会則・細則





神奈川県スポーツ少年団空手道競技運営委員会会則







(総則)



第一条 この会則は神奈川県スポーツ少年団(以下、「少年団」という。)設置規定第15条第2号の規

定に基づいて設置された活動部会内の少年団空手道競技運営委員会(以下、「運営委員会」とい

う。)に関することを定める。









(目的)



第二条 この運営委員会はスポーツ少年団の理念に従い、空手道競技を通じて青少年の健全育成に努め、

少年団の加入促進と少年団空手道交流大会の円滑運営を目的とする。









(事業)



第三条 この運営委員会は前条の目的達成のために次の事業を行う。

(1) 空手道競技を行う団体のスポーツ少年団への加入促進

(2) 県内競技別交流大会空手道競技会の運営全般

(3) 関東ブロック競技別交流大会空手道競技会の運営全般

(4) 神奈川県空手道連盟との連絡調整

(5) その他目駅達成に必要な事項









(委員)



第四条 この運営委員会は次の委員をもって構成する。

(1) 少年団空手道競技登録指導者

(2) 少年団本部役員

(3) 神奈川県空手道連盟関係者

(4) 少年団本部長が推薦する学識経験者









(役員)



第五条 この運営委員会に次の役員を置く。

(1) 委員長 1名

(2) 副委員長 若干名

(3) 監事 2名









(役員の選任)



第六条 委員長は神奈川県空手道連盟が少年団本部へ推薦した委員を充てる。





2 副委員長は委員会の同意を得て、委員の中から委員長が指名する。



3 監事は委員会の同意を得て、委員のうちから委員長が指名する。但し、委員と兼ねることができな

い。





(役員の職務)



第七条 委員長は運営委員会を代表し、会務を掌理する。





2 副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故あるときは委員長が予め指名した順序に従い、その職務

を代行する。



3 監事は運営委員会の会計その他の事務を監査する。







(任期)



第八条 委員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。





2 補欠または増員による委員の任期は、前任者と現任者の残任期間とする。







(委員会)



第九条 運営委員会は委員長が招集しその議長なる。





2 運営委員会は委員総数の過半数が出席しなければ開会することができない。ただし、出席できない

委員が他の委員に議決権を委任することができる。この場合は出席したものとみなす。



3 議事は出席委員の過半数で決し、可否同数の場合は議長が決定する。







(委員長の専決処分)



第十条 委員長は緊急を要するため運営委員会を招集することができないとき、また、軽易な事項につ



いては、これを専決処分することができる。



2 委員長は専決処分した事項について次の委員会において報告しなければならない。







(顧問)



第十一条 この運営委員会に顧問を置くことができる。



2 顧問は神奈川県スポーツ少年団及び神奈川県空手道連盟の推薦により委員長が委嘱する。



3 顧問は必要に応じて総会に出席し、意見を述べることができる。







(専門部)



第十二条 この運営委員会を円滑に運営するために次の専門部を置く。



(1)総務部



(2)競技部



(3)審判部



2 各専門部に次の委員を置く。



(1)部 長 1名



(2)副部長 若干名



3 前項の各部長は副委員長の中から委員長が指名する。また、各副部長は各部長が指名する。



4 各専門部の業務は別に定める。



5 委員長及び専門部役員によって専門部会を構成し、当運営委員会の運営方法を提言する。









(会計)



第十三条 この運営委員会の経費は、参加料、分担金等をもって充てる。







(補則)



第十四条 この会則に定めるもののほか、この運営委員会に関して必要な事項は、委員長が別に定める。







(本会則の改廃)



第十五条 この会則は少年団活動部会において過半数の同意を得た後、改廃することができる。







附則 この会則は平成17年12月23日から施行する。




神奈川県スポーツ少年団空手道競技運営員会専門部細則



(趣旨)

第一条 この規約は神奈川県スポーツ少年団空手道競技運営委員会会則約第十二条に基づき、

専門部の業務に関し必要な事項について定めるものとする。





(専門部の業務)

第二条 各専門部の業務は次のとおりとする。





(1)総務部



@神奈川県空手道連盟、神奈川県スポーツ少年団本部との連絡調整に関すること

A組織(団数・団員)拡大に関すること

B競技会等の事業の企画・立案に関すること

C予算管理に関すること

D庶務全般に関すること

E他の専門部に属さない事項に関すること





(2)競技部



@空手道技術の向上に関すること

A技術指導の向上に関すること

B競技会等の運営に関すること





(3)審判部



@審判技術の向上に関すること

A各種大会の審判に関すること





(補則)

第三条 この規約に定めるもののほか、この専門部に関して必要な事項は、委員長が別に定める。





附則 この規定は平成17年12月23日から施行する。







戻る
戻る