上江別ドッジボールクラブ スーパーダイヤモンズ



かわら版 (取材記事)
image

管理人(春親父)が取材した記事等を掲載しています。
どうぞよろしくお願い致します。

    御覧になりたい月をクリックして下さい。
04.gif(34414 byte)

◆ドッジボールフェスティバル◆  2017年4月30日(日)

ボール投げのきょりを競争するゲーム。高学年のトップクラスで20mぐらいでした。

ボールのスピードの競争。いちばん速かったのはドッジボールマンの82km。

マトに当てるゲーム。ひとつだけ「千点」のマトをドッジボールマンが持っています。

最後はみんなでドッジボール。ただし団員の子は利き手は使用禁止です。
 今日は風のつよい日でしたが、体育館でやるドッジボールフェスティバルには風は関係ありません。 全部で10人以上の子が来てくれて午後1時から2時間、いろんなゲームをしてすごしました。 ドッジボールは女の子も一緒にできるスポーツなのでぜひ女の子も入ってくれるといいですね。
 団員の子も遠投やスピードガンでは本気で投げていましたが、記録はどうだったかな? 遠投で壁に当てた(25m)のが1人だけだったのは少しさびしいかも。 あ、それから今年も「ドッジボールマン」が来てくれて、スピードガンではなんと82kmの球を見せてくれました。 さて、しばらくダイヤモンズの練習はお休みになりますが、休みの間もボールを投げる自主トレーニングをしてみてはいかがでしょうか。 壁あてのできる「壁」もなかなかないようですが、地面で「床打ち」をするのもいいかも知れません。

◆土曜練習◆  2017年4月22日(土)

OBが相手だとボールを拾いに行く時間が少なくてすむのでより充実したパス練習ができます。
 今日は6℃でみぞれ混じりの雨が降るくらい寒かったですが、 体育館ではラインタッチなどのランニングを中心としたトレーニングでみんな汗だくで頑張っていました。
 今日もOBが大勢来てくれたのでパス練習の時には監督が一人一人の練習相手を選び、 小学生から中学生に練習相手をお願いする形で練習していました。 相手が中3になると体育館のタテの端から端までライナーのパスが飛んでくるのでキャッチも大変ですが、頑張ってついていきましょう。

 「活動予定」のページがうまく表示されずに御不便をおかけしていましたが、 ページを根本から作り直して活動予定が復活しました。お世話になった福士様、ありがとうございました。

◆日曜練習◆  2017年4月16日(日)

ステップの練習ではスチールパイプ製のミニハードルが活躍します。

久しぶりにスピードガンで投球のスピードの測定をしました。

OBチームとの試合で、ムネマサが難しい高さの球をナイスキャッチ!

このレフリーフラッグは17期の卒団生が記念に寄贈してくれたもの。ステキですね。
 今日の気温は15℃どまりでしたが、ほとんどの子はTシャツ1枚だけで練習していました。 屋外でのランニング、体育館でのステップアップのあと床打ち、5mパス,10mパスで肩がなれたところでスピードガン測定をやりました。 今までの記録と比べてスピードが大きく伸びた子は残念ながらいません。(今日の記録は大会予定・結果のページの下のほうにあります) こればっかりは週2,3回の練習だけで記録を伸ばすのはむずかしいので、アタッカーを目指すなら普段から自主練習が必要だと思います。 61kmが最高ではドッジボールチームとしては物足りないので誰かまずは65km超えをねらってください。期待しています。

◆土曜練習◆  2017年4月15日(土)

今年度最初の資源回収。また1年、どうぞ宜しくお願いします。

ボールを真下に投げつける動き。ボールを投げる力をつけるにはもってこいの練習です。

中学生になったコウがアタック練習のパス出しをしてくれました。 OBのみんな、ありがとうね。

監督からねらいどころは聞いているのですが、なかなかそこにいきません。 繰り返し、練習あるのみですよ。
 昼間は18℃まで気温があがり、春はすぐそこにきている感じの1日、 今日の練習は16:00から20:30まで投げる練習を中心にみっちり行いました。 5年生の手の大きさがあれば3号のボールはしっかりコントロールできるはずなので、 ボールがどこに飛んでいくかしっかり意識して練習しましょう。

◆日曜練習◆  2017年4月9日(日)

今日はシュウがお休みで10名。ハクトは2年生で公式大会に出場できないので夏の北海道大会に出るにはあと2名必要です。 メンバー募集、みんなの力を合わせて頑張りましょう!
 上江別小の体育館が入学式の関係で使えないため、今日はアサヒビールの体育館をお借りしての練習です。 監督がアサヒビールに勤めているおかげで今年も社員用の体育館をお借りすることができます。ありがたいですね。
 ダイヤモンズはついこの間まで攻撃を6年生にたよりきっていたので「投げる」「捕る」のうち「投げる」が弱点となっています。 監督の方針として春は練習試合よりも投げる練習に全力をあげるということなので、投げて投げて投げまくりましょう。 まだ投球フォームがきちんとしていない子が多い(ていうか、全員かな)ので1人1人コーチの言うことをよく聞いて基本をしっかりと身につけましょう。


Copyright 2017 Super Diamonds image