TOP 春季リーグ戦 全日本大学野球選手権 秋季リーグ戦 関東地区大学野球選手権 明治神宮野球大会 オープン戦




N e w s & T o p i c s

東海大・青島凌也「目標は一番上に」プロ志望を明言

 首都大学リーグの東海大が9日、神奈川・平塚市内の同大グラウンドで始動した。

 DeNA、ソフトバンクのスカウトが訪問。今秋ドラフト候補の青島凌也投手(3年=東海大相模)は「プロに行きたいです。目標は一番上に置かないと達成できないので」とプロ志望を明言した。

 高校時代には1学年下の中日小笠原、オリックス吉田凌らと強力投手陣を形成し、夏の甲子園に出場。大学では昨夏にユニバーシアード日本代表に選出され、金メダル獲得に貢献した。「(リーグ戦で)優勝して、日本一になるのが目標」と力を込めた。

[2018年1月9日 日刊スポーツ]



プロ注目の東海大・平山快が始動「3冠王取りたい」

 首都大学リーグの東海大が9日、神奈川・平塚市内の同大グラウンドで始動した。

 不動の4番を任されるプロ注目の平山快内野手(3年=東海大相模)は、高校の1学年下のオリックス吉田凌、中日小笠原とのプロでの対戦を熱望。

 「大きな舞台で対戦したいです」と目を輝かせた。過去にロッテ佐々木千隼投手(桜美林大)から1発を放ったことがある大砲は「飛ばすに関しては、負けたくないというのはあります。個人的には3冠王を1回、取りたいです」と意気込んだ。

[2018年1月9日 日刊スポーツ]



「投球数のガイドライン」を設定 首都大学リーグ戦

 首都大学野球連盟は1日、春季リーグ戦の日程を発表し、今秋ドラフト1位候補の松本航投手(3年=明石商)と東妻勇輔投手(同=智弁和歌山)を擁し、昨秋の明治神宮大会を制した日体大は4月1日からの開幕週で桜美林大と戦う。新たにネット配信を行い、SNSも開設される。

 なお、今春から「投球数のガイドライン」を設定。先発1戦目に投球数制限はないが、2戦目は前日に121球以上投げた場合は翌日50球までとする。雨天で1日空いた場合は制限を設けない。罰則規定はない。

[2018年3月1日 日刊スポーツ]



東海大・青島「日体大倒して日本一」首都大学春季L日程発表

 首都大学野球連盟は1日、春季リーグ戦の日程を発表した。4月1日の開幕戦は昨秋、明治神宮大会を制して「日本一」に輝いた日体大と桜美林大が対戦する。5季ぶりの優勝を狙う東海大は第2週で日体大と激突する。

 今秋ドラフト候補の東海大・青島凌也投手(3年)は「日体大を倒して日本一になる」と目標を掲げた。2年秋の関東地区大学選手権の国際武道大戦で完全試合を達成した右腕は、昨秋優勝を決めていた全勝の日体大と最後に対戦し、2連勝で勝ち点を奪った。青島は2試合に先発し、計11回2/3を無失点。ライバルにはドラフト上位候補の松本、東妻の二枚看板がいるが、「負けたくない。最優秀投手のタイトルを獲りたい」とリーグNo・1投手の座をつかむ。

[2018年3月2日 スポーツニッポン]



日体大のエドポロ・ジョセフが2本塁打 東海大に先勝/首都大学

 首都大学野球春季リーグ戦第2週第1日は7日、埼玉・越谷市民球場で行われ、第2試合は日体大が東海大を3−1で下し、先勝した。昨秋リーグ戦を制覇し明治神宮大会に優勝している日体大は、4番のエドポロ・ジョセフ外野手(3年)が東海大のプロ注目左腕・飯嶋海斗投手(4年)から二回に左越えソロを放ち、六回にも左中間寄りに特大ソロを放ち、3投手の継投で抑え切った。

[2018-4-7 16:53 サンケイスポーツ]



東海大が日体大に雪辱 十六回に突入したタイブレークで振り切る/首都大学

 首都大学野球春季リーグ戦第2週第2日は8日、埼玉・越谷市民球場で行われ、第1試合は東海大が日体大をタイブレークの延長十六回の末、4−3で下し、1勝1敗とした。3回戦は4月21日に組み込まれる予定。

 東海大は先発右腕・原田泰成投手(3年)が九回二死まで2安打2四死球15三振で0点に抑え、その後の延長十二回までを右腕・小郷賢人投手(2年)が0点に抑えた。

 延長十三回から無死一、二塁からのタイブレークとなり、十四回に1点ずつ、十五回に2点ずつを取り合い、十六回に4点目を奪った東海大が日体大を振り切った。

 今秋ドラフト上位候補と注目される日体大の右腕・松本航投手(4年)は先発で12回5安打1四球6三振無失点と好投し、もう一人の注目右腕・東妻勇輔投手(4年)はタイブレークとなった延長十三回から登板、4失点し、敗れた。

[2018-4-8 14:58 サンケイスポーツ]



東海大のプロ注目左腕・飯嶋 8回2安打1失点で今季初勝利

首都大学野球 東海大2―1桜美林大 ( 2018年4月14日 小野路 )

 東海大が桜美林大に先勝した。

 東海大のプロ注目左腕・飯嶋海斗投手(4年=成田出身)が8回2安打1失点で今季初勝利を挙げた。

 右打者を内角への直球とカットボールで封じ「練習してきた内角を使えるようになって、緩い変化球も使ってうまく投げられた」と振り返った。

[2018年4月14日 17:47 スポーツニッポン]



東海大・原田8回途中11Kの快投「援護のおかげ」

<首都大学野球:東海大4−1日体大>◇21日◇浦安市運動公園

 東海大・原田泰成投手(3年=東海大市原望洋)が7回0/3を1失点の好投で、日体大から勝ち点を奪取した。

 初回に3奪三振で勢いに乗ると、2ケタとなる11三振を奪った。最速147キロの直球を軸に、フォーク、スライダーなど変化球も要所で決まった。日体大戦は8日の2回戦でも9回途中無失点、15三振と好投。「今日はストレートが決まっていなかったので、変化球中心に投げた。相手の投手(日体大・松本)は意識せずに。今日は点を取ってもらったので、打線の援護のおかげです」と話した。

[2018年4月21日17時49分 日刊スポーツ]



プロ注目の東海大・山崎伊織が好投「楽しんでやろうと思って」

首都大学野球 東海大 5―3 桜美林大 ( 2018年4月22日 浦安市運動公園 )

 2回戦が行われ、東海大が桜美林大を破り勝ち点を3に伸ばした。

 最速148キロ右腕の山崎伊織投手(2年=明石商出身)が6回1/3を5安打1失点(自責0)に抑え今季2勝目。「緊張しないように楽しんでやろうと思って投げた」と白い歯を見せた。

 高校時代からプロ注目の逸材だった。切れのある直球とスライダーを武器に7三振を奪い、無四球の安定した投球を見せた。同じリーグの日体大には明石商の2年先輩の松本航投手(4年)がいる。山崎は「高校のときから凄い人やなと思っていた。頑張って追いついて追い越したい」と話した。

 5季ぶりの優勝がグッと近づく貴重な勝ち点にも、安藤強監督は「チャレンジャーですから、1戦1戦いくだけです」と慎重だった。

[2018年4月22日 13:54 スポニチ]



> 過去分 2008200920102011201220132014201520162017




Sponsored Link

リ ン ク 集
東海大学野球部
(公式サイト)
東海スポーツ
(学生記者によるブログ)

ご 注 意
 当サイトは個人的に運営しているものであり、東海大学または硬式野球部の公式サイトではありません。

プライバシーポリシー
 Google のシステムによって広告が配信される過程で、
第三者が、ユーザーのブラウザ上のクッキーを認識し、読み取る場合があります。
また、情報収集の目的でウェブビーコンが使用される場合があります。
クッキーはブラウザの設定変更によって、拒否することが可能です。

校歌・応援歌・建学の歌を聴く







Copyright (C) 東海大学野球写真館 All Rights Reserved.