トップページ>ルール

ルール

photo_billiard

基本ルール

日本ビリヤード協会(NBA) ポケットビリヤード競技規定に準じています

1番から15番のボールと手玉を使用します。どの番号の的球を狙ってもよく、全てのショットをコール(何番をどのポケットに入れるか、またはセーフティ)してショットする。ボールの番号に関係なく1個1点で得点され、あらかじめ決められた点数に達したプレイヤーが勝者となる。

オープニングラック

14.1では、2ラック目以降もゲームが途切れることなく、ラックの形が変わって継続することになるため、ゲーム最初のラックはオープニングラックと呼ばれる。ラックの頂点となるフットスポットに15番ボールを置いて三角形にラックする。5列目となる一番下辺の両端に1番と5番を配置(左右は任意)。その他のボールは任意。2ラック目からは15個の的球のうち1個を残した状態で14個のボールをフットスポットの位置の球が無い台形の状態で番号に関係なくラックします。

オープニングブレイク

上記と同様の理由によりゲームの最初のブレイクをオープニングブレイクと呼ぶ。バンキングをしてゲームの先攻後攻を決めます。9ボールなどではバンキング勝者がブレイクをしてゲームがスタートしますが、14.1では最初から全てコールショットとなるためブレイクで指定したポケットに指定したボールを落とすことが困難です。そのため、バンキングの勝者は後攻を選択し、先攻プレーヤーは相手にショットを残さないように「セーフティコール」でブレイクするのが一般的です。またオープニングブレイク時には14.1ならではの条件として、コールした的球をポケットするか、手玉をいずれかのボールに当てて、手玉と2個以上のボールをクッションに入れなくては正常なブレイクとはみなされません。その場合後攻のプレーヤーは(a)現状プレーか(b)ラックを組みなおして再度オープニングブレイクをさせる。のいずれかを選択できます。この時先攻のプレーヤーは、(a)を選択した場合には1点(b)を選択した場合には2点が減点されます。さらに正常なオープニングブレイクができなかった場合は、また選択権が与えられ何度も継続させることができます。 ※これはファールでは無いので3回やり直しとなっても、後で出てくる3ファールの15点減点は適用されません。オープニングブレイク参照

コールショット

1、通常のコール:シュートするボールとポケットを指定してコールする。コールした的球が指定のポケットに入れば、その時同時にポケットされた他の的球も得点として認められます。また「ジェントルマンズコール」といって直接のシュートで明らかに入れる的球とポケットが明白な場合はコールしなくてもよい場合がありますが、試合などの時は主催者に確認してプレーしてください。2、セーフティコール:ポケットする意思の無い場合にコールする。この場合、ショット後にプレー権は相手に移る。この時にポケットされた的球はフットスポットに戻されます。

ファール

通常のポケットゲームと同じファールが適用され−1点となりますが、手玉のスクラッチと場外以外は手玉現状でのプレーとなります。

手玉スクラッチと場外の時はキッチンからのフリーボールとなり、キッチン外の的球しか狙うことができません。キッチン内のボールをコールする場合は、的球に当たる前に手玉を一度ヘッドラインを通過させなければならない。すべての的球がキッチン内にある場合は、ヘッドラインに一番近い的球をフットスポットに移動することができます。

的球場外はファールとなり、フットスポットに戻します。

ファールプレイを3回連続ですると−15点となり(合計−18点)、相手プレーヤーは(a)現状プレー(b)ラックを組みなおして、オープニングブレイクをさせる。のいずれかを選択できます。

スコア

1個1点で計算し、あらかじめ設定した点数に達したプレイヤーが勝者となります。ゲーム中はスコアシートを使ってスコアを記入します。詳細はスコア参照してください。

ラックの妨害

14個をポケットし、15個目のボールもしくは手玉がラックを妨害しているときには、ボールの処理があります。詳細はラックの妨害参照してください。

ハンデ

上がり点数に差をつけてハンデを振ります。(例)A級75点対B級50点

ハンデについての提案

上がり点数で細かくハンデが振れるのが14.1のいいところですが、初めての人がやる時やブレイク時にうまくいかずにグダグダになって楽しさ半減してしまうのであればゲーム中のブレイク時に手玉のみや手玉とブレイクボールをフリーにするハンデはどうでしょうか?(ホームであるRUNCH BERNARDのマスターてっちゃん発案)

僕はそれにプラスして,ビギナーはブレイクエリアと言わずスクラッチは回数を決めてフリーボールにする(センターラインや3ポイントラインよりヘッド側なども可)

また上級者との対戦では,チョン撞きセーフティ縛りの上級者のノークッションファール時に手玉ブレイクエリア(もしくは限定なしフリー)などのローカルハンデを作って楽しむのもいいのではと思っています。

これはナインボールでも下級者とやる時などに8番などの他の玉をハンデで振ったり、下級者・ネオナインルール 対 上級者・ノーマルナインルールのように慣れない人やレベルに合わせて点数以外のハンデを作って、より多くの人に14.1を楽しんでいただくための提案です。公式戦などの試合では適用されません。

ご意見・アドバイス・質問がありましたら掲示板への書き込みをよろしくお願いします。