HOME  RESULT

                               

5月15日(日) 第1回六大学バレーボール交流戦 試合結果 

 

第一試合 立教大学vs慶應大学

試合結果: ●立教大学0−2慶應大学○ 

14−25

19−25

 

              メンバーL、清水・田上(2セット目⇔大峰) R、庄司 C、大井・野間(2セット目⇔伊) S、中村 リ、真貝

            内容1セット目、序盤から清水(3)サイドアタックや1枚ブロックで果敢に攻めますが、相手の強力なサーブに苦戦し、思うように攻撃に繋がりません。

                   3本連続で相手にサービスエースを許したところで、一旦タイムアウトを取ります。

                   途中、田上(3)に代わって横山(3)が入りますが、相手のペースを崩せず、1425で第一セットを落としました。

                 2セット目の序盤、大井(4)野間(1)が速攻で積極的に攻めます。

                 相手に3点リードを許すも、中村(2)のツーアタックやブロック、庄司(2)の時間差で点を重ねます。

                 途中、田上(3)に代わって大峰(4)野間(1)に代わって(4)を投入しますが、流れをつかむことはできず、

                 1925で第二セットも落としました。

 

 

第二試合  立教大学vs早稲田大学

試合結果: ●立教大学0−2早稲田大学○

15−25

26−28

 

              メンバー:L、清水・庄司(1・2セット目⇔横山) R、大峰(1セット目⇔田上、2セット目⇔伊) C、大井・野間 S、中村 リ、真貝

               内容:1セット目の序盤からサーブカットが大きく乱れ、04で立教は早くもタイムアウトを取ります。

                  清水(3)のライト攻撃や、庄司(2)のレフトアタックなどで攻めますが、相手に7点差でリードを許します。

                  大峰(4)に代わって田上(3)庄司(2)に代わって横山(3)を起用しますが、交代も虚しく、1525でこのセットを落とし

                  ます。                    

                  2セット目、大井(4)の速攻や、庄司(2)のライトからのフェイントやレフトからのスパイクが決まり、

                  また相手のサーブミスも手伝って、互角の戦いが続きます。1515の時点で庄司(2)に代わって横山(3)を投入し、後衛

                  を固めます。

                  続いて野間(1)中村(2)のブロックが決定します。しかし、ネットタッチやジャッジミスなど、単純なミスが連発し、

                  一気に3点差をつけられます。

                  ここで、大峰(4)に代わって(4)をピンチサーバーに起用します。

                  これで勢いに乗った立教は2625とリードしますが、相手に3連続得点を許し2628でこのセットを落とします。

 

 

総括

                                     強いサーブや狙ってきたサーブに対してサーブカットが安定しておらず、なかなか思うように攻撃することができませんでした。

                 また、相手の速い攻撃に、ブロックがついていけず、攻撃を許している印象を受けました。

                 しかし、なかなか対戦することのないチームとの試合を経て、わがチームの課題や弱点を再確認する良い機会になったと感じ

                 ております。このリーグ戦も、残すところあと1試合となりましたが、最後まであきらめずに戦ってゆく次第です。

 

 

                                   本日はお忙しい中、会場へ足を運んでくださって、誠にありがとうございました。

                                           今後とも、皆様の温かいご声援の程、よろしくお願い申し上げます。

 

 

3年マネージャー  高碕 美々奈

 

星取表はこちら

順位・個人賞はこちら

 

HOME  RESULT