上江別ドッジボールクラブ スーパーダイヤモンズ



かわら版 (取材記事)
image

管理人(春親父)が取材した記事等を掲載しています。

    御覧になりたい月をクリックして下さい。
04.gif(34414 byte)

◆ベルさんと合同練習 at 南幌ぽろろ◆  2017年10月29日(日)

このトレーニングにはアザラシ、クマ、アヒル、…と名前がついていました。

ダンスではなく、リズムのあるトレーニングです。なかなかキツそうかな?

谷内監督から「盛り上がる」ことについてお話がありました。リーダーは誰でしょうか。

アタッカーとレシーバーの戦いに最後のアオのキャッチで勝利したところです。
 今日は南幌町生涯学習センター「ぽろろ」(旧南幌小学校)でベルファストさんが練習しているところへおじゃまして合同練習をさせていただきました。 ベルファストさんの基礎トレーニングを一緒にやりましたがみんなけっこうキツそうでしたね。
 ボールを使った練習でベルさんとダイヤモンズがアタッカーとレシーバーに分かれて練習する場面があったのですが、 ダイヤモンズのレシーバーがせっかくいいキャッチをしても他のメンバーが何も言わずにボールを返しているので、 谷内監督から「そこは盛り上がらなくちゃダメ」ということを言われていました。 池田監督からもいつも言われていることですよね。「盛り上がる」ためには誰かがリーダーになって声をださなければなりません。 そのリーダーというのはキャプテンとはかぎらないのです。でもとても大事な役。今年のリーダーは誰がやるのかな?

◆火曜練習 at 三中◆  2017年10月24日(日)

あの鉄の扉の向こうからみんなの元気な声が聞こえるのですが、 体育館に入れない(と思ってただけだったのですが)

ムネマサママさんに扉をあけてもらった時には、みんなすでにクールダウンのストレッチをしていました。
 どこの学校も学芸会の関係で練習場所には苦労する時期、ダイヤモンズもテンファストさんの練習場所である三中におじゃましての練習です。 私も何度か来たことのある三中ですが体育館に入ろうとしたらドアが開かないのです。てっきり用心のためにカギがかかっていると思いチームの人に連絡をしてみたのですが、 あいにく電話のそばにいないとみえて連絡がつきません。まあ、そのうち誰かトイレにいく時に見つけてくれるだろう、とおもっていたらこういう時に限って誰も出てこない。 そうこうするうちに迎えに来たショウウンのお母さんがムネマサママに電話してくれてやっとドアを開けてもらったのですが、なんと! カギがかかっていたのではなく、「かなり開きづらい」だけでした。というわけで今日は練習風景は撮れませんでしたが、みんな大きな声を出していたことは間違いないです。 今週は土曜日が対雁小で対雁さんと、日曜日は南幌の役場の隣りの「ぽろろ」でベルさんといっしょに練習です。 両チームの皆さん、どうぞよろしくおねがいします。

◆江別秋季大会◆  2017年10月15日(日)

人数では他のチームにひけをとらなくなりました。(実はこれが一番大切なことなのです。)

サトルはしっかりと目を開けて最後までボールを見てキャッチしています。 体の正面でキャッチしようとしているのがわかるかな?

ころんでしまった新入団のショウウンに容赦ないアタックが飛んできましたが、 ショウウンはこれをキャッチしました。まさにナイスキャッチ!
 今日は江別の秋季大会。対雁小学校で行われました。 ダイヤモンズだけジュニアチームがないので午前中ハクトとアオイはリトル・ソニックさんのお世話になりました。 ソニックの皆様、ありがとうございます。
 午後からは少年団の部ということで今日は配られたパンフレットのメンバー全員である14人で参加しました。 ベンチで記録をつけている坂本さんによると、最後の試合で攻撃陣は10本のアタックを打って1本も決められなかったそうです。 監督は言っていましたね。10本打ったからわかることがあると。すなわち、今のままの攻撃ではアウトがとれないということです。 アウトがとれるようにするにはもっと速い球が欲しいのはいうまでもありませんが、スピードだけではライバルに追いつけません。 でもコースだとかタイミングだとかチームプレーでアウトをかせぐ方法もあるのです。 これからの練習の中でテンファストのアタッカーである池田監督が生きたアタックのコツを教えてくれることもあるでしょう。 その時は忘れずにしっかりとアタックのコツを盗んでくださいね。

◆NEWフレンドリーカップ2017◆  2017年10月8日(日)

これは昨日の資源回収。新しいテレビ、いいなー。

ハクトとアオイは今日もリトルソニックでスズカ監督のお世話になりました。

 ドッジボールの写真を撮ってるから目をつぶる子が多いことはわかっているけど、今のダイヤモンズは目をつぶる子が多すぎです 。しかもベテランの子も混ざっているし。目をつぶらないようになるには、ボールを最後までしっかり見ること。それにつきます。 (目をつぶってない写真はフォトコーナーにありますよ)
 今日はジョイフルパイレーツさん主催のNEWフレンドリーカップ。今年は野幌が会場だったので大人としてはラクだったけど、 子供としてはきたえーるで試合をしてみたかったかもしれませんね。
 今日はリンタロウが欠席で3年生以上は11人だったのですが、 「ダイヤモンズはD-1で戦う」というみんなの意思が確認できたのでさっそく監督から厳しい指示がありました。 それは「昨日の最後の練習で抜けていた選手は試合には出さない」というものです。 そもそも前日の練習は明日の試合を想定して行うわけですから、あたりまえのことですね。 ただそれをやることでメンバーが9人とかになってしまいましたが、監督は意思を通しました。 D-1に出るからにはいろいろと厳しくなっていくとおもいますが、自分たちで選んだ道なのですからしっかりついていってください。
 今日は最後の試合、ムネマサが頑張っていましたね。パスカットにアタック。何度「ムネマサ、ナイス!」と叫んだでしょう。 その活躍ぶりはビデオでご覧ください。 結果は5戦5敗でしたが、楽しみなところもたくさん見せてくれました。今まで勝てなかったチームから勝ちをもぎとる日がきっと来ると信じています。 今年もすばらしい大会を開いてくださったジョイフルパイレーツの皆様、そして北海道ドッジボール協会の皆様、本当にありがとうございました。

◆第7回Wリーグ◆  2017年10月1日(日)

1試合に何度もキャッチを決めるハクトは、がぜん注目のマトでした。
 今日は札幌の元町小学校へ行って第7回のWリーグ、6チームのリーグ戦を2回り、計10試合を行いました。 「行いました」と書いたのは見たままの印象です。スコアを見る限りでは勝てた試合があったはずですが、盛り上がりに欠けた、という感じでした。
 SHINANOの梅川監督に「あの子はスーパー2年生だね!」と言われたハクト。みんなもハクトに負けないように頑張りましょう。


Copyright 2017 Super Diamonds image