Established on 2006/06/15

Last updated on 2017/09/14

 酪農学園大学 大学院酪農学研究科 食品栄養科学専攻 健康栄養学

 酪農学園大学 農食環境学群 食と健康学類

 

食・健康スポーツ科学研究室

 

 札幌の天気予報
-
天気予報コム-

 

 Laboratory of Food Ecology and Sports Science 

                                       

Graduate School of Dairy Science, Food and Nutrition Science, Health and Nutrition

Department of Food Science and Human Wellness, College of Agriculture, Food and Environment Science

Rakuno Gakuen University

  

 

Contents

 

 

 

 

教員紹介

 

メンバー

 

写真館1

('06-'08)

 

写真館2

('09-'11)

 

掲示板

(ほぼ不使用)

 

リンク

 

English

 2017/10/15

 2017/09/16-18

 2017/09/03

 2017/08/18-20

 2017/08/01

 2017/07/22-23

 2017/07/15

 2017/07/08

 2017/06/17

 2017/05/17

 2017/04/21

 2017/04/17

 2017/03/17

 2017/02/24

 2017/02/16

 2017/01/24

 2016/12/02

 2016/11/24

 

 2016/11/19-20

 

 2016/11/13

 2016/11/12

 2016/10-28,11/04

 

 2016/10/21

 山口は本学の市民公開講座楽しくスポーツ・健康講座を担当します

 山口と大学院生の東郷くんが第72回日本体力医学会大会で発表します

 山口は本学の市民公開講座「楽しくスポーツ・健康講座」を担当しました

 研究室のメンバーは日本スポーツ栄養学会第4回大会に参加し、大学院生の東郷くんと保科くんがで発表しました

 大学院生の東郷くんが2年連続で公益財団法人酪農学園後援会より助成金をいただきました

 研究室のメンバーはオープンキャンパスイベント管理栄養士コースを1日で知っちゃおう1日目2日目」に協力しました

 山口は夢ナビライブ2017名古屋で講演を行いました (講演動画

 山口は美唄サテライトキャンパスにて講演を行いました

 研究室のメンバーはオープンキャンパスのイベント管理栄養士コースの強みを教えます」に協力しました

 研究室のメンバーが酪農大生チャレンジプロジェクト2017「酪農アスリートめしプロジェクト」で採択されました

 山口も分担執筆させていただいた著書「もっとなっとく使えるスポーツサイエンス」が出版されました

 大学院修士課程1名および3年生6名が研究室に入りました

 4年生4名が卒業しました

 3年生の宮武さんと八田さんが冬季アジア札幌大会の選手宿舎で筋肉焼売を提供しました

 研究室のメンバーは「酪農アスリート弁当プロジェクト」にかかわる部活動の学生対象の調理実習を開催しました

 4年生の佐藤さん,渡邊さんが卒論発表を行いました
 山口および大学院生の平間さんが
ICST(国際ストレングストレーニング学会)2016で発表をしました

 山口は北海道高等学校体育連盟「平成28年度研究部会」で「競技力向上を目指したコンディショニング」に関する講演を担当させていただきました

 研究室のメンバーが運営を担当した北海道体育学会第56回大会を本学で開催し,大学院生の東郷くんと4年生の佐藤さんが学会発表をし,学生が酪農アスリート弁当プロジェクトで考案した弁当を参加者に提供しました

 研究室のメンバーが応募したHOTもっと北海道レシピコンクールで「筋肉焼売」が審査員特別賞を受賞しました

 山口はJATI北海道支部第33回ワークショップで「ウォームアップ戦略の再確認」に関する講演を担当させていただきました

 山口は岩見沢市体育協会スポーツ指導者講習会で「ストレッチングについて知っておきたいこと」に関する講演を担当させていただきました

 研究室のメンバーが酪農大生チャレンジプロジェクト2016「酪農アスリート弁当プロジェクト」で採択されました

 

 

★大学院生さんの募集★

 

 2013年4月より大学院生(修士課程),2014年4月より大学院生(博士課程)を指導させていただけるようになりました.自然豊かで広大なキャンパスを持つ酪農学園大学でストレッチングをはじめとするトレーニング科学やコンディショニング科学,健康栄養学やスポーツ栄養学について一緒に学びませんか?ご興味のある方の進学のご相談ならびにお問い合わせをお待ちいたしております.

 

今興味を持って実施している研究内容

・ストレッチングとパフォーマンス(瞬発力・持久力) <関連文献> <講演動画

・ストレッチングが健康の保持増進に及ぼす影響 <関連文献>

・ウエアの違いが運動時脂肪利用量に及ぼす影響

・運動前・中の栄養が運動パフォーマンスや脂肪利用量に及ぼす影響

・運動後の栄養がリカバリーに及ぼす影響

 

利用できる測定機器

ジャンプ高測定マットスイッチ(マルチジャンプテスタ),タイム測定光電管,呼気ガス分析装置(VO2000),体温温度計(LT-8),自律神経測定器(マインドビューワ),体組成測定器(インボディ230),骨密度測定器(A-1000 EXP供法つ恐伺犯藥藐筋厚測定器(ボディメトリクス),自転車エルゴメータ(ワットバイク,パワーマックスV供法ざ敕顛沺S&ME社製),2次元動作解析システム(フレームディアス検法つ恐伺Bモード画像診断装置(コニカミノルタ社製)

 

酪農学園大学大学院HP E-mail: taichi@rakuno.ac.jp 

 

Copyright (C) 2006-2017 Laboratory of Food Ecology and Sports Science

All rights reserved.

 

〒069-8501 北海道江別市文京台緑町582番地C3号館4F Tel&FAX 011-388-4914

管理者: 山口太一 E-mail:taichi@rakuno.ac.jp