平成ヘイセイ29ネン ジュニアチャレンジカップ  シングルス大会タイカイ
 
<  大会タイカイ役員ヤクイン  >  
  会長 立岩タテイワロウ    
  大会委員長 田中タナカヒロキチ    
  競技委員長 橋田ハシダ夏枝ナツエ    
  競技副委員長 渡邉ワタナベ恵治ケイジ      
  競技委員 伊勢原市イセハラシテニス協会キョウカイ 理事リジ各位カクイ    
       
 
 
角丸四角形: このページは、必ずお読み下さい。
 
   
   
 
<  競技規則・注意事項  >  
・試合時は、テニスウェアを着用とします。なお、ひよこのは、運動ウンドウできる服装フクソウカマいません。  
  ・プレーのできる服装で、ドローに記載キサイした時間ジカンまでにイチツボ公園コウエンテニスコートの受付に  
  届け出てください。  定刻テイコクまでに届出トドケデのない場合バアイ棄権キケンとみなします。  
  ・天候等により実施不明の場合は、定刻までに会場カイジョウで確認してください。なお、雨天中止の判断は、
 小学生ショウガクセイ中学チュウガクセイカク試合の それぞれ1時間前に決定し、コートサイドに掲示します。   
  ・試合前のウォーミングアップは、各選手カクセンシュ初戦ショセンのみ、サービス4本とします。  
  試合シアイ形式ケイシキは、下記カキ予定ヨテイしていますが、試合シアイ進行シンコウ状況ジョウキョウオウじて、変更ヘンコウする可能性カノウセイがあります。  
  ひよこのは、4ゲーム先取センシュ ノーアドバンテージ  
  バンビのは、6ゲーム先取センシュ、ノーアドバンテージ  
  中学チュウガクセイ(男子ダンシ女子ジョシ)のは、6ゲーム先取センシュ、ノーアドバンテージ  
  なお、種目シュモクによっては、トーナメントやリーグセンがあるので、注意チュウイしてください。  
  審判シンパンはセルフジャッジとし、自分ジブンサイドのボール判定ハンテイ責任セキニンをもって相手アイテかるよう判定ハンテイして
   ください。また、カウントコールは、相手アイテ確認カクニンがとれるようオオきなコエでコールしてください。
・本大会は、「JTAテニスルールブック2017」を適用します。  
  ただし、リーグセン順位ジュンイ決定ケッテイカギっては下記カキトオりとします。  
   @勝率ショウリツタカモノ上位ジョウイとする。 勝率ショウリツ勝利ショウリした試合シアイスウ÷ソウ試合シアイスウ  
   A勝率ショウリツオナ場合バアイは、おタガいの対戦タイセン結果ケッカ直接チョクセツ対決タイケツ)の勝者ショウシャとする。  
   B勝率ショウリツオナじで直接チョクセツ対決タイケツではない場合バアイは、ゼン試合シアイでの取得シュトクゲームリツタカモノ勝者ショウシャとする。
       取得シュトクゲームリツ取得シュトクゲーム合計ゴウケイスウ÷ゼン試合シアイのゲーム合計数ゴウケイスウ     
  ・本大会は、セットブレークルールとし、オーダーオブプレイでオコナいます。  
  ・競技運営の最終権限は、競技委員長(副委員長)またはコートレフェリーにあります。  
  表彰ヒョウショウは9エントリー以上イジョウ場合バアイは3位までとし、8エントリー以下イカは2までとします。  
  ・本大会は、全てのプレーヤーを公平に扱います。  
  大会タイカイナカ怪我ケガについては、応急オウキュウ処置ショチイタしますが、責任セキニン一切イッサイいかねます。  
本大会ホンタイカイ損害ソンガイ保険ホケン加入カニュウしています。  
本大会ホンタイカイにおける個人コジン情報ジョウホウについては、本大会の運営に関する事以外には使用しません。  
  ホン大会タイカイカンする事項ジコウは、伊勢原市テニス協会ホームページにも掲載されています。  
     http://sports.geocities.jp/tennis_isehara/index.html   
     
<  マナーについて  >  
  「テニストーナメントに関するすべての人々が、トーナメント会場内において、  
  いついかなる時でも、テニス規則をはじめとする諸規則およびそれらに関する慣習に精通し、  
    公正にふるまうことによって、全員が気持ちよくそのトーナメントに関われます」  
     
   試合の後の[握手]には、どんな意味があるでしょうか?
 テニスは、自分1人ではできません。大会での試合は、これに関わる大勢の方たちの努力とサポートがあってできるのです。テニスに関わる方たちに感謝を込め、相手の健闘を讃える意味が込められています。マナーとは、相手やこれに関わる全ての人たちへの[思いやりや気遣い]がその原点です。マナーを身につけ、ルールを理解し守ってこそ楽しいテニスができるのです。
 試合をやれば、だれでも勝ちたい!しかし、試合の後は、お互いに『さわやかな握手』をしたいものです!そのためには、少しのアウトをインにできるくらい、お互いのフェアプレーが必要です!
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
 
  伊勢原市テニス協会では、ルールとマナーの遵守を皆さんにお願いします。