TOP 春季リーグ戦 全日本大学野球選手権 秋季リーグ戦 関東地区大学野球選手権 明治神宮野球大会 オープン戦




N e w s & T o p i c s

原辰徳氏、東海大にエール「今年は応援に行きたい」

 東海大野球部のOB総会が14日、都内で行われた。巨人前監督で東海大の客員教授に就任した原辰徳氏(58)、メジャーでも活躍した大塚晶文氏(45)らが出席。

 2季連続で優勝を逃し、今春リーグ戦での巻き返しを目指すチームに向け、原氏は「勝負の世界は、年が変わると横一線からスタートできる。 それは、プロの世界も同じこと。新しいページがめくられる中で、そこでいかに未来を作っていくか。今年は時を使って、応援に行きたいと思います」とエールを送った。

[2017年1月14日18時19分 日刊スポーツ]



東海大・青島ら32人が大学日本代表候補

 全日本大学野球連盟は17日、8月の第29回ユニバーシアード(台北)の代表候補1次登録選手32人を発表。東海大・青島凌也投手、横川楓薫投手(ともに2年)、下石涼太内野手(3年)らが選ばれた。3月21日〜23日に選考合宿(バッティングパレス相石ひらつか)が行われ、6月に22人が最終登録される。

2017大学野球日本代表候補32人



東海大監督に安藤強氏 ホンダ監督時代に都市対抗V

 東海大は30日、野球部の新監督に、社会人のホンダで監督を務めた安藤強氏(53)が2月1日付で就任すると発表した。横井人輝監督の退任が決まっていた。

 安藤氏は2009年の都市対抗大会でホンダを優勝に導いた実績がある。

[2017年1月30日10時54分 日刊スポーツ]



東海大・安藤新監督が初指導「横一線で」競争あおる

 首都大学リーグの東海大の新監督に就任した安藤強監督(53)が4日、神奈川・平塚市内の同大グラウンドで初めてユニホームに袖を通し、指導を行った。昨年は春、秋ともにリーグ優勝を逃し、横井人輝前監督が退任。巻き返しを誓って、前社会人代表監督の安藤新監督の下で再スタートを切る。

 選手たちの競争意識を刺激する。例年ならA班、B班と分け、キャンプは別の場所で行ったが、今年は全員が沖縄キャンプに帯同予定。安藤監督は「横一線で見たい」と説明した。社会人野球のホンダの監督時代には長野(巨人)らを擁し、09年の都市対抗で優勝。「ああいう柱になるような選手を育てたい」と意気込んだ。

[2017年2月4日18時59分 日刊スポーツ]



東海大・安藤監督「明日から出直します」初陣で黒星

<首都大学野球:帝京大4−1東海大>◇1日◇サーティーフォー相模原

 今春のリーグ戦から指揮を執る東海大・安藤強監督(53)が、初陣で黒星を喫した。

 帝京大・小倉大生投手(4年=岡山学芸館)の前に、5回まで無安打に抑え込まれ、1失点完投を許した。先発の青島凌也投手(3年=東海大相模)も5回4失点でKO。投打ともに課題が残る初戦だった。

 安藤監督は「選手たちにはそれぞれの思いをぶつけてくれ、と話をした。今日は少し堅かった。また、明日から出直します」と切り替えた。

[2017年4月1日17時40分 日刊スポーツ]



東海大・下石意地の適時打「気持ち切り替えていく」

<首都大学野球:帝京大4−1東海大>◇1日◇サーティーフォー相模原

 東海大・下石凉太内野手(4年=広陵)が、意地の適時打を放った。4点ビハインドの8回、シャープなスイングで右前適時打を放ち、チームの初得点を記録した。

 高校時代は、13年のセンバツ大会で済美・安楽(楽天)と延長13回を投げ合って、219球の熱投の末に敗戦。今秋ドラフトの候補にも挙がる下石は「前のチャンスで打てなくて、(反撃が)遅すぎた。自分たちで流れを持ってこないと。勝ち点を取れるように気持ちを切り替えて、やっていく」と話した。

[2017年4月1日17時51分 日刊スポーツ]



東海大・青島ら大学日本代表22人発表

 今夏ユニバーシアード(8月、台湾)に出場する侍ジャパン大学日本代表22人が発表された。直前に行われる日米大学野球選手権のみに出場する計24人が代表入りを果たした。

 昨年11月、代表候補50人が選考合宿に参加。その中から選ばれた32人が今年1月に1次登録された。登録規定上、最終メンバーは1次登録メンバーの中からのみ選出することになっており、各地春季リーグ戦開幕前の3月に最終選考合宿が行われ、この日最終メンバーが決まった。

▽投手 斉藤大将(4年、明大)、阪本大樹(4年、関大)東克樹(4年、立命大)青島凌也(3年、東海大)伊藤将司(3年、国際武道大)☆松本航(3年、日体大)栗林良吏(2年、名城大)森下暢仁(2年、明大)津森宥紀(2年、東北福祉大)

▽捕手 大平達樹(4年、桜美林大)小林遼(4年、富士大)小畑尋規(4年、立正大)☆吉田高彰(3年上武大)

▽内野手 熊谷敬宥(4年、立大)楠本泰史(4年、東北福祉大)宮本丈(4年、奈良学園大)★竹村春樹(4年、明大)渡辺佳明(3年、明大)中川圭太(3年、東洋大)

▽外野手 内海大寿(4年、中部学院大)島田海吏(4年、上武大)岩見雅紀(4年、慶大)辰己涼介(3年、立命大)長沢吉貴(3年、日大)

★主将 ☆は日米大学選手権のみ参加

[2017年6月4日]



> 過去分 200820092010201120122013201420152016


Sponsored Link

リ ン ク 集
東海大学野球部
(公式サイト)
東海スポーツ
(学生記者によるブログ)

ご 注 意
 当サイトは個人的に運営しているものであり、東海大学または硬式野球部の公式サイトではありません。

プライバシーポリシー
 Google のシステムによって広告が配信される過程で、
第三者が、ユーザーのブラウザ上のクッキーを認識し、読み取る場合があります。
また、情報収集の目的でウェブビーコンが使用される場合があります。
クッキーはブラウザの設定変更によって、拒否することが可能です。

校歌・応援歌・建学の歌を聴く







Copyright (C) 東海大学野球写真館 All Rights Reserved.