HOME           極真空手の紹介       入門案内      指導員紹介      リンク 

 

 

 

                    極真空手とは


                                   

極真会館は、創始者大山倍達が日本で、そして世界各国で修行を積むなかで、確立した独自の精神とルールを持つ武道空手です。現在では世界120もの国に支部を持ち、累計1200万人の会員を擁し、日本国内においては100支部・700道場を擁する世界最大の空手団体であり、その精神は様々な国の人々に愛されています。

その空手ルールは実際に空手の技を相手に当てることから フルコンタクトカラテ と呼ばれ、実際に空手の技を相手に当て、受けることで痛さを経験し、強くなるとともに、他者に対する思いやりを知ります。

その精神は、大山が残した言葉 「頭は低く目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益する」 という言葉に象徴され、技術の向上を目指す激しく厳しい日々の稽古を通して、精神的向上、人格の陶治を目指します。  現在あとを継ぐ館長 松井章圭を中心に世界中の会員が、ある者は強さを、ある者は健康と美容を、またある者は精神力を求めて日夜修行に励んでおります。

極真会館では少年・一般・女子・壮年とそれぞれに県大会、地方大会、全国大会、世界大会と行われており、それぞれが目標を持って稽古に励めるようになっています。4年に一度の世界大会では、世界各国から選手が集まり盛大に開催されます。極真会館のフルコンタクト空手の流派の中での組織力は群を抜いております。

極真会館では青少年の育成にも力を入れています。道場の中で先生や先輩に対する礼節・尊敬心を知り、厳しい稽古のなかで忍耐力や思いやりの心など、多くのことを学びます。そうした中で育まれた人間としての基となる力「人間力」は、いろいろな分野・場面で生かされることとなります。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

創始者 総裁 

大山倍達(おおやま ますたつ)

国際空手道連盟極真会館の創設者。 自信の過酷な修行を基に「直接打撃制ルール」を提唱し、 現在のフルコンタクト空手の祖となる。 全世界に極真空手を普及させ、 世界120カ国、 1200万人の門弟の総裁として、 生涯を極真カラテに捧げた。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

極真会館 館長

松井章圭(まつい しょうけい)八段

13歳で極真会館千葉県支部に入門し14歳で初段取得。1980年、第12回全日本大会に17歳での初出場以来、入賞を重ね1985年の第17回全日本大会で初優勝を飾る。1986年、極真空手最大の荒行「百人組手」を完遂。そして翌年の1987年、第4回全世界空手道選手権大会で優勝。1992年、5月に本部直轄浅草道場を開設し支部長となる。

1994年、創始者・大山倍達の逝去により、故人の遺志を継いで極真会館二代目館長の職に就任した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関西本部 本部長   兵庫県・大阪南支部 支部長

師範 中村 誠(なかむら まこと)七段

宮崎県生まれ、 高校卒業後、 池袋の極真会館総本部に入門。 大山総裁をはじめ多くの極真の獅子たちの下で学ぶ。 自らを厳しい修行の中に追いやり、 数々の試練を乗り越え、 昭和54年、 第11回全日本空手道選手権大会に優勝し、 その年の第2回全世界空手道選手権大会で優勝。 さらに4年後の第3回の世界大会も優勝し、 前人未踏の世界2連覇を達成した。 現在、 兵庫県・大阪南支部長として極真カラテの普及に尽力し、 今なお、 自信の修行に励む。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

                       道 場 訓

 


 一.吾々は心身を錬磨し 確固不抜の心技を極めること

わたしたちが、空手を修行する目的は、自分自身の体と心をきたえることにあり、真剣にけいこに打ち込むことで、どんなことにも動じない心と強い意志を習得して行かなければならない。

 一.吾々は武の神髄を極め 機に発し感に敏なること

わたしたちは、武道としての空手の道を徹底的に追求していくことで、どんな状況でも臨機応変に対応する力と相手の心を理解する思いやりや優しさ、どんなことにも素直に感動できる心を身につけなければならない。

 一.吾々は質実剛健を以て 克己の精神を涵養すること

わたしたちは、自分自身を飾ることなく、真面目で素直に空手の修行に打ち込むことによって、自分自身に打ち勝つ強い心を養っていくことを心がけなければならない。

 一.吾々は礼節を重んじ長上を敬し 粗暴の振る舞いを慎むこと

わたしたちは、礼儀を身につけ、目上の人を敬い、人前で空手の力を誇示するような行動をとってはならない。

 一.吾々は神仏を尊び 謙譲の美徳を忘れざること

わたしたちは人間の力が及ばない自然や宇宙の摂理を重んじ、神や仏を敬い、相手のことを大切にし自分を謙遜する態度を忘れてはならない。

 一.吾々は智性と体力とを向上させ 事に臨んで過たざること

わたしたちは、空手の修行によって知性と体力を向上させ、どんな状況でもあせらず、冷静に対処できるようにならなければならない。

 一.吾々は生涯の修行を空手の道に通じ 極真の道を全うすること

武道としての空手の修行は、一生かけて追い求めるものであり、一生を通じて極意に一歩でも近づこうとする姿勢、それが極真空手の本義である。

 

 


Copyright© 2013  極真会館 鈴蘭台道場. All Rights Reserved