平成21年度 広島県高校生レポーターキャラバン メンバー紹介
















Yahoo!ジオシティーズ
Home

21年度は,11名が集まりましたよろしくおねがいします

紹介文は,他者紹介となっております!!!!

高校生レポーター祇園北高校2年生の薄明里さんに、キャラバン隊に参加した理由を聞くと、「先生に誘われたことと、スポーツを見るのが好きだから。」と答えた。特に中学生の時に体操競技をやっていたので、女子のゆかの演技を見るのが好きだという。レポーターとしての目標は、「感動を共有して、それを色んな人に伝えていきたい。」ということだ。

加計高校 2年 黒田 亮

調整中 しばらくお待ちください

加計高校2年栗栖はるかさんは射撃部に所属している。キャラバン隊へ入った理由を聞くと、「先生の勧誘がきっかけではあるが、自分を変えたいと思ったから。」と答えてくれた。自分のことを人に伝えるのが苦手なので、うまく伝えられるようになることが今後の目標だそうだ。また感動したことについて質問をして、そのインタビュー内容をうまく文章にまとめたいとも話してくれた。

安芸府中高校 2年 神田 莉那

高校生レポーターである、安芸府中高校2年生の池本沙穂さんにお話を伺った。沙穂さんは、このキャラバン隊に参加して、自分を変えて少しでも成長したいという。そこで、どのように成長したいかを質問すると、「自分の思ったことを素直に伝えられるような人になりたい。」と笑顔で話してくれた。沙穂さんの目指す素直な人になれるよう、取材活動を通して、色んな事を経験し吸収していって欲しい。

加計高校 2年 小田 杏菜

皆実高校1年の道法はづきさんがキャラバン隊に入った理由は、スポーツが好きだからだ。その中でもバスケットボールが一番好きだと言う道法さんは、中学時代バスケットボール部に所属していたそうだ。そして、キャラバン隊での目標を、「より多くの人が自分の記事を読んだときに、喜んだり感動してくれたりして欲しい。」と熱く語った。

祇園北高校 2年 中田 淳子

スポーツ観戦が好きでキャラバン隊に参加したという祇園北高校2年の中田淳子さん。

「このキャラバン隊でたくさんのスポーツとふれ合いたい。また、インターハイでは選手・応援する人と自分の感動などをできるだけ多くの人にありのまま伝えたい」と語る。これまでの取材の中で印象的だったスポーツを聞くと,「祇園北高校のバドミントン部が、チームに一体感・団結力があり応援がすごかった」と言っていた。

広島皆実高校 1年 道法 はづき

安芸府中高校2年生の神田莉那さんは、スポーツが好きでこのキャラバン隊の活動に参加している。キャラバン隊の活動では、「自分の考えで行動し、相手の気持ちを記事にしていきたい。」と真面目な顔で言った。「今まで人前で話すのが苦手でした。しかし、今後はおどおどせずに積極的に行動していきたい。」と目標を教えてくれた。真面目な神田さんならこの活動を通じて変わっていけると思った。

加計高校 2年 栗栖 はるか

調整中 しばらくお待ちください

加計高校2年の高校生レポーター黒田亮さんは、「先生に誘われた。また、自分のためになるし面白そうだから。」という理由でスマイルキャラバンに参加した。この活動を通して、インタビューでは、相手の立場に立った質問ができるようになり、なおかつ相手の話を深く聞ける、聞き上手な高校生レポーターになりたいと語った。

祇園北高校 2年 薄 明里

加計高校2年の小田杏奈さんは、先生の勧誘でキャラバンに参加した。小田さんが、この活動で目標としていることは、自分の思いを素直に伝えられるようになり、話している相手に楽しいと思ってもらえるようになるということだ。この目標を胸に小田さんはキャラバンの活動をしている。また、キャラバンの仲間との交流や取材する選手の姿を見ることは、感動するし楽しいということだ。そんな小田さんを私は応援したい。

安芸府中高校 2年 池本 沙穂

調整中

広島皆実高等学校 2年 神田真美