HOME  RESULT

                                                                                               

2012年度 第31回東日本バレーボール選手権大会 試合結果 

  

第2回戦  立教大学vs明治大学(関東学連1部5位)

試合結果:●立教大学0−3明治大学●

 1、18−25

  2、17−25

 3、16−25

 

 

 

メンバー:L、庄司・三輪 C、竹内・野間 S、中村・村前 リ、横山

 

                     内容: 1セット目、村前(2年)が連続でスパイクを決めるなど、1部の明治相手に均衡した試合の立ち上がりとなります。しかし中盤を前に連続得点され、一気に6点差まで引き離されてしまいます。中盤に入り三輪(3年)のスパイクなどによって点差を縮め始めますが、明治の攻撃によって再び引き離されてしまいます。14−21の場面で中村(3年)に代え清水(4年・主将)を入れ、17−24の場面で野間(2年)に代え小形(3年)を入れますが、最後は立教のミスによって失点し17−25で第1セット目を落とします。

                            2セット目、序盤、相手のブロックに止められ思うように攻撃できない苦しい展開が続きます。6−12の場面で中村(3年)に代え清水(4年・主将)を入れます。相手が中盤に入り点差を縮めたい立教ですが、サーブミスが続き点差は縮まりません。15−20の場面で庄司(3年)に代え小形(3年)を入れます。最後は立教のサーブミスによって18−25で第2セット目も落とします。

                            3セット目、序盤から相手の連続得点によって点差が開いた状態が続きます。5−9の場面で中村(3年)に代え清水(4年・主将)を入れます。中盤、清水(4年・主将)がスパイク、ブロックと連続で決めた後、15−20の場面で野間(2年)に代え小形(3年)を入れた直後、小形(3年)がサーブを決めますが、スパイクミスが続き16−25で第3セット目も落とします                      

 

                            

 

総括

敗戦という結果になってしまいましたが、新しいメンバー編成で

格上の相手と戦え、自らの今後の課題が見つけられたと思います。

 

秋リーグに向け、夏休みの練習に励んでいきたいと思います。

 

 

*本日ご観覧になられたOBの皆様*

S55石井先輩

 

 

試合を見に来て下さったOBの皆様、ご家族の皆様の温かい御声援誠に有難うございます。

 

 

3年マネージャー  宮下 美季

HOME  RESULT