HOME   RESULT

       

2011年度 秋季リーグ 試合結果 

 星取り表はこちら

第9日目 立教大学vs東洋大学(関東学連3部3位)

試合結果: ○立教大学3−0東洋大学●

。横機檻横

■横機檻隠

25−16

 

メンバー:L、田上・清水 R、庄司 C、大井・野間 S、村前 リ、横山

交代: 野間⇔中村(第1セット)、田上⇔中村(第2セット)

                     内容: 1セット目、有終の美を飾りたい立教。序盤から野間(1年)のスパイク、村前(1年)のサーブが決まりますがミスが続きシーソーゲームが中盤まで続きます。この展開から抜け出した立教は18−17の場面で野間(1年)に代え中村(2年)を入れます。村前(1年)の2本目のサーブが決まってから庄司(2年)のスパイク、田上(3年)のスパイクが決まり、最後は庄司(2年)がスパイクを決め25−21で第1セットを取得しました。

                                                 2セット目清水(3年)のブロック・スパイク、大井(4年)のスパイクに相手のミスが続き点を重ねていきます。途中相手のスパイクが決まり点差が縮められますが清水(3年)のスパイクが連続で決まり再びリードし始めた中盤、庄司(2年)のサーブが決まります。このまま流れに乗りたい立教は22−18の場面で田上(3年)に代え中村(2年)を入れます。その後清水(3年)がスパイクを決め、最後は村前(1年)のツーアタックが決まり25−19で第2セットも取得しました。

                         3セット目、序盤から清水(3年)のスパイクによって連続得点し、流れを作ります。中盤に入っても流れが切れることなく野間(1年)のブロック、田上(3年)のサーブと点差を広げていきます。途中相手に連続得点を許す場面がありましたが、最後は大井(4年)が連続でブロックを決め、25−16で第3セットも取得しました。

 

総括

 秋季リーグ最終戦もストレートで相手を下し、白星を飾ることができました。

8日目の時点で入替戦出場が確定した気の緩みからかサーブミスなどのミスが多かったように感じました。

 

 

試合を見に来て下さったOBの皆様、ご家族の皆様の温かい御声援誠に有難うございます。

 来週の入替戦に向けて1週間気を引き締めて練習に取り組みたいと思います。

 

 *本日ご観覧になられたOBの皆様*

 S27 小池先輩、S30 相亰先輩、S34 横田先輩、S36 土屋先輩、S40 三木先輩

S45 松嵜先輩、S54 根本先輩、S56 氏家先輩、S60 鈴木先輩

誠にありがとうございました。

 

 

2年マネージャー  宮下 美季

 

HOME   RESULT