第62回広島県高等学校総合体育大会

バレーボール競技男女決勝

男子優勝 崇徳高等学校

平成21年6月14日(

広島県立総合体育館 大アリーナ

【コンビバレー★目指せ!日本一!!】

 

 『勝ててほっとした』というキャプテンの玉乃井亮選手は,サーブで攻めることができた事・自分たちのコンビバレーが出来た事が,勝因だと話してくれた。

 『春の大会では自分が迷惑かけっぱなしだったので,この試合では挽回したいと思っていた』とキャプテンのとしての頼もしい一面も見せてくれた。そして,インターハイでは,一戦一戦集中して日本一になるとリベンジを誓った!!

 全国の舞台でも今日のような崇徳バレーを見せて,ぜひ日本一に輝いてほしい。

安芸府中高校 2年 神田莉那

【気持ちで繋がる崇徳バレー】

 

 石原さんは元選手だったという。しかし,怪我が原因でみんなをサポートするマネージャーとなりチームを支えてきた。『選手と一緒にコートには立てなくても,気持ちで繋がっているので皆が勝ってくれると本当に嬉しい。選手達には,ただただ≪ありがとう≫と伝えたい。』と語ってくれた。

 インターハイでも選手の支えとなって,石原さんの素敵な笑顔で頑張って欲しい。

加計高校 2年 小田杏菜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【バレーだけでなく人間教育を】

 

 『バレーだけでなく普段の挨拶や私生活から大事にしていくように指導している。』と,本多洋監督は熱く語ってくださった。

 選手のみんなに,一番鍛えられた選手は誰かという質問をし,全員が鶴田君だと答えたことを伝えると,『背番号五番の鶴田選手とは彼が小さい頃から知り合いだったので叱りやすく、彼を一番鍛えた。その結果、鶴田選手は体重も15kg落とし、チームの中心になるまでに成長した。インターハイでは一回も負けずに帰ってこれるように、選手と一緒に頑張りたい。』と話してくださった。

 監督の表情は選手達の成長にとても満足そうだった。

加計高校 2年 小田杏菜 

【監督の思いを背負って】

 

 ジャンプサーブで見事流れを引き寄せた鶴田恵人選手は,最も監督に鍛えられた選手だ。監督に『バレーは人と人とがつながっていくスポーツなのだ』と,プレーではなく人間性を学んだ。そんな監督からかけてもらった言葉で,1番嬉しかったのは『わしは,お前らの父親だと思っとる。もう家族だ。』と言う。

 監督の期待に対し,『まだまだです』と謙虚に語りつつも,かつてはチームの足を引っ張ったと言っていた鶴田選手は,もう立派な中心選手になっていた。遠くを見つめながら,話してくれた鶴田選手の目には,もう次の試合が見えているようだった。

安芸府中高校 2年 神田莉那