広島県高等学校体育連盟

 スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME


広島県高等学校体育連盟

〜 ありがとう 〜

お世話になった方々の紹介

第61回広島県高等学校

総合体育大会競技日程

第61回全国高等学校

総合体育大会公式HP

特集 選手を支える名マネージャー

特集 感動との出会い

  第61回全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

スマイル・キャラバン活動記録

− 高校生レポーター養成講座 −

第61回全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

第61回 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

         自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング    

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

 

    5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

buz015.gif リンク

あなたは

Counter

番目の来訪者です。

 免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

過去の記事

 

取材日時: 6月8日(日) 10:00〜14:30

取材場所: 広島県立総合体育館

取材種目: バレーボール

インタビュー:織田文

カメラマン:織田文、山中隆史

インターハイ初出場決定!!桜バレー満開!!

 

  

 

6月8日(日)県立総合体育館大アリーナにて、第61回広島県高等学校総合体育大会バレーボール競技準決勝・決勝が行われた。

女子バレーボール決勝。桜ケ丘高校VS安田女子高校の試合は、セット2−0で桜が丘高校が伝統校 安田女子高校を破りインターハイ初出場を決めた

 

『25人全員バレー!』

 

 キャプテンの丸田 麻美さんは、「初めての全国大会出場を決め、”うれしい”の一言です。試合4日前にエースの田中さんがレシーブ練習で捻挫をし、病院に通って練習ができなかったけど必ずコートに立ってくれると信じて、みんなで頑張りました。

全国大会は、コートの中だけでなく、25人全員で桜バレーをやりたい。練習したことを出しきって試合をしてきたいです。」と語ってくれた。

 

『怪我をおしての出場』

 

 水曜日に怪我をしてしまった第2エースの田中 笑美さんは、「怪我をした時、自分の怪我でチームのみんなに迷惑をかけた分、頑張って治してコートに立とうと思った。試合に出て、はじめは足が痛かったけど、決勝では気になりませんでした!」と語った。

 

『マネージャーとしての優勝』

 

 マネージャーの港 悠香さんは、「初優勝は夢みたいです。上級生も下級生もまとめなきゃいけないと思って大変でした。本当に今日の優勝はうれしいです。」と喜びのコメントをくれた。

 

『バレー一筋20年』

 

 バレーの指導を始めて20年、全国大会5度目のチャレンジで見事その栄冠を手にした門田 岳史監督は「4日前に田中選手が怪我をして心配したが、結果的にはこのことでチームがよりまとまった。広島県の代表として1つでも2つでもたくさん試合をしたい。」と感無量の様子であった。

『準決勝戦での感動』

 

準決勝の桜が丘と市立広島商業は、セットカウント2−1で桜が丘が、また、進徳女子と安田女子の試合はセットカウント2−0で安田女子がそれぞれ勝ち、決勝進出を決めた。

感動をありがとう

 

進徳女子応援団  

さあ行け!

 

共に戦う控えの選手たち

心は1つ

 

敗れた市立広島商業の選手に

拍手を送る応援団