HOME   RESULT

       

2011年度 秋季リーグ 試合結果 

 星取り表はこちら

第5日目 立教大学vs桜美林大学(関東学連3部9位)

試合結果: ○立教大学3−1桜美林大学●

。横機檻横

■横機檻横

25−17

ぃ横機檻横

メンバー:L、田上・清水 R、庄司 C、大井・野間 S、村前 リ、横山

交代:庄司⇔伊(第1・2・3・4セット)、野間⇔中村(第1・2セット)、田上⇔中村(第3・4セット)

                     内容: 1セット目、序盤からミスがあまりないものの点差を広げられない状況が続きます。その後追いつかれてしまいますが、田上(3年)のブロックや庄司(2年)のスパイクが決まり再びリードし始めます。点差を広げたい18−15の場面で庄司(2年)に代え伊(4年)、その後21−19の場面で野間(1年)に代え中村(2年)を入れ流れを変えます。終盤は清水(3年)のスパイクが連続で決まり、最後も清水(3年)のスパイクが決まり第1セットを取ります。

                                                 2セット目、連続失点から始まった第2セット。その後野間(1年)清水(3年)のスパイクが決まりますが、相手にリードを許したまま迎えた中盤、大井(4年)のスパイク、庄司(2年)のブロック、野間(1年)のブロック、田上(3年)のスパイクと連続で決まり立教がリードし始めます。このまま点差を広げたい立教は21−18の場面で庄司(2年)に代え伊(4年)を入れますが、相手のスパイクが連続で決まり追いつかれてしまいます。ここで立教は23−22の場面で野間(1年)に代え中村(2年)を入れますが、流れを変えることができず25−27で第2セットを取られてしまいます。

                        3セット目大井(4年)のスパイク・ブロックと連続で決まり立教リードで始まった第3セット。その後も村前(1年)清水(3年)のサービスポイント、相手のミスにも助けられリードを保ちます。このまま25点まで行きたい立教は20−15の場面で田上(3年)に代え中村(2年)を入れます。清水(3年)のスパイク、大井(4年)のブロックと連続で得点し、最後は清水(3年)のブロックが決まり第3セットを取りました。

                            4セット目、このセットを取って勝利を収めたい立教は序盤から清水(3年)庄司(2年)大井(4年)のスパイクが決まり点差を広げていきます。中盤に入り相手に点差を縮められますが、田上(3年)が連続でスパイクを決め再びリードし始めた終盤20−16の場面で田上(3年)に代え中村(2年)を入れます。その後は相手のスパイクミスで点を重ね、最後は田上(3年)のスパイクで第4セット取りました。

 

総括

 1セット取られてしまったものの勝利を収めることができました。

ただ大事な局面でのミスが目立ったように思います。

入れ替え戦出場に向けて気を緩めず明日の城西戦に臨みたいと思います。

*本日ご観覧になられたOBの皆様*

 S40 毛利先輩、S45 松嵜先輩、S45 小島先輩、S54 根本先輩、S56 氏家先輩、S60 鈴木先輩

誠にありがとうございました。

 

試合を見に来て下さったOBの皆様、ご家族の皆様の温かい御声援誠に有難うございます。

入れ替え戦に挑めるよう明日の城西戦、来週の練習に取り組んで参りますので

ご声援の程宜しくお願い致します。

 

2年マネージャー  宮下 美季  

 

HOME   RESULT