広島県高等学校体育連盟

 スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME


広島県高等学校体育連盟

〜 ありがとう 〜

お世話になった方々の紹介

第61回広島県高等学校

総合体育大会競技日程

第61回全国高等学校

総合体育大会公式HP

特集 選手を支える名マネージャー

特集 感動との出会い

  第61回全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

スマイル・キャラバン活動記録

− 高校生レポーター養成講座 −

第61回全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

第61回 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

         自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング    

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

 

    5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

buz015.gif リンク

あなたは

Counter

番目の来訪者です。

 免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

過去の記事

 

取材日時: 6月8日(日) 10:00〜14:30

取材場所: 広島県立総合体育館

取材種目: バレーボール

インタビュー:宮本賢一

カメラマン:宮本賢一

チーム一丸の勝利に男泣き

 

  

 

 6月8日(日)県総体男子バレーボール準決勝・決勝戦が、グリーンアリーナで行われた。準決勝は崇徳2−0神辺旭、祗園北2−1工大高。決勝戦は今春に行われたの選抜優勝大会広島県予選と同じカード、「崇徳」対「祗園北」。春は祗園北が制したが、今回は崇徳の粘りとブロックで祗園北の攻撃力を封じ、セットカウント2対1の激闘で崇徳が雪辱を果たした。

 祗園北は、準決勝で工大高に1セット目とられ、2セット目2324と追い詰められたが、動揺することなく3セットに持ち込み決勝に駒を進めた。

 

『全国制覇へ意気込み』

 

  崇徳キャプテンの荒木さんは「本多監督、徳永部長、益田コーチ、保護者、1・2年生、すべてのスタッフのおかげです。インターハイは一戦一戦全力を尽くし、全国制覇に向けて崇徳魂を発揮する。」と、力強く語った。

 

『監督、コーチとの絆』

 

  また、プレーイングマネージャーとして、試合ではみんなの世話役に徹した渡辺さんは「春の借りを返せてうれしい。くずれそうな時も、本多先生との信頼関係とみんなの強固なチームワークで支え合うことができた。前コーチの益田先生に“埼玉で会おう”を合い言葉に頑張りました。」と、喜びを語った。

 

『感無量』

 

 ブロックと速攻に大活躍をしたセンタープレーヤの花谷さんは、うれし涙で一言も話せなかった。キャプテンは「彼は高校からバレーを始めて監督に一番鍛えられ、叱られた。チームで一番苦労した奴です。」と、彼の成長に拍手を送った。

 

『仲間の支え』

 

 やはり、3セット目接戦の時にブロックで祗園北の流れを切ったもう一人のセンタープレーヤの鍋田さんも「いつも試合の度に足を引っ張っていたが、仲間が支えてくれた。本当にうれしいです。」と、うれし涙が止まらなかった。

 

『生活面からの出直し』

 

 本多監督は「春に負け、死ぬほど練習した。特に、バレー以外の生活面も含めて一から出直した。インターハイでは一戦一戦自分たちのバレーができればよいと思う。」と。

課題を残した試合にはなったが、厳しい練習を耐え抜いた気迫が最後に実を結んだ。

 

『スタンドのエース』

 

 スタンドで崇徳の勝利を信じ、心のこもった応援をし続けた3年生の徳井さんは「春に負けて今日は負けるわけにはいかなかった。チーム一丸となった勝利です。」と。レギュラーを支える彼のような仲間がいるからこそチーム力は高まり、絆が深まったと言える。