第62回広島県高等学校総合体育大会

 バレーボール競技男女決勝

女子準優勝 桜が丘高等学校 

平成21年6月14日(

広島県立総合体育館 大アリーナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真調整中

【速攻極め,もっと強いチームに!!】

 

門田岳史監督は『2年連続優勝とは甘くないな』と率直な気持ちを話してくれた。『練習でやったことしか試合に出ないが,本当はもっと強さは出せたと思う』と試合後,選手に話したそうだ。

 速攻が上手くいかなかったことでチームがばたついたと悔しさをにじませつつも、『ブロックはよかった』と顔をほころばせた。

 最後に,『バレーも学校生活も最後まで頑張ってほしい。大人になった時もバレーで学んだことを生かしていろんなところで活躍してほしい』と今まで頑張ってきた選手にエールを送った。

 どんなに苦しい練習でも,笑顔を絶やさず明るくすがすがしい桜が丘高校バレー部に私もこれからエールを送りたくなった!!

 

安芸府中高校 2年 神田莉那 

【みんながいるから】

 

 結果は惜しくも準優勝だったが,感動的なプレイを見せてくれた桜が丘高校。粘り強くチャンスに喰らいつき,再三ブロックも決め,見事な健闘ぶりだった。『三年間バレーをしてきて、技術面はもちろん、人としても成長できた。チームの皆がいるからここまで頑張ってこれたと思う。まだ決めていないが、将来もバレーを続けたい。』と,はにかみながら話す銭谷選手。明るく素直な人柄に魅せられた。

 

加計高校 2年 小田杏菜