HOME  RESULT

                                                                                               

2012年度 春季リーグ 試合結果 

  星取り表はこちら    

第5日目 立教大学vs宇都宮大学(関東学連2部3位)

試合結果:●立教大学0−3宇都宮大学○

 1、20−25

2、23-25

 3、22−25

 

メンバー:L、庄司・清水 C、竹内・野間 S、中村・村前 リ、横山

 

                     内容: 1セット目、折り返し地点のリーグ5日目を迎えました。序盤から一進一退の試合となります。9−11、村前(2年)のスパイクが決まりますがシーソーゲームが続きます。流れは変わらないまま迎えた中盤、相手に徐々に引き離されてしまいます。16−22でタイムアウトを取りますが、流れは変えられず相手はセットポイントを迎えます。清水(4年・主将)のスパイクで得点し迎えた20−24、野間(2年)に代え小形(3年)を入れますが、最後は相手のブロックが決まり20−25で第1セット目を落とします。

                            2セット目、序盤から相手の得点が続き、立教は1−5の場面でタイムアウトを取ります。ノーブロックで打たれた相手のスパイクを繋ぎ、中村(3年)があげた二段トスから清水(4年・主将)がスパイクを決め盛り上がる局面もありましたが、点差を縮められません。中盤に入り、庄司(3年)村前(2年)がスパイクを決め、徐々に点差を縮めていき16−16で相手に並びます。19−19の場面で野間(2年)に代え小形(3年)を入れ、20点目以降も均衡した試合展開が続きますが、23−25で第2セット目も落とします。

                            3セット目、序盤から立教のミスが続き失点が続きます。4−8でタイムアウトを取り巻き返しを図ります。6−9の場面では村前(2年)がサービスポイントをとりその後9−12で庄司(3年)がバックアタックを決めますが、相手主導の流れは変わりません。9−14で立教は2度目のタイムアウトを取ります。タイムアウト直後中村(3年)がスパイクを決めますが、相手の得点が続き迎えた終盤、17−21の場面では村前(2年)に代え三輪(3年)を入れ、その後16−20の場面で野間(2年)に代え小形(3年)を入れます。相手が24点目を迎えてから相手のミスが続き、21−24の場面では竹内(3年)がサービスポイントをとりますが、22−25で第3セット目も落とします。

                                                            

 

総括

3セットとも僅差での敗戦となりました。来週、特に青山学院戦は入替戦にむけて負けられない試合になります。

もう一度気を引き締めなおして試合に臨みたいと思います 

 

*本日ご観覧になられたOBの皆様*

 S27小池先輩、S30相亰先輩、S45松嵜先輩、S54根本先輩、

S56氏家先輩、S60鈴木先輩、H24岡田先輩、H24長谷川先輩

 

 

試合を見に来て下さったOBの皆様、ご家族の皆様の温かい御声援誠に有難うございます。

 

 

3年マネージャー  宮下 美季

HOME  RESULT