上江別ドッジボールクラブ スーパーダイヤモンズ



かわら版 (取材記事)
image

管理人(春親父)が取材した記事等を掲載しています。

    御覧になりたい月をクリックして下さい。
04.gif(34414 byte)
◆第11回Wリーグ◆  2018年2月18日(日)

 さて、Wリーグも今日が最終戦となりました。メンバーのうちショウとショウウンが休んでいたので2年生の2人を入れて13名のメンバーで戦っていました。 12試合中10試合までは今日人数がいない北郷さんを除いては勝ちがない状態でしたが、11試合目の神風さんとの試合で2年生のアオイが2本のキャッチを決めます。
 これには上級生も尻に火がついたとみえて残りの時間をふんばりました。スコアは9-8で1点のリード。 そして終了間際にサトルが外野からアタックを決めて10-7で勝利しました。相手は先週の道央地区大会で準優勝した神風クレインズ。 来週はここにショウとショウウンが加わるのですから、期待していますよ。
 今年も11回に渡りWリーグを開催してくださった元江別レッド・ソルジャーの皆様、本当にお世話になりました。 来週の北海道大会、お互いに頑張りましょう!

◆北海道選手権-道央大会◆  2018年2月11日(日)

プロのカメラマンにポーズをつけてもらいました。 「チームのあゆみ」の写真が新しくなりましたよ。

対雁さんとの10人対10人の試合は熊谷監督の機転で実現した試合です。

ベルファスト戦。スーパーダイヤモンズとしては許せない負け方でしょう。

今日もリトル・ソニックさんは頑張りましたが、準決勝でやられてしまいました。
 さあ、いろいろあったのですが全部飛ばして今日は道央地区大会です。 ダイヤモンズは攻撃のメインエンジンが使えなくなってしまったため予定は大きく狂ってしまいましたが、 なんとか4試合を戦いました。

 パスカウントが4で、そのことをリュウノスケが大きな声で伝えているのに下がらないでやられるのを見ていると、 みんな勝つ気がないんだなと思えてしまう、と監督に言われていました。私もそう思います。

 五十嵐コーチは、ダイヤモンズのユニフォームを着た選手が逃げながら当てられるのを見ているととにかく情けないと言っていましたね。 私もそう思います。

 とにかく来週のWリーグ、そして25日の北海道大会しかないわけですから、 まずは24日の土曜日には100%の力を出せるように体の調子を整えてください。 ほんとうは今日だって全員100%でなければならなかったのですが、残念ながら全員がそろうことはできませんでした。 6年のサトルにとっては最後の大会、最後のドッジボールなのです。本気で気をつけてくださいね。

◆土曜練習◆  2018年2月10日(土)

いよいよ明日は道央地区大会。頑張ってね!

監督はユニフォームを渡しながら一人一人に声をかけていました。
 先週の練習から1週間がたちました。子供達の体調もよくなって明日の道央地区予選は何とかギリギリで12人そろいそうです。 ギリギリっていうけど、12人いれば全国大会にだって行けるんです。(ねっ、13期の先輩方!) だから何も恐れることはありません。明日は仲間を信じて力一杯戦い抜きましょう。

◆土曜練習◆  2018年2月3日(土)
 今日の練習は、インフルエンザの子や体調が悪い子が多すぎて途中で中止になってしまったそうです。 2月11日(日)の道央地区大会には全員体調を万全にして参加できるように、あらゆる手を打ちましょう。


Copyright 2018 Super Diamonds image