木下杯 湖南予選 決勝2次  志津運動公園G

決勝1次 2位、4チーム(笠縫東 草津 大宝 守山)にてリーグ戦行い 上位2チームが県大会出場

決勝2次 笠縫東 草津 大宝 守山 順位
笠縫東 あ2位 0●2 0△0 2○1
草津 2○0 い2位 0●1 3○0
大宝 0△0 1○0 う2位 1△1
守山 1●2 0●3 1△1 え2位

湖南ブロック 代表  草津  大宝

木下杯 湖南ブロック予選

今回の予選は、湖南地区の各チームの実力が拮抗しており、どのチームが本命であると、言えないサバイバルの予選でありました。湖南カップ新人戦ベスト4 矢倉 草津 山田 速野の4チームをシードしグループ抽選行い予選の火ぶたがきられました。1次予選においては、各グループとも星のつぶし合いであり、勝ち点9を取りながら、得失点差において、グループリーグ敗退と、まさに最終戦が終わるまで解らない状態でした。また、インフルエンザ(体調不良)にて、一試合ごとにメンバーが欠けていくチーム等あり、選手の体調管理にも、各チーム いつも以上に気をつかった大会であったと感じました。決勝1次 2次についても、各チームの実力は一層接近しており、どのチームが県大会への出場権を得るのか予想のつかない状態であり、各グループともかなり厳しいゲーム内容でありました。 最終 湖南ブロック代表として 矢倉 セントラル 老上 山田 草津 大宝 と決定しましたが、予選で悔しい思いをしたチームとの差は、無いと思います。代表チームは、湖南の代表として 皆の分まで頑張ってほしいと思います。