広島県高等学校体育連盟

 スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME

広島県高等学校体育連盟

第63回広島県高等学校

総合体育大会競技日程

 活動報告 

 

 平成22年

 5月8日(土) 結団式

          第1回講座

          第2回講座

  6月5日(土)  第3回講座

  6月13日(日) 第4回講座

         第5回講座

 

 6月5日(土) 総合開会式

                 ボクシング

         新体操男子

         バドミントン

         剣道

         ソフトテニス

 

 6月13日(日)

    バレーボール男子決勝

    バレーボール女子決勝

 

 

 

 

 

 

平成22年度全国高等学校

総合体育大会公式HP

平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP

 平成20年度キャラバンHP

レポーター後記

 Counter

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

免責事項

 

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

 平成22年度 広島県高等学校総合体育大会  

 

 平成22年6月5日(土)

剣道競技

〜 in 市立沼田高等学校 〜

 

スマイルレポーター:広島皆実高等学校    道法はづき・兼平葉月

  

 広島県立広島皆実高校は日彰館と試合をし、4ー0で勝利した。
 広島皆実の主将、島村佳明選手に試合後の感想を聞くと、「今日はまだ予選、明日から決勝なので、気を引き締めていきたい」と言っていた。
 島村選手は今日の予選に向け、主将としてチーム全体の雰囲気を大事にし、声を出して盛り上げ、自分が引っ張って行こうと普段の練習を頑張っていたそうだ。
そして、毎日19時前後まで稽古に励み、合宿では一日中きつい練習を行ってきたという。
予選を勝ち進み、今後の目標は「インターハイに出て目標のベスト8を越えたい」と島村選手は熱く語ってくれた。
 私は初めて剣道の試合を見たが、選手の真剣に試合をする姿、マネージャーや保護者の声援、試合後の汗や爽やかな笑顔がとても印象に残った。
迫力、気合い、熱気など全てが予想以上で、もっと見ていたいと強く思えた試合だった。

広島皆実高等学校 兼平葉月


『選手を支えるマネージャー』

 

 広島県立広島皆実高等学校の試合が終わった後、皆実高校剣道部のマネージャーの方々に話を聞かせていただいた。
 皆実高校剣道部の普段の様子は「練習はきつそうだが部員皆が仲が良く練習中と休憩中のけじめがきちんとついてる。」そして今日の試合の様子は「迫力や気合いが凄い」と話してくれた。
試合の様子は私も同じことを思っていたので、やはり選手の真剣な気持ちは会場の雰囲気となって周りの人に伝わり感動を与えるのだと強く感じた。

広島皆実高等学校 兼平葉月 

 

【一問一答】

広島皆実高校剣道部 橋岡貢(ハシオカミツギ)監督


 広島皆実VS日彰館は、4‐0で、広島皆実が勝利した。残念ながら、試合を観戦する事は出来なかったが、試合が終わった後で、広島皆実の橋岡貢(ハシオカ ミツギ)監督に話を聞く事が出来た。


Q.試合の進行は、どんな感じでしたか?
A.普段通りにやろうと思った。リーグ戦1試合目なので、打たれない事を意識したら、意識し過ぎたかもしれない。だが、1試合目にしては、相手に1本を取らせない試合が出来た。

Q.普段の練習はどんな事をしていますか?
A.基本の動きが中心で、それを繰り返し、正確に出来る様にしている。

Q.今回の大会での選手の調子はいかがですか?
A.3年生にとっては集大成なので、試合に出ている選手も出ていない選手も気持ちは1つ。

Q.今後の目標は?
A.無心の状態で、最後まで力を出し切り、攻めきった試合をやってほしい。インターハイも、目標。選抜大会で、男子は沖縄の高校に負けたので、沖縄で頑張ってほしい。

インタビューをしていると、試合を見る事は出来なかったものの、試合の情景が思い浮かぶようだった。6日(日)には、団体戦の後半、そしてその後には個人戦と、なかなか忙しい日程だが、1試合、1試合を頑張ってほしいと思います。

広島皆実高等学校 道法はづき