上江別ドッジボールクラブ スーパーダイヤモンズ



かわら版 (取材記事)
image

管理人(春親父)が取材した記事等を掲載しています。

    御覧になりたい月をクリックして下さい。
04.gif(34414 byte)

◆水曜練習(練習納め)◆  2018年12月26日(水)

中学生を相手にしても簡単にはやられないようになってきています。

1年間お世話になったボールを気持ちを込めてみがいていました。
 今年の練習も今日が最後になりました。中学生たちも来てくれたので最後は中学生対ダイヤモンズで試合をやったのですが、 以前なら中学生4人を相手に全員でかかっても歯が立たなかったのが、 いまでは負ける気がしないほど(相手が4人なら、ですが)みんな進歩していました。 年が明ければホワイトカップ、冬季大会のあといよいよ最後の北海道大会が待っています。 くれぐれももうケガをしないように気をつけて、ベストな状態で試合にのぞみましょう。

◆対雁さん主催クリスマス会◆  2018年12月24日(祝)

いつもの対雁小体育館の入口ですが、今日は特別に飾りつけられていました。

Dチームの池田監督。優勝商品のクリスマスケーキをねらう指示を出しています。

特大バレー大会。ミスをしないのがコツのようですが、これがなかなかむずかしい。

プレゼント交換会。何がゲットできたかは開けてみてのお楽しみです。
 今日は対雁小学校体育館で対雁バルタンズブルーウイングさん主催のクリスマス会です。 祝梅、SHINANO、神風、スーパー、そして対雁さんの5チームがA,B,C,Dの4チームに分かれて特大バレー大会、どっちドッジ選手権が開かれました。 試合の合間にはプレゼントの交換会やお菓子まき等のアトラクションもあって、クリスマスの楽しい時間をすごすことができました。 対雁ブルーウイングの皆さん、ありがとうございました。 そして今夜はクリスマス・イブですね。皆さんどうぞやすらかな聖夜をおすごしください。

◆第9回Wリーグ◆  2018年12月9日(日)

ソニック最終戦、サドンデスで外野からアタックを決めて戻ってきたソウゴをみんなで出迎えています。
 第9回のWリーグ、15試合を戦って2勝13敗でしたが今日のスコアは今までとは中味が違っていました。 13試合の負けの中に1点差が4試合、2点差も4試合あるのです。私の目にもアタッカーの動きが少し違うように見えました。 それでもそこを勝ちきれないところを何とかしなきゃダメ、と五十嵐コーチが言っていました。 1点差でも負けは負け。勝利をものにするまで、もう少し頑張ってみましょう。

◆江別大会2018◆  2018年12月2日(日)

ブルーダイヤモンズ8人が勢ぞろい。残念ながら今日はアオイが出場できませんでした。

ユウも何度もキャッチを決めてパスを投げ返していましたよ。

外野への返球はボクにまかせて!ハクトはフォームが決まっていますね。

今日のソニック戦は途中から攻撃と守備がうまく回りだしました。

初戦が調子良かったので今朝は監督もゴキゲンの様子でした。

決勝トーナメント。神風戦のスコアは3-11でしたが、そんなに差があるとは思えません。
 ふう。写真のコメントを書くのにつかれてしまいました。
 ひとつだけ。最後の試合のように大差がついてしまう原因として監督が言っていたこと。 4人のアタッカーがいるんだから誰かがやられたら誰かが戻ってくること。戻ることができないから大差になるんだと言っていましたね。 ほんとうにその通りだと思います。帰ってきてください。マジですよ。


Copyright 2018 Super Diamonds image