HOME  RESULT

                                                                                                                                                               

2012年度 春季リーグ 試合結果 

  星取り表はこちら    

第8日目 立教大学vs東京農業大学(関東学連2部7位)

試合結果:●立教大学2−3東京農業大学○

 1、25−13

  2、23−25

 3、25−9

  4、23−25

  5、15−17

 

メンバー:L、庄司・清水 C、竹内・野間 S、中村・村前 リ、横山

 

                     内容: 1セット目、序盤からミスがあるものの竹内(3年)がブロック、サーブと攻守にわたって得点を重ね、着実に点差を広げていきます。中盤、庄司(3年)のスパイク、野間(2年)のスパイク、ブロック、清水(4年・主将)のスパイクの連続得点によって立教の流れはさらに加速し、20−11で終盤に入ります。終盤、24−13の場面で中村(3年)に代え三輪(3年)を入れ、最後は長いラリーを野間(2年)のスパイクで制し、25−13で第1セット目を取ります。

                            2セット目、序盤相手のサーブミスが続きますが、立教も連続でサーブミスをしてしまい得点が思うように伸ばせない展開が続きます。中盤に入ってから竹内(3年)がスパイクを決め攻めるものの、相手にリードを許し始めてしまいます。流れを変えたい立教は12−17の場面で中村(3年)に代え三輪(3年)、14−18の場面で野間(2年)に代え小形(3年)を入れます。終盤に入り、村前(2年)庄司(3年)がスパイクを決めますが、最後は相手にスパイクを決められてしまい23−25で第2セット目を落とします。

                            3セット目、相手のミスが続きますが、立教は相手につられミスをすることなく得点を重ねていきます。序盤、5−2の場面では中村(3年)がサービスポイントを取り流れは加勢していきます。中盤に入っても流れは変わらずさらに点差を広げ、20−8で終盤に入ります。最後23−9から中村(3年)が二連続でサーブを決め25−9で第3セット目を取ります。

                            4セット目、序盤から庄司(3年)がスパイク、ブロックを決め得点を重ねるものの、点差は広がらず均衡した試合展開が続きます。中盤にはいっても流れは変わらず、18−18で中村(3年)に代え三輪(3年)を、19−19の場面で庄司(3年)に代え丸尾(2年)を、20−21の場面で野間(2年)に代え小形(3年)を入れます。終盤に入っても清水(4年・主将)のスパイクや中村(3年)のサーブが決まりますが、最後は23−25で第4セット目を落とします。

                            5セット目、相手の連続ミスで得点し、立教は若干の点差をつけます。途中8−8の場面で中村(3年)に代え三輪(3年)を入れ、中盤に入ります。中盤清水(4年・主将)のスパイク、ブロック、野間(2年)のブロックが連続で決まりデュースにまでもつれ込みますが、最後は相手にブロックを決められてしまい15−17で第5セット目を落としてしまいます。

 

総括

先週の青山学院戦に引き続きフルセット、デュース負けとなってしまいました。

春季リーグ戦も明日の日本大学戦1戦を残すのみとなりました。

最後の1戦、白星を飾れるように全力で頑張ります。

 

*本日ご観覧になられたOBの皆様*

S30相亰先輩、S36土屋先輩、S40毛利先輩、S54根本先輩

S56氏家先輩、H22枡先輩、H22秋山先輩、H23大井先輩

 

 

試合を見に来て下さったOBの皆様、ご家族の皆様の温かい御声援誠に有難うございます。

 

 

3年マネージャー  宮下 美季

HOME  RESULT