第62回広島県高等学校総合体育大会

サッカー競技決勝

 

準優勝 広島観音高等学校

 

平成21年6月14日(

広島広域公園第一球技場

 

『縁の下の力持ち』

広島観音高等学校サッカー部のマネージャー

西田優紀さん・桑原依里菜さん

 

 PKで負け涙をこらえながら片づけをしているマネージャー2人に観音サッカー部への想いを聞いた。

 観音サッカー部は個性豊かでみんなが声を出して作り上げているあついチーム。そんなチームをまとめるキャプテン柳田優介さんは普段は全然違ってとてもおもしろい人だが,いざサッカーになると周りを見ることができて信頼できる人。マネージャーの仕事も苦労ではなく,楽しんでいるという。明るく優しい2人ならこれからも広島観音サッカー部を支え,勝利に導いてくれるだろう!!!!

加計高校 二年 栗栖はるか 

『すべてをかけて!!』

キャプテン柳田優介選手のお父さん

 

 応援に来ていたキャプテンのお父さんは『まさか息子がキャプテンになるとは思っていなかった。』本人に『キャプテンするから。』と聞かされたときに『山より大きい猪は出ない。』と両親でエールを送ったという,大会前日には優介さんのお母さんの応援メールに『了解。すべてをかけて戦うから応援よろしく。』と決意がこもったメールが返ってきた。お父さんは『すべてをかけて応援します。』と優介選手を信じている強い眼差しで語ってくださった。

加計高校 二年 栗栖はるか

 

【この悔しさをバネに】

 

 惜しくも優勝はできなかったが,素晴らしいプレーを遂げた畑監督にインタビューした。『子供達が主役であるこのチーム,自分達で考えて工夫させ,チームを作らせることに苦労した』と話して下さった。

 チームの中でも特にキャプテン柳田優介君は,部員115人という数をまとめる要になっている選手だという。

 前半・後半戦とも接戦で,どちらが勝ってもおかしくない試合だった。PK戦で広島皆実の勝利が決まった瞬間,広島観音の選手は涙を流した。ここ何年もPK戦で広島皆実に惜敗しており,様々な想いが選手には浮かんだことであろう。次の高校選手権でもがんばってほしい。と選手の涙に次なる勝利を祈った。

安芸府中高校 2年 濱本育帆