HOME  RESULT

                                                                                                                                           

2012年度 春季リーグ 試合結果 

  

入替戦  立教大学vs亜細亜大学(関東学連3部1位)

試合結果:●立教大学1−3亜細亜大学○

 1、25−21

  2、17−25

 3、24−26

  4、15−25

 

 

 

メンバー:L、庄司・清水 C、竹内・野間 S、中村・村前 リ、横山

 

                     内容: 1セット目、相手のサーブミスから始まった第1セット。序盤から清水(4年・主将)がサービスエースを2本決めるなど5連続得点し試合の主導権を握ります。中盤にかけて相手に連続でサーブを決められてしまい、11−11と並んでしまいます。竹内(3年)庄司(3年)のスパイクで再び主導権を握り始め、終盤を迎えます。22−19の場面で野間(2年)に代え小形(3年)をいれます。最後は清水(4年・主将)が連続でスパイクを決め25−21で第1セット目を取ります。

                            2セット目、立ち上がりから中村(3年)のブロックや竹内(3年)のサーブが決まりますが、均衡した試合展開のまま中盤に入ります。中盤、相手の5連続得点によって点差をつけられた立教はタイムアウトを取りますがそのまま終盤を迎えます。最後は相手の得点によって17−25で第2セット目を落とします。

 

                            3セット目、序盤中村(3年)清水(4年・主将)竹内(3年)で4本連続のブロックを決め相手を引き離しますが、ミスが続き相手に迫られてしまいます。中盤にかけて一進一退の展開が続きますが、野間(2年)中村(3年)、清水(4年・主将)と連続でスパイクが決まり再び流れを取り戻します。点差をつけて迎えた終盤。相手のブロックに阻まれ失点した立教は、タイムアウトを取りますが流れを取り戻せず、24−22の場面で野間(2年)に代え小形(3年)を入れますが、

24−26で第3セット目を落とします

 

                            4セット目、後がなくなった4セット目。出だしこそ均衡した試合展開になったものの、序盤から相手に試合の主導権を握られてしまいます。中盤に入ってからも連続失点によって、点差を縮めるどころかさらに点差を広げられてしまいます。

14−22の場面で野間(2年)に代え小形(3年)を入れます。最後は相手のサーブが決まり15−25で第4セット目を落とします。

 

                            

 

総括

敗戦という結果になってしまいましたが、3セット目の序盤の

ブロックポイントなどよかった場面も多々見受けられました。

 

本日の敗戦をもって降格し、来秋のリーグ戦は3部で戦うことになりました。

自分達のミスをなくし、再び2部リーグで戦うことができるように練習に励んで参ります。

 

 

*本日ご観覧になられたOBの皆様*

S27小池先輩、S30相亰先輩、S34染谷先輩、S36土屋先輩、S40当津先輩、S45松嵜先輩、S55 半藤先輩、S54根本先輩

S56氏家先輩、S60関根先輩、S10 伊藤先輩、H24大井先輩、H24大峰先輩、H24山本先輩、H24長谷川先輩

 

 

試合を見に来て下さったOBの皆様、ご家族の皆様の温かい御声援誠に有難うございます。

 

 

3年マネージャー  宮下 美季

HOME  RESULT