広島県高等学校体育連盟

 スマイル・キャラバン実行委員会2008

HOME


広島県高等学校体育連盟

〜 ありがとう 〜

お世話になった方々の紹介

第61回広島県高等学校

総合体育大会競技日程

第61回全国高等学校

総合体育大会公式HP

特集 選手を支える名マネージャー

特集 感動との出会い

  第61回全国高等学校

総合体育大会

高校生レポーター紹介 

スマイル・キャラバン活動記録

− 高校生レポーター養成講座 −

第61回全国高等学校

総合体育大会 

広島県出場校・出場選手一覧

第61回 全国高等学校

総合体育大会レポート

 

    7月28日 総合開会式

    7月29日 陸上競技

           バスケットボール

           ハンドボール

           サッカー    

    7月30日 陸上競技

           ソフトテニス

           弓道

           アーチェリー

           サッカー   

    7月31日 陸上競技

           ソフトテニス

           ボクシング

           アーチェリー   

    8月 1日 新体操

           バドミントン

           ボクシング

           レスリング

    8月 2日 陸上競技

           新体操

           ソフトボール

           剣道

           テニス

         自転車

    8月 3日 バレーボール

           ボクシング    

第61回 広島県高等学校

総合体育大会レポート

 

 

    5月25日 陸上競技

    5月31日 総合開会式

    6月 1日 ソフトテニス

           バレーボール

           ボクシング

           ヨット

    6月 8日 バスケットボール

           バレーボール(男)

           バレーボール(女)

    6月15日 サッカー(男)


平成21年度キャラバンHP


平成22年度キャラバンHP


平成23年度キャラバンHP

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

buz015.gif リンク

あなたは

Counter

番目の来訪者です。

 免責事項

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

第61回 全国高等学校総合体育大会

高校生レポーター紹介

 

瀬良ちひろ(祇園北高校)

 5日間埼玉でいろんな競技の取材や応援ができ、本当に良い思い出になりました。今までの私なら取材なんて恥ずかしくて出来ないと思っていました。しかし5月からこの総体に向けての準備・研修を受けていくうちに,もっと多くの人に話を聞いて、様々事が知りたいと思うようになってきました。最初の研修では、マネージャーとして成長するために学びたいと考えていましたが,今はマネージャーとしてだけでなく,人間として成長するために学べたのではないかと思っています。このような機会を与えてくださった宮本賢一理事長・尾崎隆枝先生をはじめ,このプロジェクトを企画・指導してくださった多く方々に感謝したいと思います。本当にありがとうございました。これからの生活にこの経験を生かしていきたいと思います。もしまた来年参加できれば,是非是非参加したいです!!!!

 小浪綾子(広島皆実高校)

私は、埼玉インターハイの取材で、今まで経験したことがない事を、たくさんすることができました。

 まず、高校生の全国大会を見る事が初めてでした。私と同じ広島県の高校生が、多くの練習をして大会に参加し、全国に挑んでいました。そんな選手たちの、最後まで揺るがない、挑戦する姿に胸を打たれました。
 私たちは埼玉インターハイの取材までに、写真の撮り方やインタビュー項目を考えるコツなどの講習を受けて、実際に何度かインタビューをしました。しかし私は、とっさに考えるインタビュー内容や、聞き方、目の付け所も実際イマイチでした。そして、その感動が人に伝わるような記事にするために、文章として表現することはとても難しいことでした。そんな時に、アドバイスをしてくださった先生方、スマイルキャラバン隊の皆さん、本当にありがとうございました!!大変な事もあったけれど、充実した5日間でした!!
 これからも、今回学んだ事や感動を忘れずに、身近にあるたくさんの感動を、人に伝えたいと思っています。

 清水藍(基町高校)

 しばらくおまちください

 神田真美(広島皆実高校)

5日間に渡った埼玉インターハイでのスマイルキャラバン活動を振り返ってみると、毎日が感動の連続だった。
 特に印象的だったのは、間近で感じたインターハイに携わる人たちのさまざまな思いだった。それは選手であったり、選手を支える家族や応援団であったり、また大会を運営する関係者の皆さんの思いであったりした。さらに、全国の高校生が夢見るインターハイが、あれほど多くの人たちの力によって成り立っていることにも驚いた。
 それから、取材をして気づいたことは、選手の中には、勝って笑顔を見せてくれる人もいれば、負けて悔し涙を流す人もいたが、だれもが自分の勝負に真剣だったこと、そして一戦一戦を大切にしていたということだ。当たり前と言ってしまえばそうなのかもしれないが、その当たり前のことを、あんなにも純粋な気持ちでやってのけた彼らの姿に、何とも言いいようのない感動を覚えた。同じ高校生だが、何か凛とした空気があった。
 そういった雰囲気の中でインタビューをするということに、最初は緊張やプレッシャーを感じていたが、その環境に慣れてくると、自分の中で緊張感がだんだんと達成感に変わっていった。
 また何より大変だったのは、その日にあったことをその日のうちに記事にする作業だった。深夜まで作業をすることが毎日で疲れを感じることもあった。しかし、自分の記事がHPに載っているのを見ると、そんな疲れも吹っ飛んでしまった。それくらい充実していてやりがいのある活動だった。
 スマイルキャラバン活動を通して学んだこと、感じたこと、考えたこと、その全てをこれからの生活にしっかり生かしていきたいと思う。
 最後になりましたが、このような貴重な機会を与えてくださった宮本先生をはじめとする高体連の皆さん、取材の仕方をわかりやすく教えてくださった先輩方や先生、その他今回の活動を通してお世話になった皆さん、本当にありがとうございました。 

吉本智香(祇園北高校)

 私は、4泊5日のインターハイ取材を終えて、多くのことを学びました。インターハイまでの研修では、多くの方の指導・支えがあり、取材の基礎から人と接するための態度などを学びました。インターハイで、1番印象に残っているのは、新体操の団体の部です。スポーツを見て、鳥肌が立つほど感動させられる競技に出会ったのは初めてでした。ここに参加していなければ、新体操を見て感動することもなかったし、このように多くのスポーツと関わることはなかったと思います。

 インタビューでは、選手によってさまざまな表情をみせていました。やりきった表情。悔いの残る表情…。私達はその表情を見て、言葉にかえて記事を書く。この作業が大変で大変で…。たった一言でも、その人の想いは込められているのです。インタビューした内容だけを記事に書くことは簡単です。でも、多くの人にスポーツの感動を伝えるためには、『実際に見て感じたこと・どのように感動したのか』を、より伝わりやすく書かなくてはいけません。そのためには、答えやすい質問をして、選手の心を深く読み取る必要がありました。インターハイでは、初めの研修と比べて、量・質ともにかなり違っていて、自分自身で成長を感じることができました。

 リポーターとしてもですが、人としても多くのことを学び成長できたと思います。仲間とも仲良くなれ、とてもいい経験ができました。

 山縣来希(加計高校)

 しばらくおまちください

中山佳子(加計高校)

私は「スマイルキャラバン」に参加して、取材活動や研修などの体験を通して多くのことを学んだ。

特に感じたことは、自分自身が記事を書くために、かなりの時間がかかったので、自分達が何気なくよんでいる雑誌でも、その裏では、様々な人が寝る時間を裂いて、一生懸命読者のために記事を書いているということだった。

新聞記事などは、真実をどれだけ丁寧に伝えるかということが大切なんだと実感した。

このような体験は、なかなかできないことだと思うので来年も続けてほしい。

石田信也(山陽高校)

   初日は移動日,夜前半メンバーと合流しました。

2日目、ボクシングの取材でした。初めてのインタビューでかなり緊張していました。そこで私とは違って、楽しむように取材をしている、清水さんと神田さんを見てレベルが違うと感じ,苦戦した一日でした。

3日目、昨日と同じボクシングでした。しかしこの日は、昨日と違って、自分が変わり始めました。インタビューの時に緊張がほぐれ、2日目よりまとめる力がついてきたと自分でわかるぐらいでした。質問も少しスムーズになり、楽しさを覚えました。この日の夜、ようやく山縣君と親しく話せ、気持ちにも少し余裕ができました。

4日目、インタビューした相手の敗戦によって,今にも泣き出しそうだったので、試合の内容にはあまり触れずにインタビューを終わらしました。ここでは、インタビューアーは状況判断もしなければいけない事を学びました。

埼玉では貴重な経験が出来たと思います。この活動がなければ、自分と同じ高校生の大会を見ることもないだろうし、生の緊迫感も味わうことはなかったと思います。普段は見ない競技でも、取材を通じて興味を抱きました。

また,みんなと仲良くなれて本当によかったです。一時は誰とも交流できないのではないかと考えていました。 今後、このような事があれば出来るだけ参加したいと思います。

丸智樹(基町高校)  担当:現地スタッフ支援   

私にとってキャラバンでの活動は、新しいことに触れる良いきっかけとなりました。
 普段私は、あまりスポーツ観戦をしないので、取材先で見た光景はとても新鮮なものでした。

会場には、目の前のことに集中し、目標に向かって突き進む選手の姿がありました。また、彼らを支える監督やマネージャーの、選手の助けになるようにと自分の役割を果たし、勝ったときにはさも自分のことのように喜び、負けたときにもさも自分のことのように泣いている姿がありました。
 こういった熱い思いやつながりが、会場にいるだけでひしひしと体に伝わってきて、「あぁ、これがスポーツを観て、みんなが応援する理由なんだ!」と思うほど、驚愕を覚えました。特に写真を撮っている時、その思いが強かったことを覚えています。
 事情があって残念ながら埼玉に行くことはできませんでしたが、数少ないみんなとの活動はとても楽しかったです。大会に参加された皆さん、先生方、キャラバンのみんな、どうもありがとうございした。