グリーン上でのルール

 
→ HOME
→ ティーグラウンドルール
→ バンカーでのルール
→ グリーン上でのルール
→ OB線上の判定
→ OB杭は抜けない
→ バンカー内にドロップ
→ 誤球した時のルール
→ カート道でのルール
→ カジュアルウォーター
→ カートに当たると
→ ボールが当たると
→ 探し中に当たった
→ ボールが動いた
→ クラブヘッドに触れた
→ アンプレヤブル
→ アドバイスに
→ 同伴競技者に当たると
→ 動かせない障害物

グリーン上でのルール

→パットのライン上のルール



グリーン上でパットの線に触れることはできない。以下の場合を除いて

・ルースインペディメントを取り除くとき。ただし、その際何も押え付けないこと。

・ アドレスの際にクラブを球の前に置くとき。ただし、その際何も押え付けないこと。

・距離を測っているとき。

・球を拾い上げているとき。

・ボールマーカーを押え付けているとき。

・グリーン上の古いホールの埋跡やボールマークを修理しているとき

・動かせる障害物を取り除いているとき。


→グリーン上で修復できるもの、できないもの



グリーン上のボールマーク、カップの埋跡は修復しても良い。

しかしスパイク傷を直すと2打罰。


→傘を差してもらってパットはできない

キャディーさんに傘をさしてもらったままパットをすると2打罰


>
Yahoo!ジオシティーズ