安芸府中高等学校男子バスケットボール部の試合の模様を紹介

Home

6月6日福山市の松永高校で広島県高等学校総合体育大会バスケの部が行われました。

多くのチームが頑張り,応援の声も響いている中で,私は安芸府中高校男子バスケ部に注目しました。

 

今回の県大での相手は呉地区4位の呉三津田。手強い相手との勝負になりました。

試合は,ハーフタイムまでは安芸府中がリードしており,いいムードで試合をしていました。

しかし!!ハーフタイムが終わると少し厳しい状況に・・・。

そんな中でも,チームが一団となり,お互いを励まし合い、声援もどんどん大きくなしていました。

 

結果は

81ー66で負けてしまいましたが,選手の方々にとって,得た事が多かった試合だと思いました。

 

試合後、私はキャプテンの福山貴厚選手に

インタビューしました。

 

福山選手は,

『最初はいけると思ったけど,後半から悪くなってしまった。』

『夏の選抜の大会には,今はわからないけど,余裕ができたら出たい。』

『チームのみんな,今まで3年間ありがとう。』

と,答えてくれました。

キャプテンの福山選手は,

日頃の練習でもみんなをまとめて練習も引っ張っていた。

上手くいかない時期もありましたが,安芸府中の頼れるキャプテンだと思いました。

 

次に選手の山田亮介選手にインタビューしました。

山田選手は,

『最初は勝てると思っていたけど後半は逆転されてチームの雰囲気が悪くなってしまった。』

『正直勝てた試合だったからくやしい。夏の選抜の大会には今はわからないけどでたい。』

『4月〜5月まで怪我をしていてバスケができなくて悔いを残したくないからできなかった分を夏に費やしたい。』

と,答えてくれました。

 

山田選手は,責任感が強く後輩からもマネージャーさんからも頼れる存在でした。

4月に腰を怪我してしまって練習ができない時は,とてもつらかったと思います。

今回の試合も怪我を抱えての試合だったそうです。

怪我をしても試合に臨む山田選手のバスケに対する熱い思いが伝わってきました。

 

今回の試合は結果的には負けてしまいましたが,

選手全員のバスケへに対する熱い気持ちが伝わってきて一生懸命プレイする選手を見て感動した一日でした。

 

選手のみなさん!!お疲れ様でした。

 

安芸府中高校 2年 池本沙穂         


このページのトップへ