加計高校 2年 山縣 来希、2年 中山 佳子

 

「桜が丘、インターハイ初出場で初勝利」 

 

       

 

予選グループ戦  桜ヶ丘(広島県) VS 島田商業(静岡県)

 

 第1セット・・・桜ヶ丘のサープミスから始まり、21−25で1セット取られてしまう。

 第2セット・・・点の取り合いのシーソーゲームであった。粘り強くボールを追いかけた桜ヶ丘が25−20と第2セットを勝利した。

 第3セット・・・スタートから桜ヶ丘が6点連取し、桜ヶ丘の流れになった。しかし、島田商業のスパイクやブロックが決まり、8−8と同点に…。手に汗

        握る試合であった。最後に決めたのは、2番で2年生の田中笑美さん。ガッツポーズと共に、桜ヶ丘の勝利が決まった。

「常笑」

 

 キャプテンの丸田麻美さんは、試合中も笑顔が絶えずチームの元気印のようであった。「緊張していたので、笑顔で頑張ろうと思いました。」と安心した表情で話してくれた。

 

 試合を見て、厳しい状況の中でもコート内で声を掛け合い、励まし合う姿がすごくかっこよかった。そして、キャプテンの笑顔が本当に素敵で見ている私達まで安心させられた。

「監督のジンクス」

 

 試合終了後、監督の門田 岳史先生にインタビューをした。

 今日の試合の流れについて聞くと「最初はみんな緊張していたが、後半からはだいぶ緊張がとけてきた。体育館も普通の体育館だったから戦いやすかったと思う。」と話してくれた。

 選手交代のときにマネージャーの松岡さんと選手達はハイタッチを交わしていた。しかし監督の門田先生とはハイタッチを交わさなかったその理由は「私がハイタッチをしたら負けるジンクスがあるですよー。」と笑いながら話してくれた。

 

 今日の試合は最初は苦戦しが、選手達はいつも笑顔だった。チームプレイには笑顔で励ましあうことは大切だと思った。

 

苦しい試合展開で作戦タイムをとる門田監督

広島から駆けつけた大応援団