平成21年度 広島県高校生レポーターキャラバン

 

交流会&反省会



平成21年11月22日〈日)

 

奈良総体以来、久しぶりの集合です☆

今年度の反省会と研究大会での発表の報告ともに、

これまで一緒に頑張ってきた仲間とより深い関係?を築くため、

 

バレーボール交流会を開催しました!!

 

シルバーチーム VS 若者チーム

 

さすが、体育教師・・・負けず嫌いです!!

生徒を相手に本気ではしゃぎました(^O^)

 

結果は・・・・・若者チームの勝ち!!

3セットまでもつれ込み、体力の限界がきたのか、

シルバーチームまさかの敗退・・・。

若者のを立てて負けた・・・ということにしておきましょう・・・。

 

大信先生のでかさに圧倒☆

壁のようでした!!!!

若者チーム監督 宮本理事長!!

いつの間にか中でプレーをはじめていました。

やはり本職、強烈な球を打っていました!!

キャラバン隊で取材をしていくうちに、

自分もプレーをしたい!!という気持ちになり、

奈良総体での取材後、部活に入った子が数名!!

観て伝えるスポーツから、体感するスポーツへ!!

 

午後からは、講師で大変お世話になっている

池本よ志子さんに来ていただき、

お昼ごはんを食べた後、反省会へ!!

まずは、神田さんの素晴らしい発表にビデオ鑑賞をしました。

その後、それぞれの今年度の反省を発表しあいました!!

今年度の反省&レポーターキャラバンを経験して、変わったこと!!


 

薄さん:研修を重ねることで成長できた。この経験を思い出しながら、もっと向上していきたいです。       書くことが上手になった!!

 


 

中田さん:落ち着いて人の話を聞いて、それについて自分なりに考えが持てるようになった。

 


 

神田(真)さん:自分は人との出会いに恵まれていると思った。キャラバンに参加できたことも出会い

         のおかげ。これからも出会いに感謝して生きて生きたい。最近は、自分の応援して  

         いるチームのことだけでなく、相手の選手の気持ちも考えてしまうようになった。その 

         気持ちが、自分でも成長したと思う。

 


 

小田さん:同じ高校生と関わることができ、自分も変われた!!キャラバンに参加できてよかった!!

      キャラバンに入って関わった人たちに感謝したい。この活動をずっと続けてほしい。

 


 

栗栖さん:はじめは、いきなり結団式で驚き、そのことが心に残っているけど、今となっては、

         参加していい経験をさせてもらえてよかったです。取材活動後、自分自身、国体に

         参加することができ、自分の気持ちの状態が変わって、いい状態を保つことができた。

         来年も、ライフルでがんばりたいです。

 


 

池本さん:はじめは自分の意見がうまく言えず、辞めたいばかりだったけど、研修を重ねていくうちに

      自分でも自分が成長していることを感じることができた。

 


 

神田さん:仲間のおかげでここまでこれた。自分は経験することないと思っていたインターハイを

      まじかでみれてよかった。最近は、テレビで試合をみていて、最後の選手へのインタビュー

      で、自分ならこう聞くなとか、これを聞いてみたいと思うようになってきた。

 


 

黒田君:奈良へ行けると軽い気持ちで参加し、部活も辞めてしまったような状態でしたが、同じ高校生

     にインタビューしていくうちに、改めて部活の楽しさを知ることができ、もう一度部活に戻ること

     ができたのでよかったです。いろんな人と触れ合えたことで、今の自分がある!!

 


 

それぞれが自分の中の成長を感じることができたようです。

 

始めるきっかけはどうでであれ、参加していくうちに成長していくレポーターキャラバン!!

感動を共有することができるレポーターキャラバン!!

 

もっともっと、スポーツを通しての感動を共有できる仲間を増やしていきたいですね(^^)

 

 

  HOME