第62回広島県高等学校総合体育大会

バレーボール競技男女決勝

男子準優勝 祗園北高等学校 

平成21年6月14日(

広島県立総合体育館 大アリーナ

 

【祗園北新監督!!】 

 

 今日の選手の様子を,表面上は普段通りだったが,細かな所で決まるものを決めることが出来ず,自分達のバレーを作れなかったのが敗因だと監督は分析していた。

 『優勝を狙っていたので悔いは残るが,一生懸命やった結果だ!!』と語ってくださった。今日を最後にチームの主力が抜けてしまうが,新部員を育てて,一からインターハイを狙っていきたいと,監督は早くも祇園北の未来に目を向けていた。

加計高校2年 黒田亮 

 

 【励ましのハイタッチ】

祗園北高校:黒川直裕選手

 

 黒川選手は『今日の試合はプレイがうまくいかないところもあり少し悔いが残った。みんなが盛り上がれるように心がけてやった。三年間を振り返って祇園北に入ってよかった。チームのみんな三年間ありがとう。』

と感謝の言葉を述べた。

 主将である黒川選手は,仲間は失敗したときに次頑張ろうという気持ちでほかの選手とハイタッチして励ましていた姿に感動した。

安芸府中高校 2年 池本沙穂 

【チームのために心のスパイク】

祗園北高校:岡本 侑 選手

 

 『決勝でみんながあげてくれたボールを決められなくて悔しかった。とにかくいいところを見せようと思うのではなく,チームのためにプレイするように心がけた。点を取られても、落ち込まないようにムードを上げるように選手が互いに声を掛け合うようにした。三年間自分のわがままに付き合っ てくれてありがとう。』と語ってくれた。

 疲れていても最後まで全力を出し切ってボールを打つ続けたエースアタッカーの彼の姿に感動した。

安芸府中高校 2年 池本沙穂

 

『支え続けて3年間』

 

   祇園北高校は準決勝でで城北高校を破り、決勝へ進んだが、0ー2で惜しくも崇徳高校に破れた。

   2人は選手に「みんなすごい頑張ってて良かった。」と言葉をかけた。

   また水谷さんは今まで何回もやめたいと思ったことはあったが選手から「バレー部には必要だ」という言葉があったの   で今まで続けとこられたそうだ。

  一瞬涙を浮かばせたが、その表情にはやりきったという気持ちが満ちあふれているように見えた。

 

祇園北高校 薄明里

【3年生のみなさんに一言ずつコメントをいただきました】

 

リベロの増田元希選手

『みんなで決勝に行くことができて良かった』

 

 

センターの白田雄之選手

『自分達の代で辛いこともあったけど決勝まで行けて楽しかった。』

 

 

レフトの横川弘樹選手

『決勝で負けて悔しかったが3年間みんなでバレーできて

本当に楽しかった。』

 

 

センターの冨永駿選手

『ベンチで頑張ってきて試合に出ることが目標だったが3年間楽しく続けることができた。レギュラーのメンバーに感謝してます。』

 

このページのトップへ