HOME  RESULT

                                                                                               

2012年度 春季リーグ 試合結果 

  星取り表はこちら    

第6日目 立教大学vs法政大学(関東学連2部2位)

試合結果:●立教大学0−3法政大学○

 1、19−25

2、23-25

 3、16−25

 

メンバー:L、庄司・清水 C、竹内・野間 S、中村・村前 リ、横山

 

                     内容: 1セット目、春季リーグも後半に入りました。序盤竹内(3年)中村(3年)がブロックを決めますが、相手のブロックや立教のサーブミスでわずかにリードを許します。中盤に入っても流れは変わるどころか点差を広げられ始めてしまいます。15−20で中村(3年)に代え三輪(3年)を、17−23の場面で野間(2年)に代え小形(3年)を入れますが、相手主導の流れはそのまま19−25で第1セット目を落とします。

                            2セット目、序盤、互いに2・3点ずつ取り合う試合展開となります。中盤、12−10から相手に4連続得点され立教はタイムアウトを取ります。タイムアウト後は清水(4年・主将)のバックアタックや相手のミスがあったものの、点差は埋まりません。15−17の場面で庄司(3年)に代え丸尾(2年)を入れた後、15−18の場面では村前(2年)のスパイクカットから清水がスパイクを決め盛り上がります。16−19では野間(2年)に代え小形(3年)を入れますが中盤からの流れは変えられません。相手が終盤に入り迎えた17−21、立教は2度目のタイムアウトを取ります。竹内(3年)三輪(3年)のスパイクで徐々に点差は埋めるものの、相手に追いつくことなく、23−25で第2セット目も落とします。

                            3セット目、出だしは均衡した試合展開になるものの、中盤にかけて徐々に点差をつけられ始めます。10−14で中村(3年)がサービスポイントを取り、このまま勢い付きたい立教ですが相手の得点が続きます。点差をつけられた12−19の場面で清水(4年・主将)に代え三輪(3年)を入れますが、相手は終盤に入ってしまいます。迎えた15−22の場面で中村(3年)に代え小形(3年)を入れますが、最後は相手にブロックを決められてしまい16−25で第3セット目も落とします

総括

今リーグは全体的にサーブが効果的であったのにも関わらず、今日の試合ではミスが目立ちました。

明日と来週の残り3戦は、入替戦回避にむけて負けられない試合が続きます。

ようご報告ができるよう精いっぱい挑みます。

 

 

*本日ご観覧になられたOBの皆様*

S30相亰先輩、S34染谷先輩、S34横田先輩、S36土屋先輩、

S40当津先輩、S54根本先輩、S60鈴木先輩、H22新妻先輩、H22榊原先輩

 

 

試合を見に来て下さったOBの皆様、ご家族の皆様の温かい御声援誠に有難うございます。

 

 

3年マネージャー  宮下 美季

HOME  RESULT