上江別ドッジボールクラブ スーパーダイヤモンズ



かわら版 (取材記事)
image

管理人(春親父)が取材した記事等を掲載しています。

    御覧になりたい月をクリックして下さい。
04.gif(34414 byte)


◆クリスマス会 at 対雁小◆  2017年12月23日(日)

ブラックサンタの正体は対雁の熊谷(くまがい)監督です。ありがとうございます!

熊谷監督お手製の飾りつけ。こういうときの台はやっぱり「イチムラ」の机ですね。

降ってきたお菓子をたくさん集めて記念写真。大きな写真はフォトコーナーでね。

お母さん方もプレゼントにむかってヨーイ・ドン!

チームのメンバーと関係者での全員ドッジ。おしくも2位でした。

参加者全員でのジャンケン大会の頂点にたったのはなんとムネマサでした。
 対雁バルタンズブルーウイングの熊谷監督からお誘いがありクリスマス会に行ってきました。 対雁、スーパーの他にはシナノさんと神風さんが来てくれました。 子供達ももちろんですが、お母さん、お父さん達も楽しめるプログラムとなっていてみんなで楽しめる楽しいクリスマス会になりました。
 今年のダイヤモンズの活動は今日でおしまいです。来年まで楽しい冬休みですが、 ずーっと何もしないでいると体が動かなくなってしまいます。雪が降った時は積極的に雪かきをして体を動かすようにしましょう。 それではみなさん、どうぞよいお年をお迎えください。

◆日曜練習◆  2017年12月17日(日)

はちまきにチーム名を染めているところ。「青に白」ではなくて「青に銀」なんですね。

2年生のハクトとアオイにはOBがつきっきりで練習をみてくれました。

五十嵐コーチはキャッチの基本を何度でも教えてくれます。だけど何度でも、といっても限度があるからね。

額に光る汗。吹雪の中、汗をかくほど練習したことが君の財産になっていきます。
 今日は日曜練習。練習の時間を使ってお母さん方がチームのはちまきをあたらしく作ってくれました。 青色に縫いあげたはちまきに銀の染料で文字をかくのですが、これが一度ではダメで何度もなぞってやらないと目立つ文字になりません。 練習が終わるころにはくっきりとしたダイヤモンズが出来上がりましたよ。
 昨日、今日と江別は軽い吹雪に見舞われました。吹雪がやんだあとは「あれ」ですね。今日監督にいわれていたやつ。 体を作りながら家のために役にたつのが雪かきです。冬の間、頑張りましょう。

◆第9回Wリーグ◆  2017年12月10日(日)

みんなが目を開けてボールを見ている写真が多くなってきました。初めて間もない人も頑張ろう!
 今日のWリーグはいつもと違う雰囲気の中で戦うことになりました。 というのは、自力で頑張ったからではないのですが「Aリーグ」に参加したからなのです。 おまけに、たのみの綱であるサトルがカゼにやられてしまいキャプテン抜きで上位チームに立ち向かわなければならない状況でした。
 しかしそんな状況の中でダイヤモンズは頑張りました、という記事を書きたいと思って会場に行きましたが、 残念ながら勝ち試合は「ゼロ」。もちろんナイスプレーもあったのですが、 それ以上に今日は基本的なことができていない場面が多かったようです。 今日この会場に来ているチームでいまだに「声がでていない」などということで怒られているチームはダイヤモンズの他にいないと監督が言っていました。 大会は年内は今日でおしまいですが、年明け1月には毎週のように大会があるのでもう同じことで叱られないように。 監督は「次は大会を辞退してその場で帰る」といっていましたからね。

◆土曜練習◆  2017年12月9日(土)

中1のアサト、ユウト、ルイが練習のお手伝いに来てくれました。ありがとう!

今日の資源回収。余っている自転車がある人はどうぞ協力お願い致します。
 ここ1週間で町はすっかり冬景色になりました。今日体育館に入った時は監督がまだ仕事で来ていない時でしたが、 みんなの声の出し方がすっかり変わっていたのにはびっくりしました。大きな声が出ているだけでなく、 絶えず誰かがみんなを元気づけるような声を出していたのです。これは「いいね!」ですね。
 忙しい仕事を終わらせた監督が来てからも、試合を想定した練習が続いていましたが、 うちのチームの欠点として「パスのコースが低い」ということを言われていましたね。 特にアタックを打って欲しい場面でのパスが低いとアタッカーはいいアタックを打つことができません。 明日のWリーグでは「アタックが打ちやすい高さのパス」を意識して投げるようにしましょう。


Copyright 2017 Super Diamonds image