上江別ドッジボールクラブ スーパーダイヤモンズ



かわら版 (取材記事)
image

管理人(春親父)が取材した記事等を掲載しています。

    御覧になりたい月をクリックして下さい。
04.gif(34414 byte)

◆日曜練習◆  2018年6月24日(日)

3年生のアオイ。写真は2投目の58kmですが、1投目には59kmを出しました。
 今日は少し雨模様だったので室内ランニングで練習がはじまりました。 体力トレーニング、パス練習のあと木村コーチがスピードガンでみんなの投球スピードを測ってくれました。 前回は1月6日ですから今の学年になってからは初めてになります。
 前回から2kmアップで合格点ということだったけど、君はどうだったかな? 結果は大会予定・結果のコーナーにあります。

◆土曜練習◆  2018年6月23日(土)

新入団の低学年の子にキャプテンが付き添ってトレーニングしていました。

パス練習の最中に監督からダメ出しが入ります。

最後の試合は6年対5年以下ということでかなり盛り上がっていました。

6年チームとしては負けで終わらせる訳にはいかなかったのでもう1試合やることに。
 夏の北海道大会まで残り1ケ月をきりました。ランニング、体力トレーニング、パス練習へと進んだとき監督からダメ出しが入ります。 「試合で投げる速さで練習しなかればダメ。試合でやらないようなことを練習しているんじゃ意味がない」 たとえパス練習がスムーズに進んでも、試合では投げないようなパスを練習してもムダだということです。常に試合を意識した練習をしましょう。
 最後のゲームの時間は見ないで帰るつもりでしたが、監督が「6年チーム対5年以下チームの試合」という面白そうなことを始めたのでそれも見ることに。 今日はソウゴとユウジロウがいなかったのでその代わりに監督とタカトさんが入って試合をしたのですが、5年以下のチームが頑張りを見せてくれました。 6年チームとしては負けたまま終わることはできないということで、2勝2敗のあとにもう1試合やって6年の勝ちでおしまい。 6年チームにはもう少し圧倒的な強さを見せてほしかったところです。まあ、今日はソウゴがいなかったから、ということにしておきましょう。

◆日曜練習◆  2018年6月17日(日)

ボールを真下にたたきつける練習。

飛んでくるボールを片手だけで捕る練習。
 今日の日曜練習は初めの方だけ見てきたのですが、パス練習の中では上の2つの練習が新しい感じがしました。 どちらも本気でやると奥が深い練習ですね。6年生はこのあとバスケットボールを使ってたたきつける練習をしていました。 重い球でも思いっきりやることでアタックのスピードを速くすることが期待できます。 来週にはスピードガンコンテストがある予定なのでいい結果を目指してくださいね。

◆土曜練習◆  2018年6月16日(土)

今日唯一のOBのルイ先輩。1人では大変でしたね。お疲れ様でした。

アタッカー対レシーバーの試合が7試合。11人対3人でよく頑張りました。

お母さん達とコーチは審判の勉強会。子供達は試合の反省会。みんなでドッジしています。

今日の資源回収。ダンボールが頑張ってますね。
 6月中旬だという割には暖かくならない日が続いていますが、ドッジボールには丁度いい気候だったかもしれません。 今日の最後には「アタッカー対レシーバーの試合」というのをやったのですが、 アタッカーのチームはムネマサとソウゴが内野、シュウタロウが外野の3人だけなのに対し レシーバーチームにはルイ先輩とタカトコーチも入って11人。2人当てられれば全滅という厳しい条件で7試合を戦っていました。 当然アタッカーもキャッチを頑張らなければならないので大変だったと思いますがムネマサはよくキャッチしていたと思います。 アタッカーはアタックを決める事が仕事なので1本でも多く決める事ができるよう、3人とも頑張ってくださいね。

◆ハピネスさんと練習試合◆  2018年6月10日(日)

真駒内アイスアリーナは冬はスケートリンクですが夏は体育館として利用されています。

今日はいままでよりも「真剣に試合をするんだ」という姿勢が出ていたと思いました。

ショウタロウの外野側のパスカット。コツをつかんだと見えて何本も決めていましたね。

監督に言われたことは忘れないうちにノートに書いて、直せるところはすぐに直すようにしよう。
 今日の練習試合は会場が真駒内アイスアリーナでした。ハピネスの高橋監督にお話をうかがったのですが、 平成3年の第1回夏の全日本ドッジボール選手権はこの真駒内アイスアリーナでおこなわれたそうです。 当時札幌の真栄小学校の6年生だった高橋監督は真栄ビッグジョーズの選手として3位に入賞を果たしています。 当時の大会は予選1回戦から7分の3セットマッチ、準決勝からは10分の3セットマッチだったということですから、今よりずっと厳しかったのですね。
 そんなわけで高橋監督にとってのドッジの原点である真駒内アイスアリーナでの試合、 スーパーは今日は12人で戦っていました。ハピネスさんには6年生が1人しかいないのですが、 チーム全体の人数は2チーム以上いるので1試合おきに2つのチームと試合をすることができました。 監督からは「今日の試合を想定して昨日練習したばかりのことができていない」と言われていましたね。 練習したことを試合に生かすことによって強くなれるのです。忘れないようにね。
 今日は貴重な練習の時間をダイヤモンズとの練習試合に使ってくださった札幌ハピネスの皆様、本当にありがとうございました。 選手一同、今日経験できた内容をこれからのプレーに生かせるように頑張ります。

 真駒内アイスアリーナの中に入ったのは初めてでした。46年前の札幌オリンピックの時にできたスケートリンクです。 私が小学校6年生の時に横浜の小学校の教室の白黒テレビでみたジャネット・リンの面影を探しましたが、 メダル獲得者としての名前が壁に残っていただけでした。1972年は遠い昔となってしまったようです。って、あたりまえか(^_^;)

◆運動会◆  2018年6月2日(土)

今年も例年通りのお店が出ていました。このあとは日差しも出てきてかき氷も売れそうでした。

リュックがあることによって椅子は荷物置き場にもなるんですね。新型の椅子も出ていました。
 今週は運動会の週なのでダイヤモンズの練習はお休みです。 札幌市では今年から全学年で運動会はお弁当なしで午前中の開催になったそうですが、 江別市(1・2年生を除く)はいままで通り楽しみなお弁当の時間が待っています。 お弁当の時間がめあての子もいるかもしれませんね。


Copyright 2018 Super Diamonds image