広島県高等学校体育連盟

 スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME


広島県高等学校体育連盟

〜 ありがとう 〜

お世話になった方々の紹介

第61回広島県高等学校

総合体育大会競技日程

第61回全国高等学校

総合体育大会公式HP

特集 選手を支える名マネージャー

特集 感動との出会い

  第61回全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

スマイル・キャラバン活動記録

− 高校生レポーター養成講座 −

第61回全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

第61回 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

         自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング    

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

 

    5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

buz015.gif リンク

あなたは

Counter

番目の来訪者です。

 免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

過去の記事

 

取材日時: 6月1日(日) 8:30〜11:00

取材場所: 広島市中央庭球場

取材種目: ソフトテニス

『激闘の末の勝利』

 

      

 

 広島県高等学校総合体育大会(ソフトテニスの部)女子2回戦、文教(栗栖・米田ペア)と、府中(亀井・石川ペア)が試合を行った。序盤は、文教にゲーム数3−1とリードを許していた府中ペアだったが、そこから激しく追い上げてゲーム数3−3となり、タイブレイクにもっていった。タイブレイクもシーソーゲームとなったが、激闘の末、6−8で府中高校が3回戦に駒を進めた。まさに、手に汗握る試合だった。

 

広島皆実高校 松永 彩

『笑顔でインタビュー』

 

 試合後、府中高校の亀井さんと石川さんに話を聞いた。

   Q:テニスを始めたきっかけは?

   A:(亀井)親がやっていたからです。

   (石川)先輩にあこがれてです。

   Q:テニスを始めて何年目ですか?

   A:(亀井)7年目です。

   (石川)6年目です。

   Q:テニスのよさとは?

   A:ちょっとしたことで勝敗が決まってしまうところです。

   Q:楽しさは?

   A:ペアでポイントが取れた時です。

   Q:逆に辛い時は?

   A:練習と、乱打された時ですね。

   Q:最後に次の試合への意気込みを!

   A:次は、強豪鈴峯なので、全力を出して頑張っていきたいです。

  と二人は笑顔で語ってくれた。

 

広島皆実高校 松永 彩

『プレッシャーとの戦い』

 

 ソフトテニス部3回戦に出場した翔洋高校 石原・山本ペアは、昨年のインターハイ個人優勝者である。2年連続優勝へ期待がかかる大会だ。西条農業高校 栃原・窪田ペアとの対戦。

 1・2セットは、ネットにかかるなど石原・山本ペアのミスが目立ったが、声をかけあい、流れを変えていった。3セット目でラブゲームでリズムをつくり、ストレートで勝利を手にした。今のところ負けなしの石原・山本ペア。大会委員長の伝田健治先生は「(ポイントは)インターハイというプレッシャーに耐えられるかだ。」と話してくださった。

 全国大会の頂点に立つ2人。ソフトテニスをする高校生には目標となるペアだ。今大会ではプレッシャーに動じることなく、精一杯力を出し切ってほしい。

 

祗園北高校 吉本 智香