広島県高等学校体育連盟

 スマイル・キャラバン実行委員会

 

HOME

広島県高等学校体育連盟

第63回広島県高等学校

総合体育大会競技日程

 活動報告 

 

 平成22年

 5月8日(土) 結団式

          第1回講座

          第2回講座

          第3回講座

  6月5日(土)  第4回講座

  6月13日(日) 第5回講座

         第6回講座

 

 6月5日(土) 総合開会式

                 ボクシング

         新体操男子

         バドミントン

         剣道

         ソフトテニス

 

 6月13日(日)

    バレーボール男子決勝

    バレーボール女子決勝   

 

 

 

 

 

 

平成22年度全国高等学校

総合体育大会公式HP

平成23年度キャラバンHP


平成21年度キャラバンHP

 平成20年度キャラバンHP

レポーター後記

 Counter

Yahoo!ジオシティーズ

お問い合わせ

免責事項

 

 

 広島県高等学校体育連盟「スマイル・キャラバン実行委員会」のホームページに記載されている画像及び内容は、本人及び各競技団体の許可を得て撮影、掲載しているものであり、その著作権、肖像権は広島県高等学校体育連盟及び情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の無断使用を固く禁じております。

 

 平成22年度 広島県高等学校総合体育大会  

 

 平成22年6月13日(日)

バレーボール競技女子 決勝

〜 in 広島県立総合体育館 〜

 

 6月13日(日)に広島グリーンアリーナで行われたバレーボール女子決勝。広島工業大学高等学校VS崇徳高校。進徳女子が序盤からリードする試合となった。1セット目は、前半、両者接戦を繰り広げたものの、進徳がミスのないプレーで序々に点差を広げた。2セット目は、最後まで互いに譲らない攻防を見せたが、安田一歩及ばず、進徳が勝利を収めた。

 県内強豪同士の戦い。粘り強いプレーで、どんなボールも最後まで諦めずに拾いきった進徳に軍配があがった。

広島皆実高校 神田真美

優 勝 進徳女子高等学校

 

 

『もっと上へ』

 

 喜びの声が会場を包んだその瞬間緊張の糸がきれ、私は進徳のチームにかけよった。

 

 「人数が多いので大変ですがそれ以上にチーム全員の心を同じ目標に向ける方が難しい」とキャプテンの山井葉月さんは答えて下さった。対戦中安田高校に流れが移った場面ではどのように声をかけたか尋ねたところ

 「まずは1本決めて自分たちの力をだそう」とチームの気を引き締め、落ち着きを取り戻させたのだった。

 また「試合に勝ち、インターハイ出場できたのは、マネージャーのおかげです。」と試合前にも常にハイタッチをして選手にパワーを送り続け、うれし涙を流していたマネージャーの渡辺諒さんに感謝の意を表していた。

 

 この取材で仲間と協力すればどんな困難も乗り越えられる、声をかけあうことで信頼が生まれるのだと心に響きました。

この夏沖縄でまた取材したときは何を教えていただけるのかとても楽しみです。

 

安芸府中高校 宮原芙由子

    

 『よく頑張った』

 

 女子の決勝戦、進徳女子高等学校 対 安田女子高等学校の試合後、2-0で見事勝利し、インターハイ出場を決めた進徳女子高等学校の小田雅志監督にお話しを伺った。

 「準決勝は内容はもっといいバレーができていたはずだがいろんなプレッシャーで思ったようなプレーが出来なかった。

決勝ではふっきれて自分たちのバレーができた。相手と自分自身の両方のプレッシャーの中、みんなよく頑張った。」と選手たちを誇らしげに語った。

 試合中、流れが安田へ傾いたと、監督はタイムをとりその場面を互いの精神力、我慢比べといい「1つローテをがんばれ。そうしたら1点入る。」と選手たちに声をかけたと教えて下さった。

 春の選抜全国大会の2回戦で名門校、九州文化学園と戦ったとき、負けてしまったが、このチームにはトップレベルと対等に戦える力があると確信を強めた監督は、「リベンジする気持ちでベスト4、準決勝、決勝に進みたい」とおっしゃっていた。

 監督の選手を誇らしく思う姿にとても感動した。是非リベンジを果たしてほしい!!

加計高校 森本 亜紀  

 

 

  準 優 勝 安田女子高等学校

 

 

『 613日安田女子グリーンアリーナにて』

2セット目驚異的な粘りを見せたが0−2で負け、惜しくも準優勝という結果だった。

閉会式の後キャプテンの槙原 円香(まきはら まどか)さんとマネージャーの澤井 咲希(さわい さき)さんにインタビューをした。

2セット目で何があの驚異的な粘りを生んだのかと聞くと「皆の思いが伝わり心が強くなりあんなふうに粘れた。」と槙原さんが言った。

負けた理由について聞くと「心が弱く攻める気持ちが欠けていて自滅が多かった。それが試合までに苦労したことでもあった。」と2人ともが表現こそ違え同じようなことを語ってくれた。

槙原さんから澤井さんへ、

「澤井さんは3年の中で1番よく頑張っている。なにをやるにも文句を言わずやってくれている。」

澤井さんから槙原さんへ

「槙原さんはエースとしての仕事をしたりチームをまとめたりと大変なのに皆をまとめてくれている。」

 

2人の絆が見られたような気がして私はとても微笑ましかった。

                          祇園北高校 尾崎 聡

『若いチームかける思い』 


 「なに弱気になってんだ!結果なんか気にするな!思いきってやれ!」苦しい戦いを強いられる安田ベンチ。選手を奮い立たせる渡邉博美監督の姿があった。

 惜しくも敗れた安田女子。「気持ちで負けたね。」試合後、渡邉監督は静かにこう振り返った。「進徳さんのような、球際のしぶとさや、絶対に負けないという気持ちがうちには足りなかった。」今日の敗因を語る渡邉監督。安田は、コートに立った選手の多くを、1・2年生が占める若いチーム。2セット目、進徳に食らい付く白熱した試合を繰り広げたものの、精神面から来る小さなミスが勝負を分けたようだ。そんな中、チームを懸命に引っ張った3年生の選手たちに対し、「彼女たちなりに粘りのあるプレーを見せてくれた。後輩たちにも何か伝わったんじゃないかな。」と渡邉監督は話す。3年生のほとんどが、今日の大会で引退するという安田女子。「3年間共に頑張ってきた仲間は、彼女たちにとって大きな財産になる。結果的にインターハイには行けなかったが、仲間とともにバレーに費やした多くの時間は、絶対にこれからに生きる。来年は行きたいね、インターハイ。」こう語った渡邉監督の真っ直ぐな瞳は、敗れた悔しさを映しながらも、しっかりと新たな目標を見据えていた。

広島皆実高校 神田真美

 『熱い!安田サポーター!』

               

 お揃いの緑のシャツ、両手にはしゃもじ。一丸となって熱い声援を送るのは、安田女子の応援団だ。

 試合後、その中で梶川益江さんに出会った。現在大学3年生になる安田女子バレー部OGの娘をもち、娘が卒業してからも、変わらず安田サポーターだという。

 「途中盛り上がったけれど…もっと1本1本、ボールを大切に繋げないといけませんね。」今日の試合をこう振り返る梶川さん。

 今日の試合で引退する選手たちに対して「バレーを通して培ったものを、今後の人生に生かしてほしい。」と話した。

 さすがは名門校。応援団の層も厚い。この大きな支えを力にし、安田女子の選手たちが更に飛躍することを期待している。

広島皆実高校 神田真美