Hiraizumi athletecenter Sitetop
 
  短歌作品公募紹介サイト     公募情報紹介サイト『公募ドットネット』

平成21年10月以降の作品はフォト短歌yahooブログ Nikonフォトアルバム フォト短歌Webサイト(2013年1月以降)にて
更新して参ります。
  フォト短歌 平成20年作品                        写真をクリックしますと拡大します。
平成21年作品>>
今年1年間を振り返ってみると、良い事も悪い事もあったのだが全体的には「可もなく不可もなく」と言ったところだろうか。悪い事の方が印象に残っているのだが、悪いイメージを持っていると新年に引きずりそうなので、きっぱり忘れる事に・・・
2008・12・30
それにしてもよく降った。2日連続の大雪である。例年だと年末どかっと降ってその後暖かくなる暖冬のパターンだが、こん冬はどうだろうか。正月らしい正月を迎えられそうだが、出来れば雪かきはごめんだ。・・・
2008・12・28
内藤大助選手防衛おめでとう。闘志を決してむき出しにせず、内に秘めながら戦う姿は真の勇者を彷彿とさせる。イジメという卑劣な逆境を乗り越え、本当の優しさを持った男「大助」に心より祝福しエールを贈りたい。・・・
2008・12・25
最近ご無沙汰していた「茶房たのやさん」に行って見る事に、今まで何度か前を通ったのだが、タイミングが合わずお会いできなかったが、久方ぶりに「たのやさん」にお会いできた。本当に美味しかった。是非また・・・
2008・12・24
流石に師走後半ともなれば、朝晩の冷え込みが厳しい。今後益々厳しくなるんだろう。まるで、昨今の社会情勢と一緒のようだ。年明けは更に厳しくなるだろう。早いとこ小春日和の春が来ないかな、実に待ち遠しい。・・・
2008・12・21
総理曰く「やりたい仕事を決めないと、職安でも探しようが無いんじゃないかな」こんな質問は、学生に対して言うんだったらまだしも、「何でもいいから仕事に就きたい」と切羽詰ってハローワークに来ている人達に言う話じゃないと思うんだが・・・
2008・12・21
インターネットは本当に便利なものだ。家や事務所に居ながらにして振り込みもできる。便利になったのはいいのだが、問題が起きた時の対処に問題がある。電話してもなかなか繋がらないのである。・・・
2008・12・19
此処岩手県一関市は嘗てカスリン台風やアイオン台風で甚大な被害を受けた土地柄である。その教訓を後世に残す為に建設されたのが北上川学習交流館(あいぽーと)である。後世に被害の教訓を語り継いで貰いたい。・・・
2008・12・18
本格的に寒くなってきた。外の温度計を覗いてみたら−6℃だった。愛犬が寒そうにするのも分かる。「すがこ」とは方言で氷の意味である。世界経済も本当の氷点下となるのだろうか。・・・  
世に問う!!
2008・12・16
雪が止んだ後の澄み切った空気は実に良いものである。悠久の時を超えた田園風景に囲まれた山里は一段と長閑である。こんな平和な土地で生活出来る事をしみじみ幸せであると感じる今日この頃である。・・・
2008・12・14
最近のニュースは金融危機の影響で解雇、倒産、リストラと暗い話題で持ち切りだ。聞いていると先の不安が積もるばかりであるが、明日、生きているかどうかも分からない。そんな先の事ばかり考えてもしょうがない。開き直る事も肝要だ・・・
2008・12・14
ジャパンオープン選手権の日程が決まった。平成21年3月7日、駒沢オリンピック公園体育館にて。岩手から何人出場するかは分からないが、何事もチャレンジすることに意義がある。是非、チャレンジして貰いたい。・・・
2008・12・12
作品発表会が、昨日から明日まで一関文化センターの展示室で行われている。こうして作品を眺めて見ると陶芸も面白そうだ。1つの事に集中して極めるのも良いが、楽しみ方としては色んな事をやるのもいいかな・・・
2008・12・10
時の太鼓を奉っているのは一関市の長昌寺、貞亨3年(1686年)7月から奉っているようだ。歴史を感じさせるお寺である。当時は田村一関藩のシンボルであり、誇りだった様だ。伝統を廃らせる事は簡単だが、継承し、残す事は大変な事である。・・・
2008・12・9
親戚の火葬とお通夜に立会ったのだが、どんな形であれ、別れは辛いものだ。誰しも生きている以上、絶対避けては通れない事である。常に覚悟だけはしておくべきなんだろう。形あるものは全て空なり・・・
2008・12・9
昨夜、K1グランプリが放送された。格闘技ファンであれば誰もが期待していただろう。私もその1人だが、決勝戦にはがっかりさせられた。結果はボンヤスキーの反則勝ちとなったのだが、後味が悪い。バダハリは確かに強くなったが・・・
2008・12・7
我が家の迷犬、あっいや失敬、名犬ロッキーも彼女にふられたようだ。その虚しさ侘しさが痛いほど分かる。出会いは必ずやってくる。良きにつけ悪しきにつけ。名犬ロッキーの後姿があまりにも寂しそうだった。・・・  新ブログ掲載
2008・12・6
何時だったかNHKの番組で、絵を上手に描く方法をやっていた。その方法とは上下を反対に、つまりひっくり返して描くんだそうだ。早速、一万円札の福沢諭吉を描いてみたところ、これが結構イケていた。今度はお絵描きに夢中になりそうだ。・・・
2008・12・5
6月の岩手宮城内陸地震によって崩壊した「まつるべ大橋」に代わって、暫定的ではあるが仮設の新橋が完成した。地震発生以来、約6ヶ月ぶりに現地を訪れたが、その無残な光景が脳裏に焼きついて離れない。・・・  ブログ掲載
2008・12・2
本格的な冬を迎え、大根や人参、ネギを凍らせない為に、土の中に埋める作業をする事にした。穴の深さは40〜50cmぐらい。大根や人参、ネギを穴の片側に立てかけ反対側に藁で覆い最後に土をかける。こうしておく事によって凍結を防ぐ事ができるのである。
2008・12・1
良きにつけ悪しきにつけ今年も色んな事があったが、あっという間の一年だった。悔いの無い一年だったか否かは何とも言えないが、「過ぎてしまえば皆美い」過去は過去、来年を良い年にする事のみ念頭において頑張りたい。・・・
2008・11・30
漢字の読み違いや、熟語の使い方の過ち、名称の勘違いは誰にだってあるし、分からない事だって沢山ある筈だ。そんなどうでもいい事、些細な事にいちいち重箱の隅をほじくりかえす様なまねはもう止めてもらいたい。非常に醜く感じられてならない。・・・  ブログ掲載
2008・11・30
何代か前の総理は「格差はしょうがない」といい、今度の総理は福祉の精神が希薄なようだ。完璧な人間はいないだろうが、もう少しマシな政治家もいる筈なんだが、まったく困ったもんだ。後は解散しかないんだろう・・・
2008・11・28
今回の短歌は、我ながら傑作と言っていい。世の中、どんな物が流行るか分からない。最近では男性用のブラジャーが売れまくっているらしい。理解に苦しむところだが、価値観は人それぞれだ、寛容の心で・・・  ブログ掲載
2008・11・27
今朝は大分冷え込んだ。犬の散歩で畑を歩いてみると、霜がぎっしり降っていた。ネギも霜に覆われ寒そうにしていたが、その緑には強い生命力が漲っているようだった。ネギの教えを乞い、改めて生きる活力が湧いてくる様だった。・・・
2008・11・26
須川岳(栗駒山)もすっかり雪に覆われた。ついこの間まで、岩手宮城内陸地震の爪痕が見えていたのだが、雪化粧を見ると何もなかった様に思える。最近では揺れも治まり平穏な日々が続いているのだが・・・
2008・11・23
ここ岩手は、あまり商売にはむかない土地柄だと思っていたが、アイデア次第によっては成功も夢ではない。世知辛い世の中ではあるが、夢を持ち続け決して諦めないでいるならば、必ず光が見えてくる。・・・
2008・11・22
いよいよ冬到来、急激に寒さも厳しくなってきた。ついこの間まで半そで姿、「暑くて大変だよ」なんていってた夏も懐かしく思える。やはり夏の方がいい。2009年の夏まで、残すところあと8ヶ月である。・・・
2008・11・21
骨董品交換会で落札した大徳利、福島県の窯元で江戸時代の作らしい。何焼きだったか度忘れしたが、そんなのは問題では無い。とはいいつつも名前くらいは知らないと本物の収集家とは言えないのである。・・・
2008・11・19
岩手県では2回目となるパワーリフティングの審判試験・講習会が開催された。その際の一夜の宿が北上パークホテル、接客態度も実に素晴らしいホテルである。好店三年客を変えず、好客三年店を変えず・・・
2008・11・18
OPECが原油調整をするようだ、金融危機の中、生産量を減らすという事は、一旦下がったガソリン代がまた上がる事にも成りかねない。世界経済が益々混沌としてくる。憂い多い最近の世界情勢だが、田舎暮らしは長閑で憂いがない。・・・
2008・11・14
兵庫県知事の大失言、「関東大震災が起きればチャンスだ」他人の不幸を喜ぶなんてのは最低な人間のすることだ。神戸大震災を経験して、その苦労や悲惨な思いを経験した筈だが、何ともやりきれない思いがする。・・・
2008・11・12
ここ一関にも、素晴らしいアーティストが居たものだ。チェンソーアーティストである。一本の大木をいとも簡単に形あるものに変えていく。その無から有を成す技量と技によってかたち成した物は、正しく芸術そのものである。・・・ 他の写真
2008・11・10
あの筑紫哲也さんがこの世を去った。温厚でリベラルなしかも中立なコメンティターだった。実に惜しい人を失った。庶民の立場になって、強硬路線を貫いた小泉構造改革に鋭い指摘を投げかけていた姿は記憶に新しい。・・・
2008・11・8
定額給付金の行方が右往左往している。高額所得世帯には、支給するしないでもめているようだが、総理が表明した以上は必ず実行してもらいたい。野党もただ反対するばかりじゃ、国民の支持を受けるのは難しいぞ。・・・
2008・11・7
オバマ氏が圧倒的過半数で大統領に就任した。初のマイノリティー大統領の誕生だ。是非とも、あまりにも行き過ぎた市場経済を、修正してもらいたいものである。日本もそろそろ庶民感覚のあるリーダーを選びたい。・・・
2008・11・5
アルツハイマー病の原因に、タウ蛋白の蓄積がある。以前、記憶していて、再度思いだそうとすることによって、このタウ蛋白が蓄積される。過去は過去、思い出しても始まらない。兎も角、前向きに考え、前進あるのみだ。・・・脳内トレーニング法
2008・11・4
昨年から、通勤路の途中の田圃に白鳥が飛来する様になった。この田圃には美味しい餌でもあるんだろう。この光景を見ると、冬も間近に来ていることを感じる。寒い冬に向けて、そろそろ冬支度に入らなければ。・・・
2008・11・4
物思いに耽りながら車を運転していると、ふと北の方角に虹がかかっていたのが目に止まった。嫌な気分を心地よく払拭してくれる一時だった。人生色々あるが、落ち込んでる暇など無い。・・・
2008・10・30
息子の受験合格(情報学群情報科学類)のお祝いに、寿司でもと思っていったところ、焼肉の方が良い、という事だっただが、お目当ての焼き肉食べ放題の店が閉鎖になっていた。その代わりがこのラーメンに。・・・
2008・10・29
昨年の再来を目指して、一路住田町に、さい先良くムキタケの群生を発見した。先行者がいた為、その後は泣かず飛ばずであったが、欲をかくとろくな事はない。何でも腹八分目が一番良いのである。・・・
2008・10・26
9月4日から毎週木曜日に開催された掛軸表具教室が、今日最終日をむかえた。「ほっとした」のも事実だが、ちょっと寂しくもある。結構、集団で学ぶ事も楽しいものである。今度は水墨画にも挑戦したい。・・・
2008・10・23
地方自治体の裏金問題が盛んに話題になっている。恥ずかしい話だが、その口火を切ったのは「おらほの県」である。何ともお粗末な話である。裏金問題も大事だが、無駄金問題も大事なんで、そちらの方も頼みましたよ会計検査院殿。・・・
2008・10・21
しかし、世の中には常識の無いバカタレがいるものだ。空き缶を捨てるは、弁当の殻を捨てるはとんでもない輩がいたもんだ。人の迷惑も考えずに自分さえ良ければ良いという事だろうが、因果の法則を知らないんだろうね・・・
2008・10・21
いよいよ、稲作作業も大詰めとなった。父母と3人で脱穀作業を開始した。父は77歳、母も76歳である。この歳で農作業はキツイだろう。止めるのは容易いが、未練があるのだろう。父母がやっているので私も止める訳にもいかないのである。・・・
2008・10・18
A8の講習会が仙台であった。アフィリエイトの実績もなかなか上がらないので、この類の講習会や勉強会があれば積極的に参加する事にしている。実りがあったか否かは、これからの頑張り次第である。・・・
2008・10・16
ここ磐井の里の木々も、赤や黄色に色づいてきている。澄み切った空をバックに、色とりどりのコントラストが何とも言えない心地よい思いに誘ってくれる。しかし、こんな感傷に浸れるのもあと僅かである。・・・
2008・10・14
「成せばなる成さねばならぬ何事も」断機の戒めをしみじみ感じた今日の出来事であった。何れにしても準備よければ全て良し、という事である。これを肝に銘じて、次回は鍋かヤカンを車に積んでおく事に・・・
2008・10・13
今日は、息子の筑波大学の最終面接試験日である。さぞかし緊張したことだろうが、色んな緊張感をもって、一つ一つハードルを乗り越えて人は成長し、1人前になっていく。結果はどうあれ、チャレンジする事に意義がある。・・・
2008・10・10
今年に入って初めてのキノコ取り、温暖化の所為かは分からないが、未だちょっと早いようである。「あみたけ」や「ハツタケ」は比較的早くなり始める種類だ。これからが秋本番キノコの最盛期、楽しみだ。・・・
2008・10・8
水防訓練が行われた。一関市はカスリン台風、アイオン台風で甚大な被害を被った所である。何年か前の台風6号も凄かったが、遊水地事業もほぼ完成していた為、被害はさほどではなかった。・・・
2008・10・6
又もや、秋の味覚をご馳走になり、満足、満腹、腹肥ゆる秋。ご近所の伊師先生からの頂き物である。葡萄以外にも梨やマエタケの原木まで頂戴した。後2週間もすればお披露目出来ようかと。・・・  ブログ掲載
2008・10・5
秋の語源に、穀物などの収穫が「飽き満ちる(あきみちる)季節」から秋になった、とする説がある。まさしく豊穣、飽食の秋である。我々人間や動物も大自然の恵みを受けて生きることできる。畏敬の念を持って感謝せねば。・・・
2008・10・4
5年ぶりの再会、久し振りである。5年もたてば少しは変わっているかと思っていたのだが、変わっていない。いや、むしろ若くなったようにも見受けられる。仕事も私生活も充実している様子、何よりだ。・・・
2008・10・2
今年の稲刈りは、とりたてて田圃の泥濘もなく、従弟や息子の応援もあってか、順調に終えることができました。例年こうであえれば助かるのだが。いやいや、息子も来年も気をきかすに違いない。・・・
2008・9・30
秋本番、収穫の秋を迎え、我が家では9月28日に稲刈りを無事に終えることが出来ました。今年の収穫は、例年よりも若干少なめでしたが、ともあれ稲刈りが終わればひと安心であります。・・・ いわい天然乾燥米
2008・9・30
肩こりは辛いもので、私も嘗て経験をしたことがある。流石にセロンテープを使う方法は知らなかったが、知っていたとしてもその格好で表にはでられないだろう。ともあれ、知っておいて損は無い。・・・
肩こり解消方法
             2008・9・27
王監督が、14年間ダイエーホークス〜ソフトバンクの指揮を取っていたが、昨日引退を表明した。体調が思わしくないようだ。残念の一語に尽きるが、今迄本当にお疲れ様でした。・・・
2008・9・24
自民党総裁に、4度目の挑戦で漸く麻生氏が当選した。賛否両論あるが、果たして根っからの御曹司が病んだ日本の舵取り役に適切か否かは。・・・
ともあれ、安心できる生活環境を一刻も早く。・・・
2008・9・23
18年間お世話になったブロードキャスターが、最終回を迎えた。当初は芸能中心のゴシップ番組だったが、時代と共に放送する内容も事件や出来事を中心としたとても見易いニュース番組になったのだが。・・・
2008・9・22
今日からお彼岸の入り、彼岸が過ぎるとあっと言う間に寒くなる。稲刈りも、毎年この彼岸のころから始まるが、ご先祖様も、やはり同じ様な事を思い、考えていたに違いない。・・・
2008・9・20
草刈は我々現役にとっても重労働だが、お年寄りにとっては、本当に大変な作業である。最近はボランティアでやる人達が増えてきているようだ、日本も未だ捨てたもんじゃない。斯く言う私もそろそろボランティアを考えねば。・・・
2008・9・19
禁猟日まで、後10日弱、もう一度くらいは行きたいと思っているが、秋の収穫時期と重なりとても行けそうにない。朝一で、とも思うが、朝一は草刈作業で目一杯である。田圃の無い人が羨ましい。・・・
2008・9・18
表具やら骨董収集やら随分ジジくさい趣味だが、この徳利の姿に魅了されて幾久しい。何ともほのぼのとするその流線型の美しさがたまらない。値段等の価値は別段問題ではない。愛好家とはそんなものだろう。・・・
2008・9・17
岩手宮城内陸地震以来、久し振りの渓流釣である。やはり渓流釣は楽しい。山に一歩踏み込んだだけでも身も心も洗われるようだ。秋になるともう1つの楽しみであるキノコ取りが始まる。自然に溶け込み、自然と一体になることが何よりの幸せである。
2008・9・16
秋といえば、秋風・七夕・明月・鹿・紅葉など、恋の情趣を盛り上げる道具立てには事欠かない季節である。また、近くのものより、なかなか手の届かないものに恋焦がれ、憧れるものである。叶わぬものと知りつつも・・・
2008・9・13
三笠フーズの汚染米流通事件が発覚して以来、食品業界を震撼させている。大手食品メーカーもこぞって自主回収に乗り出している。その損害賠償も相当なものだろう。にも係わらず農水省の対応はあまりにも無責任と言わざるをえない。・・・
2008・9・12
色んな方達のブログを拝見していると、中には綺麗な写真に短歌を添えて表現している作者もいる。魅了され思わず見入っていると段々気持ちが良くなり、思わず「うとうと」としてくる。作者は京都の方のようだ。・・・
2008・9・10
三日前とは一変し、昨日も今日も日本晴れとなった。夜も鈴虫の哀愁のおびた優しい泣き声が出迎えてくれる。この鈴虫が鳴く頃になると、稲の刈り入れがもう直ぐだよ、と教えてくれているように思うのである。・・・
2008・9・9
ここ数日、梅雨に舞い戻ったかの様なムシムシ、ジメジメした日が続き、身も心も滅入ってきていたのだが、久方ぶりに晴れた一日だった。まだまだ暑さも静まりそうにないが、涼しくなるのもあっという間だろう。・・・
2008・9・8
今までは携帯電話のカメラで事足りていた。しかしながら、他の人達のブルグを見るにつけ、これじゃ不味い、と今更ながら思い始め、ソニー製のサイバーショットを買うことにした。有意義に使いたいと思っているが、やはり携帯カメラの方が手軽である。・・・
2008・9・7
50の手習いとはよく言ったもので、私もそんな年になりました。水墨画にしようか、随分迷いましたが結局「表具」を選んだのですが、これが結構難しい。折角だから本物を目指して頑張ろうと。「次行く喜」は「次行くたのし」とお読み下さい。・・・
2008・9・6
人は皆、幾たびかの悲しみを乗り越え、幾たびかの試練を経験しながら成長し、優しくなっていくものだ。人それぞれ生まれ持った宿命があるんだろう。宿命は変えようがないかもしれないが、運命は変えられるだろう。そんな思いを込めた歌である。・・・2008・9・3 事務所に向かう途中、ふと赤や黄色の花壇が目に止まった。この花壇は一関市山目駅の裏側にあって、一関遊水地の堤防から良く見える。花壇の延長は約200mくらいあるだろうか。あまり花に興味はないのだが、これだけの群花になると、見ごたえも充分である。・・・ 2008・9・2
昨夜、急遽福田総理が辞任の表明をした。丁度1年間の総理就任だが、前任の安倍さんと同様、突然の辞意表明である。公明党の不信任、民主党の協力拒否が引金になった様だが、突然の辞任は単なる職務放棄としか写らない・・・ 2008・9・2 景気の低迷、物価高で先が見えない昨今、何時になったらこのやるせない気分が解消されるのだろうか。政治の所為にしたくはないが、庶民感覚に縁遠い議員達が多過ぎる様だ。これでは何時になっても・・・ 2008・8・31
秋めく頃、稲穂もだいぶこうべを擡げる様になって参りました。実りの季節、稲刈り作業ももうじきです。今年の作況指数が発表(農水省)になり、ここ岩手県南部の予想作況指数は98〜102の平年並みとのこと。・・・ 2008・8・30 先程迄、大勢での賑やかな宴会が終わり、一人酒を嗜んでいると、色んな思いが込み上げてくるもんだ。囲炉裏の風情は、一人酒が合っているのかもしれない。・・・2008・8・28
昨日も今日も雨、もうじき稲刈りシーズンだというのに、このままで行くと田植え長靴を履いて稲刈りをしなければならない。
「雲霧を披きて晴天を観る」思いを早く味わいたいものだ。・・・ 2008・8・25 
生きていれば色んなことがある。楽しい事も、嫌な事も、「後悔先にたたず」だが、実際にやってみなければ分からない事が多い「あの時ああやれば良かったのになー」と思ったりもするのだが。・・・2008・8・25
ボルト選手の100m・200mの世界新記録で、北京陸上競技スタジアム(通称・鳥の巣)も満場の嵐と化した。観客もスタンディングオベーションで、その功績を讃えた。兎に角凄かった。・・・ この日は残暑厳しい1日であったが、急に雲行きが怪しくなって大粒の雨が降り出した。前の道路も危うく川にでもなるんじゃないかと思える程だったが、幸いにも1時間くらいで雨は止んでくれた。
今年廃線予定の秋田内陸線を懐かしむ内容です。お盆に帰省した際、この秋田内陸の電車にゆられ、高校時代好きだった女性を思い出しながら目を閉じるて、そっと好きだった彼女の名前をつぶやく・・・ 岩手県南部の平泉バイパスが開通になり、初めて渡った新衣川大橋を題材にした短歌、橋や道は何千・何万もの人達の悲しみや喜びといった思いを運んでくれる「ゆりかご」のよう・・・
居酒屋で、一人ぽつんとしんみり飲んでいると、学生時代に足繁く通った「いさり火」という一杯飲み屋さんを思い出し・・・
平岸とは、札幌の豊平区平岸です。そこの娘さんは私と同年代で、今頃どうしてるかな、きっと優しい母さんに・・・
ガソリン高騰のあおりをうけて、生活が窮々としてくる中、草の活用もバイオ燃料にでもなるのであれば、食料の値上がりや生活必需品の高騰抑制に貢献できるのではないだろうか・・・
夏の岩手県予選で準決勝まで進んだ母校、ここまで来たら何としても甲子園に行くようにと、思いを馳せた・・・ 岩手内陸地震、岩手北部沿岸地震が立て続けに襲ってきた今年、ナマズに願いを込めて、もう地震はこりごりだ、もう起きないでくれ、と祈りを込めて詠った・・・
文月(7月)は鮎釣りの解禁月、ここ北上川でも鮎の「がらがけ」が夏の風物詩である。そんなのどかな風景を詠った短歌で、弓弭の泉(ゆはずのいずみ)とは北上川の源流をさす。 大分県の教員汚職事件で、教育界を震撼させた贈収賄事件、ある校長先生が我が娘可愛さに、贈賄の罪を犯し、懲戒処分の厳罰を受けた。何とも由々しき事件だった。
天然うなぎを食べたい一心で、延縄漁を試みたのだが、なかなか肝心のうなぎが掛かってくれない。掛かったのはナマズ一匹、試食しようと持ち帰って泥吐かせをしたのだが、結局可愛そうになって・・・
もうすぐ、土用なのに・・・
新しく出来上がったオリジナルの玄関マット、トレーニングに足繁く通うメンバーの、日頃の鬱憤やストレスを一気に掃って、清々しい思いで仕事に精を出してもらいたい。そんな思を詠った短歌・・・
世界全体で問題になっている原油価格の高騰、その要因になっているのが投機による行き過ぎた市場経済である。経済は生き物、どう転ぶか分からないが、政治的背景での抑制も必要ではないだろうか・・・ ひな菊は牡羊座の相性の良い花だといわれております。私も牡羊座なので、ひな菊の花の美しさを短歌にしようと思って作り始めたところ、それ以上に、思いを寄せる人の、風に靡く黒髪の方がもっと美しいよ。という意味。雅とは単に頭文字をとって語呂合わせ・・・
岩手北部沿岸地震は、丁度夜中の夜半時に襲ってきたのだが、その時は雷も凄くてなかなか寝付けなかった。物凄い落雷の轟音と、強烈な地震による揺れは、まるでこの世の終わりか、と思ったくらいだった。 お盆が過ぎると、あっという間に涼しくなる。里山の田圃の稲も、もうだいぶ実ってきた為に稲刈りももうすぐだよ。
今年の米は美味しいだろうか、豊作であれば良いけれど。・・・
お盆と言えば、やはり盆踊り。うちの田舎では毎年14日と決まっている。今年は生憎の天気で集落センターの中で行ったが、超満員の盛況ぶりだった。来年はどうだろうか。・・・ 北上市内のアメリカンワールドでA腕グランプリが開催された。当センターのメンバーも出場した。日頃から鍛えた豪腕を、北上の地で思う存分発揮してもらいたい。と願いを込めて詠った短歌。
   詩(Photopoem
秋田内陸線の存続を願って作曲家(川崎勉さん)が満を持して世に出した「逢いたくて」のメロディーに、私が勝手に作った詩、詩は兎も角として本当に素晴らしい曲である。 若き修行の時代に、屋久島に訪れた際、宮之浦岳に登った時、この七本杉に出会った。その時の感動や思いをそのまま詩にしたもの。
枝ぶりの迫力は本当に感動ものだった。
若き日の修行からの帰り道で、色んな体験もし経験を積んで、自信も漲る思いを体感したのだが、帰り道の心中はからっと晴れたものではなかった。
何かを成し遂げた後の虚無感に似ている・・・
深夜、自宅に帰ってふと空を見上げると、満天の星が出迎えてくれた。「大変だっろう、ご苦労さんな」と励ましてくれてるようだ。人は皆、何時かはあの星になるんだろうな・・・ 
             2008・8・26
フォト575 応募作品
フォト575倶楽部
平成20年11月投稿
平成20年12月投稿 1平成21年1月投稿 1
1 1
テーマ「労働」 テーマ「年賀状」 1テーマ「寒」 1
Copyright(C)hiraizumi athletecenter ALL Rights Reserved