第62回広島県高等学校総合体育大会

バレーボール競技男女決勝

女子優勝 安田女子高等学校 

平成21年6月14日(

広島県立総合体育館 大アリーナ

 

 

 

写真調整中

【目指せ!ベスト4!!】

 

 昨年の決勝戦での悔しさをバネに決勝に臨んだという主将の平川選手に話を聞いた。

 『全力を出し切った。』と爽やかな笑顔で語ってくれた。彼女は主将として,口で言う前に自分のやる!!という自分の精神に付いて来て欲しいのだという。『ベスト4に入ります!』と,インターハイへの意気込みにキャプテンとしての自信が感じられた。

加計高校 2年 黒田亮

 

【支えられて掴んだ勝利】

安田女子高校:槙原 円香 選手

 

 『今日は、3年生のために一球一球集中してやりました。これからはインターハイでベスト4を目標にする。負けたチームのためにも勝って、今日まで支えてくれた人に感謝しながらインターハイに臨みたい。』と,2年生とは思えないような力強さで安田の勝利に貢献したサウスポーの槙原選手は,今後の決意と感謝の言葉を述べた。

安芸府中高校 2年 池本沙穂

 

 

 

『安田のリベンジ魂』

安田女子高校:渡辺 監督

 

 渡辺監督は、『昨年は広島桜が丘高校に負けていたので,今日はリベンジするという気持ちで試合に臨んだ。とにかく,全国がかかっているので選手がいつも通りにプレイできるように気をつけた。以前ベスト8までいったので,今回は,ベスト8以上を目標にして選手と共にがんばりたい。』と,すでに全国ベスト4を見据えたまなざしだった。

 私は,安田高校のバレーを見て自分もやりたくなるほど感動した。

全国大会ではぜひとも目標のベスト4目指してがんばってほしい。

安芸府中高校 2年 池本沙穂

 

 

『みんなに支えられてのリベンジ』

〜 安田女子高校 沖本有紀さんへのインタビュー 〜

 

 沖本さんは昨年,桜が丘高校に負けてインターハイに行くことが出来なかった。今回はリベンジの気持ちで臨んだ。

 第1セット,セットポイントをとった安田女子高校だったが,桜が丘高校も負けじと粘りを見せ7点差から3点差まで追い上げた。その時を沖本さんは『強気で思いっきりやった。』と振り返る。『今までできたのは家族や仲間の支えがあってのことだから、ただただありがとうと言いたい。』と感謝の気持ちを語った。

 メンバーのなかでもよく先生に叱られていたという沖本さん。インターハイへの切符は日頃の努力の賜物だと感じた。

 

祇園北高校 2年 薄明里