広島県高等学校体育連盟

 スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME


広島県高等学校体育連盟

〜 ありがとう 〜

お世話になった方々の紹介

第61回広島県高等学校

総合体育大会競技日程

第61回全国高等学校

総合体育大会公式HP

特集 選手を支える名マネージャー

特集 感動との出会い

  第61回全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

スマイル・キャラバン活動記録

− 高校生レポーター養成講座 −

第61回全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

第61回 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

         自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング    

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

 

    5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

buz015.gif リンク

あなたは

Counter

番目の来訪者です。

 免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

過去の記事

 

 

取材日時: 5月25日(日) 13:00〜15:00

取材場所: コカ・コーラウエスト広島スタジアム

取材種目: 陸上競技

4×400mR

男子

決勝後の写真

(皆実高校)

taochansashikaeshashin.JPG

男子4×400mR決勝は、中国高校新記録で広島皆実高校が優勝した。

走り終えた後インタビューすると、第1走者の浅井 良太さんは「優勝できてうれしい。でも、今日の結果に満足せずに全国制覇したい。」と答えた。また、「今までリラックスするように心がけていたが、その成果が優勝という結果につながった。」と笑顔で答えてくれた。

第3走者の厚見 成さんは、「もっといいタイムがでると思う。」とくやしそうに話した。「でも、このメンバーだからこそ優勝できた。もっともっと練習して、日本一になりたい。」と喜びをかみしめながら答えた。

今日の結果に満足せず、気持ちはもう中国大会に向いていて感動した。

広島皆実高校 2年 垰本 仁美)

 

 男子4×400mR決勝で、「大会新記録」・「中国高校新記録」というすばらしいタイムで広島皆実高校が優勝した。

その中で第二走者の高校2年生の建田 勇太さんは走り終えた後、「勝った事が嬉しい。第一走者のタイムが良かったのでその流れに乗っていけた。」と

また、第四走者の高校3年生浦野 晃弘さんは、「後半が頑張ってくれた。“勝って当たり前”だけど記録を更新できたのは嬉しい。大会は連続してタイムが良いので勝負強いチームになったと思う。次の課題はメダルを獲ること。」と笑顔で話していた。

(広島皆実高校 2年 渡辺 彩)

4×400mR

男子

優勝監督への

インタビュー

(皆実高校)

男子4×400mR決勝は広島皆実高校が制した。

 監督の尾崎 一徳さんにインタビューしました。

 Q 今の率直な気持ちは?

 A 皆が頑張って良い記録を残してくれた。

 Q 全走者1位でゴールし、中国高校新記録でしたが、どう思いますか?

 A それぞれが頑張ってくれたから出せたのだと思う

 Q 1位になることは予想していましたか?

 A はい。予想していました。

 Q 昨年は全国大会で惜しくも優勝をのがしましたが、今年は優勝できそうですか?

 A したいですね。できれば・・・。

 Q 最後に次の大会の目標を一言で言うと?

 A 勝ちたいですね。一戦一戦頑張っていきたいですね。

 監督は笑顔で強く語りました。

 試合展開は、終始広島皆実が握り、白熱した空気に圧倒されました。リレーが終わった瞬間に選手全員がアンカーの人の上に倒れ込み喜び合っている光景は、涙をさそいました。

広島皆実高校 2年 設楽 かのこ

4×400mR

男子

厚見成さんの

おばあさん

(皆実高校)

広島皆実高校第3走者の厚見成さんのおばあさんにインタビューしました。

 厚見さんが陸上をはじめたのはいつ頃かと伺うと、「小学校高学年の時友人と一緒に地域のスポーツ少年活動に参加したのがきっかけです。当時はあまり走りたいという気持ちがなかったみたい。活動を続けるうちに陸上にのめりこんでいった。」そうです。

 厚見さんへのエールをお願いすると、「死ぬ気で頑張れ。風のように走れ。」とコメントが返って来ました。

基町高校 2年 丸 智樹

800m

男子

山口智洋さん

(沼田高校)

 男子800m決勝で3位になった沼田高校の山口 智洋さんに走り終わった後にインタビューしました。

「今日、走って自分では途中、悔いが残るところがあったけれど最後まで走りきって3位になることができました。最後まで走りきることができたのは、2日に1350mのダッシュをしているおかげで、今日のラストスパートをかけることができた。次は、中国大会で6位以内に入ってインターハイを狙っていきたい。」と意気込んでいました。

 (加計高校 2年 山縣 来希

4×400mR

男女

宮本理事長

前任校への

インタビュー

(五日市高校)

 

 昨年の男子第7位、女子第8位の悔しさをバネにして、男女とも第4位で中国大会W出場を果たす。

〔男子〕日頃の工夫された厳しくも楽しい練習に耐え、精神面の強化には、心のこもった挨拶や、積極的な授業への取り組みで集中力を高めた。次回、中国大会では自分に妥協することなく日々の練習を見直し、一からやり直してインターハイ出場を果たす。(リレーメンバー)

〔女子〕先輩の「リベンジを是非とも果たしてほしい」という願いを胸に、1日に300mを20本こなすなど、練習では「気持ちじゃ負けんで」の言葉を実践した。顧問・先輩・仲間全員に支えられて、この成果を出せたことに感謝したい。中国大会に向かって毎日の練習では「気持ちで絶対に負けない」を合い言葉に“集中力”と“笑顔”で五高旋風を巻き起こして、インターハイ出場を目指す。(リレーメンバー)

男子 4×400mR4位(3‘25“67)〔樋口(3)檜垣(2)前田(3)芳村(3)〕

女子 4×400mR4位(4‘02“36)〔大野(2)井上(3)佐村河内(2)齋藤〔3〕〕

(広島県高等学校体育連盟 理事長  宮本 賢一)

4冠を達成した

市立呉高校

藤村 瑠美さん

市立呉高校3年の藤村 瑠美さんは今回の大会で、100m、4×100mR、200m、4×100mRの競争で4冠を達成した。

 藤村さんは去年、中国大会に4種目で出場したが、緊張のあまり思うように走れなかった。唯一、200mで2位になり、インターハイに出場したが、力んでしまい結局予選落ち。藤村さんはその時、「なさけない」と感じ、今年こそは自分の力を出し切りたいと意欲を燃やしていた。

 藤村さんの母も陸上選手で、「力を抜いて、自分が一番だと思って走れ」とアドバイスをしていた。

 去年の悔しい思いをバネに、今年は全ての種目で中国大会を突破し、インターハイで優勝してほしい。 

基町高校 2年 清水 藍

4×400mR

女子で

中国大会出場を

勝ちとった

誠之館高校

 

 女子400mリレー決勝が終わって6位の誠之館の選手が監督と共に涙を流して喜んでいた。涙の理由を聞いてみると前回も覚えていないくらい久々の入賞を果たしたそうだ。

 監督は、「中国大会ではチームのベストをつくしたい」「今後は少しでも上を目指すことが課題」と語った。また、2年生の選手も「先輩たちとこれで終わりにしたくなかった」と3年生と絆を語ってくれた。

(広島皆実高校 2年 島田聖子

4×400mR

女子で

第4位の

五日市高校

 

 今回、見事4位に入賞した五日市高校の樋口裕志監督に話を聞いた。

「400mリレー女子は、去年入賞できなかった。今回は、入賞できなかったことで男女一丸となってリベンジの気持ちで頑張ってきた。大会2日前までテストという厳しいコンディションだったが、苦しい時やつらい時、『絶対に入賞する』という気持ちを持ち続け、今回見事4位という結果がでたと思う」と監督はおっしゃった。

(広島皆実高校 2年 松永 彩)

800m女子

第1位の

井口高校

田村 瞳さん

 

 女子800mの井口高校の田村 瞳さん

 田村さんは、みごとに800mで一位をとりました。インタビューをしてみると、田村さんは、「もっといけるか不安だった。」語ってくれました。ほかにもこれまで努力してきたことを聞くと「先輩にしっかりついていく。」と答えてくれました。

 また、これからの意気込みを聞いてみると、「中国大会に行き、自己新記録を出したいです。」と満面の笑みで、力強く語ってくれました。監督の慶楽先生もとても嬉しそうでした。

(加計高校 2年 中山 佳子)